【車名当てクイズ】この名車、珍車、ご存じですか? 第80回 - 自動車情報誌「ベストカー」

2022/01/27 2:01:00

【車名当てクイズ】初代エルグランドより、ちょっと前に活躍したミニバン。人気グレード「ハイウェイスター」を日産車で初採用したクルマです。

【車名当てクイズ】初代エルグランドより、ちょっと前に活躍したミニバン。人気グレード「ハイウェイスター」を日産車で初採用したクルマです。

【車名当てクイズ】初代エルグランドより、ちょっと前に活躍したミニバン。人気グレード「ハイウェイスター」を日産車で初採用したクルマです。

ラルゴのなかで特に注目を集めたモデルが、1995年8月に追加された「ハイウェイスター」。もともとはオーテックジャパンの特装車として設定され、専用のエアロパーツを装着。現在も日産車にラインナップされている人気グレード、「ハイウェイスター」の元祖はラルゴだったのです。

続きを読む: ベストカー »

E83M1: 『ローラードローム』スタイリッシュかつアクロバティックに撃ちまくるTPS! ムズいけど燃える! - BRZRKの「うるせー洋ゲーこれをやれ」(仮) | ゲーム・エンタメ最新情報のファミ通.com

PS/PCで配信開始の『ローラードローム』を紹介。いやームズい! けど楽しい! 続きを読む >>

ラルゴ バネットラルゴ ラルゴ 3代目W30日産ラルゴ ラルゴ ラルゴと思う。この前のモデルを阪神淡路大震災の救援物資をボランティアで配送するために買った。隆起した凸凹の道路を走り回って車検だした。90万円の車検見積り。下取りで次の車の足しにしたいと言っても査定ゼロ。ホンダで35万円の下取りでオデッセイを買った。 W30型日産ラルゴ 当時生産に携わった身としては、本当に懐かしいです。 うちの親乗ってた! そして、パワーウインドウのスイッチで遊んでて壊した記憶が ラルゴ〜! 前後でタイヤ幅が違う日産唯一のワゴン。 NISSAN Largo ラルゴ懐かしいですね

【車名当てクイズ】この名車、珍車、ご存じですか? 第79回 - 自動車情報誌「ベストカー」【車名当てクイズ】プリウス譲りの流線型フォルムが特徴的なこちらのクルマ。車名、パッと浮かびますか? トヨタSAI 形はきっこう好きだったけど、当時ガンさんに酷評されてたな。もっとまじめにクルマ作りしろって。

日産ラルゴか!? 日産 ラルゴですね。懐かしい。 めちゃくちゃ良いデザインだったラルゴ。 この路線を維持したままエルグランドをブラッシュアップしていたらアルファード1強を阻止できたのに。 ラルゴハイウェイスターって、オラオラ系ミニバンの元祖かな。 日産ラルゴです。 日産ラルゴ ラルゴ懐かしい😂 ラルゴ🤔❓

令和の「魅力的なワゴン」は欧州にあり!! 超熟成文化の実力発揮 ゴルフヴァリアント&メガーヌスポーツツアラー試乗 - 自動車情報誌「ベストカー」「栄枯盛衰」隆盛と衰退が交互にめまぐるしく訪れるさまを表す言葉だが、クルマでも人気隆盛となるボディタイプがあれば、人気が下降するボディタイプもある。 現在、国産問わず輸入車でもSUVが人気である一方で、国産車ではステーションワゴンが人気…

慣れてるからこそ慢心も!! 気を付けたい初心忘れるべからずのスノードライビング心得 - 自動車情報誌「ベストカー」2021年から2022年に掛けては全国的に雪が降る状況で、東京などでもスタッドレスタイヤやタイヤチェーンが活躍しました。久しぶりの雪ということで事故を起こすクルマ、スタックするクルマが多かったと聞きます。そこで今回はスノードライブの基本についてまとめました。

エクシーガ、オーリス、ミラージュ…不人気だったからこそ今が買い!! 不死鳥の中古車5選 - 自動車情報誌「ベストカー」中古車購入の決め手は人それぞれだけど、好コンディション&高年式にもかかわらずお手頃なのが不人気車であることは誰もが知るところ……って不人気車とひと口に言っても、それはあくまでも世間の評価。むしろ、それが個性だと思えるようなポジティブ・シン…

飛躍アルファードと失速ヴェルファイア…運命を分けた理由と未来 - 自動車情報誌「ベストカー」2021年、2020年の90,748台(5位)を上回る95,049台を売り上げたアルファード。このアルファード躍進のうらで、兄弟車である「ヴェルファイア」の失速が加速している。ヴェルファイアに未来はあるのか。失速の理由とともに、考察する。 この威圧的なフロントグリル 後ろから迫ってきたら 道を譲りたくなるな・・まるでガーッ❗️と口を開いた猛獣のようだ まあ30前期に関してはヴェルファイアのほうがかっこいいと思うけど後期に関しては圧倒的にアルファードの方がかっこいいからなあ _Creative_Trendというゴキブリが、御社の記事を無断使用し、難癖を付けてますよ。

オデッセイ、シャトル、CR-V、レジェンド、インサイト…さようならホンダの名車たち5台の功罪 - 自動車情報誌「ベストカー」2021年から2022年にかけてホンダは販売車種の再編を進め、かつて時代を築いた名車たちもひっそりと姿を消すことになった。その理由はさまざまだが、それぞれが自動車史の中で大きな意味を持ったクルマであったことは間違いない。 今回は、惜しま… インサイト、次はSUVに姿を変えて復活? 狭山工場閉鎖が原因なのかも 建て替えできないんだろうな 悪夢の民主党政権 のときに移設の計画したから

1993年5月、「バネット」の名をとった独立車種として登場。1999年6月に販売を終了し、エルグランドに統合。駆動方式はFRで、搭載エンジンは2Lディーゼルターボと2.2009年12月に発売を開始したハイブリッド専用車。プリウスよりも排気量の大きい2.同じボディサイズの国産ステーションワゴンと価格を比べてみると、カローラツーリングの新車価格は201万3000円~299万7500円。スバルレヴォーグは310万2000円~477万4000円。 カローラツーリングは若干安めだが、レヴォーグはアイサイトXを装着しないGT-Hがほぼ同じ価格帯となっている。つまりミドルサイズステーションワゴンで言うと、国産車より輸入車が高いという一般常識は通用しないのだ。これが、国産ステーションワゴンの衰退の要因の一つと言えるだろう。 それでは、VWゴルフヴァリアントから紹介しよう。第8世代のゴルフをベースとしたゴルフヴァリアントのボディサイズは、全長4,640mm×全幅1,790mm×全高1,485mmとなっている。先代モデルと比べると、全長は65mm拡大しているが、全幅は10mm小さくなっているのが特徴だ。 ステーションワゴン最大のセールスポイントとなるラゲッジスペースは、5人乗車時の容量は611L(先代より6L増加)。リアシートをすべて折り畳むと最大で1,642Lまで拡大する。ラゲッジコンパートメントには実用的なバッグ用フック、固定用リング、証明などが装備されており、広さだけでなく利便性も高いのが特徴だ。 新型ゴルフヴァリアントのポイントは電動化とデジタル化。まず電動化だが、搭載するパワートレインにマイルドハイブリッドシステムを採用。eTSIアクティブベーシックとアクティブには、最高出力110ps、最大トルク200Nmを発生する1L直列3気筒ターボエンジンを搭載。 また、eTSIスタイルとeTSI R-ラインには最高出力150ps、最大トルク250Nmを発生する1.ところで、なんで雪道は運転が難しいのでしょう? 答えは、雪道ではタイヤの限界が劇的にダウンするからです。たとえば、加速に関してのタイヤの性能は搭載するエンジンの出力に合わせて設定(もちろんそれだけではありませんが)します。しかしこれは、あくまでもドライでの性能を重視しています。雨や雪のときはドライバーが出力を絞ることで調整することが前提になります。 さらにいうなら、ほとんどのクルマはドライでもタイヤの性能よりもエンジンの性能が勝っているので、急発進をするとタイヤが空転しそうになり、空転を防止するためにエンジンの出力を絞るTRC(トラクションコントロール)が作動します。 どんなに高性能なクルマでもタイヤの限界を超えることはできません。これはドライ路面でも同じなのですが、雪道ではさらに顕著にタイヤの性能が影響してきます。雪道ではサマータイヤが役に立たず、スタッドレスタイヤを使いますが、それでも性能は追いつきません。スタッドレスタイヤは雪道でのタイヤの性能を少し上げてくれる程度と考えて下さい。劇的に上がるわけではありません。 日陰などにはツルツルのミラーバーンが潜んでいることがある。スタッドレスでも滑る(森住卓@AdobeStock) さて、スノードライブの基本ですが、タイヤの性能が雪や氷によってダウンしているのですから、スピードを落とすことが第一になります。レースで雨が降るとラップタイムがダウンしますが、これは雨によってタイヤの性能が発揮できないことが原因です。スノードライブはこの現象が極端に発生していますので、速度は極端に落とす必要があります。速度を落とすということがスノードライブの最大のポイントです。 実はやっかいなのはブレーキとコーナリングなのです。加速に関してはどんなに頑張っても限界以上に加速することができません。しかし、ゆっくりとした加速であっても高い速度に持っていくことはできます。 また下り坂ならばそれなりの加速感で高い速度に持っていけます。しかし、高くなってしまった速度からのブレーキングやコーナリングは相当にキツくなります。これを回避する唯一の方法は速度を落とすことです。普段、雪に慣れていない地域のドライバーはかなり慎重になりますが、降雪地のドライバーは高い速度で走りがちなので、初心に戻るような気持ちも大切です。 過信によるスピードの出しすぎでスピンし対向車と事故を起こす事例も多い(sum41@AdobeStock) 速度はどうやって決めたらいいか? これもまた難しいのですが、わかりやすいのはブレーキをチョンと踏んでみることです。ブレーキを踏んでABSが作動するようならそれは速度が出すぎています。ABSが作動するというのはタイヤが限界に達している証拠です。ブレーキペダルを踏んだときに、ペダルから「ガンガン」や「グイグイ」といった連続的なキックバックがある時がABSが作動している時です。 技術的にはこのキックバックは消すことができますが、キックバックを残すことでABSが作動状態である、つまりタイヤが限界であることを知らせるためにあえて残してあります。もちろん、後続車がいる時にこれを行うのは危険です。 また、同じようにステアリングを左右に切って、横方向のグリップを確かめたくなることもありますが、これは控えたほうがいいでしょう。フロントのグリップがよく、リヤのグリップが低い場合には、スピンに至る可能性があります。.

4Lガソリン。 ラルゴのなかで特に注目を集めたモデルが、1995年8月に追加された「ハイウェイスター」。もともとはオーテックジャパンの特装車として設定され、専用のエアロパーツを装着。現在も日産車にラインナップされている人気グレード、「ハイウェイスター」の元祖はラルゴだったのです。 日産・ラルゴ(1993-1999)写真は1995年8月に追加されたハイウェイスター .