4月から二輪車高速料金の半額実現へ! 三原じゅん子・新PT座長が料金制度に攻めの姿勢 「顔はヤバいよボディをやんな!」 - 自動車情報誌「ベストカー」

2022/01/27 2:00:00

バイクの高速料金制度にメスが入る!? 自民党二輪車問題プロジェクトチームの新座長に三原じゅん子議員が就任。「“高速道路の二輪料金が軽自動車と同じ”というのは、誰に聞いても“理解できない”と言われる。これが普通の感覚です」とコメント!

バイクの高速料金制度にメスが入る!? 自民党二輪車問題プロジェクトチームの新座長に三原じゅん子議員が就任。「“高速道路の二輪料金が軽自動車と同じ”というのは、誰に聞いても“理解できない”と言われる。これが普通の感覚です」とコメント!

バイクの高速料金制度にメスが入る!? 自民党二輪車問題プロジェクトチームの新座長に三原じゅん子議員が就任。「“高速道路の二輪料金が軽自動車と同じ”というのは、誰に聞いても“理解できない”と言われる。これが普通の感覚です」とコメント!

その後、2010年に自民党から参院選に出馬し、見事当選。以来、がん治療に対する取り組みなどで年々議員としての存在感を強めている。一方でプロのレーシングドライバーや、鈴鹿8耐チーム監督の経歴を持ち、モータースポーツへの造詣も深い。これらの経歴から自民党オートバイ議員連盟と自民党二輪車問題プロジェクトチーム(以下、PT)に在籍し、辣腕をふるってきた。当然、近年のバイクを取り巻く環境についても詳しい。自民党オートバイ議連から数えると10年以上、二輪車の環境改善に動いてきた三原じゅん子参議院議員「自民党二輪車問題PT」とは、2016年から政務調査会に設立された自民党の正式機関で、バイクの利用環境に関する様々な諸問題を解決するのが目的。関係省庁の担当者が同じテーブルについて議論を重ね、ここで決められた政策は国策に直結する。強い影響力を持ち、AT小型限定普通二輪免許の取得容易化、二輪車ツーリングプランなどの実績を挙げてきた。

これまで逢沢一郎議員がPTの座長を務めてきたが、既に6年が経過し、前身の自民党オートバイ議員連盟を含めれば16年にわたって中心的役割を果たしてきた。逢沢議員の活動があまりに長期にわたったため、逢沢議員とともに事務局長としてPTで活躍してきた三原議員がPTの新座長に抜擢。2022年1月24日、二輪関係者らを招いた座談会が都内で行われ、新座長就任が発表された。

続きを読む: ベストカー »

最大4人でグルグル動きまくるステージを跳ね回る対戦&協力アクションゲーム『Vikings on Trampolines』正式発表。狂気的なビジュアルで高評価を得た『Owlboy』作者の新作

緻密なドット絵描写で高い評価を受けた『Owlboy』のデベロッパー「D-Pad Studio」は、新作ゲーム『Vikings on Trampolines』を正式発表した。現時点でPC(Steam)向けのストアページが公開されており、コンソールでのリリースも予定しているという。 続きを読む >>

【車名当てクイズ】この名車、珍車、ご存じですか? 第78回 - 自動車情報誌「ベストカー」【車名当てクイズ】ホンダの米国部門が生産したスタイリッシュなステーションワゴン。覚えていますか? アコードワゴン🤔❓ アコードですかね?🤔 アコードワゴンだ(^_^)懐かしいな同級生の母親が昔に乗ってたな。またアコードワゴン復活して欲しいな。

飛躍アルファードと失速ヴェルファイア…運命を分けた理由と未来 - 自動車情報誌「ベストカー」2021年、2020年の90,748台(5位)を上回る95,049台を売り上げたアルファード。このアルファード躍進のうらで、兄弟車である「ヴェルファイア」の失速が加速している。ヴェルファイアに未来はあるのか。失速の理由とともに、考察する。 この威圧的なフロントグリル 後ろから迫ってきたら 道を譲りたくなるな・・まるでガーッ❗️と口を開いた猛獣のようだ まあ30前期に関してはヴェルファイアのほうがかっこいいと思うけど後期に関しては圧倒的にアルファードの方がかっこいいからなあ _Creative_Trendというゴキブリが、御社の記事を無断使用し、難癖を付けてますよ。

令和の「魅力的なワゴン」は欧州にあり!! 超熟成文化の実力発揮 ゴルフヴァリアント&メガーヌスポーツツアラー試乗 - 自動車情報誌「ベストカー」「栄枯盛衰」隆盛と衰退が交互にめまぐるしく訪れるさまを表す言葉だが、クルマでも人気隆盛となるボディタイプがあれば、人気が下降するボディタイプもある。 現在、国産問わず輸入車でもSUVが人気である一方で、国産車ではステーションワゴンが人気…

オデッセイ、シャトル、CR-V、レジェンド、インサイト…さようならホンダの名車たち5台の功罪 - 自動車情報誌「ベストカー」2021年から2022年にかけてホンダは販売車種の再編を進め、かつて時代を築いた名車たちもひっそりと姿を消すことになった。その理由はさまざまだが、それぞれが自動車史の中で大きな意味を持ったクルマであったことは間違いない。 今回は、惜しま… インサイト、次はSUVに姿を変えて復活? 狭山工場閉鎖が原因なのかも 建て替えできないんだろうな 悪夢の民主党政権 のときに移設の計画したから

絶滅危惧種か希望のハイテク技術か 最新ディーゼルエンジンの長所と実力 - 自動車情報誌「ベストカー」「うるさくて環境に悪い」は昔の話、ディーゼル車は弱点を克服し、ガソリン車に負けない優れた特性がある。電動化に進む世の中で、ディーゼルエンジンの進化は、自動車メディアや評論家を唸らせている。最新ディーゼルエンジンのいいところ4選をご紹介。

慣れてるからこそ慢心も!! 気を付けたい初心忘れるべからずのスノードライビング心得 - 自動車情報誌「ベストカー」2021年から2022年に掛けては全国的に雪が降る状況で、東京などでもスタッドレスタイヤやタイヤチェーンが活躍しました。久しぶりの雪ということで事故を起こすクルマ、スタックするクルマが多かったと聞きます。そこで今回はスノードライブの基本についてまとめました。

1979年に放送された「3年B組金八先生」(第1シリーズ)を知る世代にとって、三原じゅん子さんと言えば、「顔はヤバいよ、ボディをやんな!」のセリフで有名なツッパリ女子中学生役を思い出す人も多いことだろう。 その後、2010年に自民党から参院選に出馬し、見事当選。以来、がん治療に対する取り組みなどで年々議員としての存在感を強めている。 一方でプロのレーシングドライバーや、鈴鹿8耐チーム監督の経歴を持ち、モータースポーツへの造詣も深い。これらの経歴から自民党オートバイ議員連盟と自民党二輪車問題プロジェクトチーム(以下、PT)に在籍し、辣腕をふるってきた。当然、近年のバイクを取り巻く環境についても詳しい。 自民党オートバイ議連から数えると10年以上、二輪車の環境改善に動いてきた三原じゅん子参議院議員 「自民党二輪車問題PT」とは、2016年から政務調査会に設立された自民党の正式機関で、バイクの利用環境に関する様々な諸問題を解決するのが目的。関係省庁の担当者が同じテーブルについて議論を重ね、ここで決められた政策は国策に直結する。強い影響力を持ち、AT小型限定普通二輪免許の取得容易化、二輪車ツーリングプランなどの実績を挙げてきた。 これまで逢沢一郎議員がPTの座長を務めてきたが、既に6年が経過し、前身の自民党オートバイ議員連盟を含めれば16年にわたって中心的役割を果たしてきた。 逢沢議員の活動があまりに長期にわたったため、逢沢議員とともに事務局長としてPTで活躍してきた三原議員がPTの新座長に抜擢。2022年1月24日、二輪関係者らを招いた座談会が都内で行われ、新座長就任が発表された。 2022年1月に実施された座談会の模様。写真左からAJの大村直幸会長、三原議員、オートバイ政治連盟の吉田純一会長 .4代目のCB型アコードが発売されてから約1年半後、アコードワゴン/クーペが登場。日本で生産された4ドアセダンに対して、ワゴンとクーペはホンダ・オブ・アメリカが開発/生産を手掛けた逆輸入車に相当します。 専用ボディは4725mm×1725mm×1440mmの3ナンバーサイズ。セダン/クーペに搭載された2L直4エンジンに対し、ワゴン用のエンジンは2.アルファードの初代モデルが登場したのは2002年5月のこと。2008年5月には2代目へとモデルチェンジをし、このアルファードのモデルチェンジのタイミングで、ネッツトヨタ店向けとして売られていた「アルファードV」の後継モデルとして登場したのが「ヴェルファイア」だ。 法人顧客の多いトヨペット店の専売ブランドだったアルファードは、フロントマスクは比較的落ち着いた雰囲気を持たせることとなった一方、ヴェルファイアは若者や女性をターゲットとしたネッツ店の顧客に合わせて、艶やかで派手なフロントフェイスとし、存在感の強い路線を邁進。 その狙い通り、ヴェルファイアは若者の支持を得て販売台数を伸ばし、2017年ごろまでは、常に1万台~2万台ほど、アルファードよりも多く売れていた。だが、2018年5月のマイナーチェンジ以降、ヴェルファイアは大きく失速していく。 清潔感とチョイ悪の要素が混ざった「清楚な厳つさ」をもったフェイスとなったアルファードに対し、ギラギラ感がさらに増したフェイスとなったヴェルファイアは、「やりすぎ」感があったのだろう。アルファードは、2列目が広く快適であることから、送迎車としても使われることが多いが、若さ溢れるやんちゃなフェイスのヴェルファイアではそうはいかなかった、という理由もあるかもしれない。 2018年のマイナーチェンジでは、3.同じボディサイズの国産ステーションワゴンと価格を比べてみると、カローラツーリングの新車価格は201万3000円~299万7500円。スバルレヴォーグは310万2000円~477万4000円。 カローラツーリングは若干安めだが、レヴォーグはアイサイトXを装着しないGT-Hがほぼ同じ価格帯となっている。つまりミドルサイズステーションワゴンで言うと、国産車より輸入車が高いという一般常識は通用しないのだ。これが、国産ステーションワゴンの衰退の要因の一つと言えるだろう。 それでは、VWゴルフヴァリアントから紹介しよう。第8世代のゴルフをベースとしたゴルフヴァリアントのボディサイズは、全長4,640mm×全幅1,790mm×全高1,485mmとなっている。先代モデルと比べると、全長は65mm拡大しているが、全幅は10mm小さくなっているのが特徴だ。 ステーションワゴン最大のセールスポイントとなるラゲッジスペースは、5人乗車時の容量は611L(先代より6L増加)。リアシートをすべて折り畳むと最大で1,642Lまで拡大する。ラゲッジコンパートメントには実用的なバッグ用フック、固定用リング、証明などが装備されており、広さだけでなく利便性も高いのが特徴だ。 新型ゴルフヴァリアントのポイントは電動化とデジタル化。まず電動化だが、搭載するパワートレインにマイルドハイブリッドシステムを採用。eTSIアクティブベーシックとアクティブには、最高出力110ps、最大トルク200Nmを発生する1L直列3気筒ターボエンジンを搭載。 また、eTSIスタイルとeTSI R-ラインには最高出力150ps、最大トルク250Nmを発生する1.