東京都予算、過去最大の7.8兆円 脱炭素化などで事業費膨らみ | 毎日新聞

東京都予算、過去最大の7.8兆円 脱炭素化などで事業費膨らみ

社会, 速報

2022/01/28 8:40:00

東京都 予算、過去最大の7.8兆円 脱炭素化などで事業費膨らみ

東京都 は28日、2022年度当初予算案を発表した。一般会計の歳出総額は前年度比5・1%増の7兆8010億円で、これまで最大だった19年度当初予算(7兆4610億円)を大きく上回り、過去最大を更新した。感染拡大が続く新型コロナウイルス対策に加え、都が重要課題に据える脱炭素化やデジタル化事業費が膨らん

新型コロナ対策費は、空床確保料など4~6月分の計3610億円を計上。7月以降は感染状況に応じて補正予算で対応するため、総額はさらに増大する。脱炭素化などの環境事業費は前年度の約3倍となる971億円を盛り込んだ。歳入面では、コロナ禍の「巣ごもり需要」などでIT関連や製造業の好調を受け、都税収入が前年度比11・6%増の5兆6308億円に上り、過去2番目に多かった。【斎川瞳】

続きを読む: 毎日新聞ニュース »

息子はウクライナに派兵されるはずではなかった……ロシアの母親の闘い - BBCニュース

徴兵された兵士はウクライナに派遣しないと政府に約束されていたはず……と、息子たちを取り返すために闘ったロシアの母親に、BBCが話を聞いた。 続きを読む >>

円楽さん脳梗塞で入院 意識あり命に別状なし 復帰時期は未定 | 毎日新聞落語家の三遊亭円楽さん(71)が25日、脳梗塞(こうそく)で入院した。意識はあり、命に別条はないという。所属事務所が26日発表した。 事務所によると、新型コロナウイルスには感染していないが、家族とも面会できず、詳細は把握できていないという。 ん~笑点メンバーが色々一大事に… 早く良くなって又キレッキレの落語やとんちを聴かせて下さい。

円楽さん脳梗塞で入院 意識あり命に別条なし 復帰時期は未定 | 毎日新聞落語家の三遊亭円楽さん(71)が25日、脳梗塞(こうそく)で入院した。意識はあり、命に別条はないという。所属事務所が26日発表した。 事務所によると、新型コロナウイルスには感染していないが、家族とも面会できず、詳細は把握できていないという。 なるほどね。心配。 mainichi まあ、この人の人柄からして、2回ワクチンうってるよね。

子ども家庭福祉ソーシャルワーカー、国家資格見送る方針 厚労省 | 毎日新聞厚生労働省は26日、自民党厚労部会に子どもや家庭支援に携わる新資格「子ども家庭福祉ソーシャルワーカー」創設案の概要を示した。国家資格は見送り、社会福祉士など既存の資格に上乗せすることを想定している。

徳島市のふるさと納税3億円突破 過去最高、返礼品充実で21年度 | 毎日新聞徳島市は25日、2021年度ふるさと納税の寄付額が3億円を突破し、過去最高額を更新したと発表した。1月15日時点の実績は3億731万5000円(1万5162件)となり、前年同期と比べて6割増。最終的には3億円台半ばを視野に入れているという。

ワクチン2回接種での発症予防有効率、5割に低下 長崎大調査 | 毎日新聞長崎大などの研究チームは26日、新型コロナウイルスワクチンを2回接種した場合の発症予防の有効率が、1月の調査で51・7%(暫定値)だったとする分析結果を公表した。有効率が88・7%だった2021年7~9月の調査結果に比べて大幅に低下した。 ロバート・マローン博士より、Bossche博士も警告していたこと このままワクチン接種を続けると、さらなるウイルスの進化を促進する オミクロンの特性からすると、より感染力が増し、病原性が高くなり、免疫反応を回避しやすいものに進化する可能性もある 免疫低下するんだから当たり前だ!! アメリカのワクチン関係の学者はたしか、このままワクチンを打ち続けたとして、新型コロナに対してはいいが、本来持っている他のウイルスへの抗体が破壊される可能性があるって言ってたはず。 もう金儲けだけで突っ走られても迷惑。

ソフトバンク・又吉克樹投手がコロナ陽性 無症状、自宅で療養 | 毎日新聞ソフトバンクは26日、又吉克樹投手が新型コロナウイルスの陽性判定を受けたと発表した。今季中日から国内フリーエージェント(FA)で加入し25日に球団のスクリーニング検査で陽性疑いとなり、26日にPCR検査を受けた。無症状だといい、保健所の指示があるまで自宅療養する。球団は他の選手や関係者に濃厚接触者

だ。特別会計なども含めると15兆3939億円で、スウェーデンの国家予算規模に匹敵する。 新型コロナ対策費は、空床確保料など4~6月分の計3610億円を計上。7月以降は感染状況に応じて補正予算で対応するため、総額はさらに増大する。脱炭素化などの環境事業費は前年度の約3倍となる971億円を盛り込んだ。 歳入面では、コロナ禍の「巣ごもり需要」などでIT関連や製造業の好調を受け、都税収入が前年度比11・6%増の5兆6308億円に上り、過去2番目に多かった。【斎川瞳】 関連記事