ロシア主導部隊、カザフから撤退へ 治安安定のため2000人派遣 | 毎日新聞

ロシア主導部隊、カザフから撤退へ 治安安定のため2000人派遣

国際, 速報

2022/01/12 18:00:00

ロシア 主導部隊、カザフから撤退へ 治安安定のため2000人派遣

中央アジア・ カザフスタン のトカエフ大統領は12日、抗議デモ後の治安安定のため派遣された ロシア 主導の集団安全保障条約機構(CSTO)の部隊が13日に撤退を開始すると明らかにした。最も被害が大きかった最大都市アルマトイを訪問し、開催した会議で述べた。インタファクス通信が伝えた。

続きを読む: 毎日新聞ニュース »

小池栄子の「愛」をテーマにしたビューティ撮影に密着!| Inside VOGUE JAPAN | VOGUE JAPAN

表現者として円熟味を増し、凄みを感じるほどのNHK大河ドラマでの熱演が注目を集める俳優・小池栄子が『VOGUE JAPAN』(8月号)に初登場。「ファッション誌に呼ばれることはほとんどない」という彼女が、2匹の愛犬とともに、等身大で気張らない、ナチュラルな姿、そして愛をシェアしたい今の気分と、パートナーと積み重ね... 続きを読む >>

毎日新聞ニュース 情報提供誠にありがとうございます。

ロシア主導の部隊、カザフから撤退へ カザフスタン のトカエフ大統領は11日、抗議デモに揺れる同国に入った ロシア 主導の「集団安全保障条約機構(CSTO)」の部隊が2日以内に撤退を始めると表明した。

秋田出身の冒険家、徒歩での南極点到達ならず 天候悪化などで | 毎日新聞単独徒歩で新ルートの南極探検に挑戦していた秋田市出身の冒険家、阿部雅龍さん(39)が11日、天候悪化などの影響で南極点に到達できなかったと所属事務所を通じて発表した。明治時代に南極を探検した軍人白瀬矗が果たせなかった、「大和雪原」を起点とした約1300キロのルート踏破を目指していた。

「鉄道が元気になれば…」 津軽鉄道、攻めの姿勢で利用者増に奮闘 | 毎日新聞乗客の減少で厳しい状況が続いている津軽鉄道(青森県五所川原市)が、地域とともに新しい取り組みで利用者を増やそうと奮闘している。新型コロナウイルスの影響で厳しさは増しているが、今冬は攻めの姿勢に転じてさまざまなイベントを相次いで打ち出すなどしており、沢田長二郎社長は「鉄道が元気になれば地域も一緒に元 鉄オタって、こういうのはできないよな。かわいそう。

映画「新聞記者」の監督がネトフリで“作り直す”理由 | 週刊エコノミスト Onlineから | 週刊エコノミスト Online | 毎日新聞「経済プレミア」2019年の大ヒット映画「新聞記者」がネットフリックスのオリジナルドラマとして生まれ変わり、1月13日から世界同時配信される。映画に続いて監督を務めた藤井道人さんに、監督再登板の経緯や映画版との違いなどを聞いた。

小学校の「着替え問題」は教育現場の性の問題だ | 子どもは3密で育つ!?~コロナ時代の学校から | 岡崎勝 | 毎日新聞「医療プレミア」毎年12月になると、前年度の教職員の「公立学校教職員の人事行政状況調査結果」が文部科学省から発表される。特に世間の俎上(そじょう)に載るのは「わいせつ教員の処分」である。性暴力という人間の尊厳に関わる犯罪であり、非難されなければならない違法行為なのだから、なくすべきだし、処分や刑罰は当然である。

社説:再生’22 コロナと文化芸術 若い世代の胎動支えたい | 毎日新聞新型コロナウイルス禍で、文化芸術は大きな打撃を受けた。 アーティストが観客と同じ空間で創り上げる音楽や演劇、伝統芸能などは、公演の中止や客席数の制限が長引き、活動の維持が困難になった。