「子子子子子子子子子子子子」の読み方は?

「子子子子子子子子子子子子」の読み方は?(アーカイブ記事)

2022/01/23 22:07:00

「子子子子子子子子子子子子」の読み方は?(アーカイブ記事)

詩歌や儒学に優れた学者、小野篁の才気煥発な様子が伝わるエピソードです。

嵯峨天皇は「この立て札を解読できたのは、お前が書いたからではないか?」と激怒。「自分は何でも読めるのです」と小野は弁明した。そこで嵯峨天皇は「子子子子子子子子子子子子」と子の文字を12個書いたものを「読め」と言った。小野は「ねこのここねこ、ししのここじし」と読んだ。嵯峨天皇はにっこりと微笑み、怒りが解けた。子の読み方には、十二支の「子年(ねどし)」の「ね」という読み。それに訓読みの「子供」の「こ」。音読みの「し」。さらに、「し」の変化系で「じ」と読まれていました。これを上手く組み合わせて「ねこのここねこ、ししのここじし」と読んだのでした。

続きを読む: ハフポスト日本版 / 会話を生み出す国際メディア »

山梨・道志村 人骨のようなもの新たに2つ発見

警察による山梨・道志村山中の捜索で26日、新たに人骨のようなものが2つ見つかったことが分かりました。 続きを読む >>

しぃこしこしこしこしこ😊子供の素 12子 しこしこしこしこしこ…

平安時代のこと、内裏に「無悪善」と書いた立て札が立てられた。嵯峨天皇は、学者の小野篁(おののたかむら)に読み方を聞いたところ、小野は「悪(さが)無くて善からん(嵯峨天皇がいなければよいのに)」と読み、嵯峨天皇を呪うメッセージと解読した。 嵯峨天皇は「この立て札を解読できたのは、お前が書いたからではないか?」と激怒。「自分は何でも読めるのです」と小野は弁明した。そこで嵯峨天皇は「子子子子子子子子子子子子」と子の文字を12個書いたものを「読め」と言った。 小野は「ねこのここねこ、ししのここじし」と読んだ。嵯峨天皇はにっこりと微笑み、怒りが解けた。 子の読み方には、十二支の「子年(ねどし)」の「ね」という読み。それに訓読みの「子供」の「こ」。音読みの「し」。さらに、「し」の変化系で「じ」と読まれていました。これを上手く組み合わせて「ねこのここねこ、ししのここじし」と読んだのでした。 Advertisement