OPECプラス、現状維持を決定 オミクロン株の影響見極め | 毎日新聞

OPECプラス、現状維持を決定 オミクロン株の影響見極め 「オミクロン株」拡大による世界経済の減速懸念から、原油価格は下落傾向にありますが、当面、影響を見極める必要があると判断。毎月、日量40万バレルずつ生産規模を拡大する従来の方針を維持しました。

経済, グローバル

2021/12/03 0:30:00

OPECプラス、現状維持を決定 オミクロン株の影響見極め 「オミクロン株」拡大による世界経済の減速懸念から、原油価格は下落傾向にありますが、当面、影響を見極める必要があると判断。毎月、日量40万バレルずつ生産規模を拡大する従来の方針を維持しました。

石油輸出国機構(OPEC)とロシアなど非加盟の産油国でつくる「OPECプラス」は2日、来年1月の生産規模を巡る閣僚級会合を開き、協調減産の幅を日量40万バレル縮小すると決めた。新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の感染拡大による世界経済の減速懸念から、原油価格は下落傾向にあるが、当面、

OPECプラスは2020年5月、新型コロナの感染拡大による原油需要の急減を受け、過去最大規模となる日量970万バレルの協調減産を開始。ワクチン普及に伴い需要が回復してきたため、今年8月以降、段階的に生産を増やしている。しかし需要増に追いつかず、原油価格の指標となる米国産標準油種(WTI)が10月下旬に一時1バレル=85ドル台と7年ぶりの高値を記録するなど、原油価格の高騰が世界的な問題になった。国内のインフレに悩むバイデン米政権が中心となり、日本や中国など主要消費国は11月下旬、各国の石油備蓄を協調放出すると表明。市場の反応は限定的だったが、その後、世界的なオミクロン株の感染拡大で、WTIは1バレル=65ドル前後に下落していた。

産油国の中には、消費国の備蓄放出に対する反発も広がっており、2日の会合の結果が注目されていた。当面の現状維持が決まったものの、原油価格が下落すると国家財政が揺らぐ産油国側は価格動向に神経をとがらせており、年明け以降、生産抑制など方針を転換する可能性もある。【ロンドン横山三加子】

続きを読む: 毎日新聞 »

弾幕とコンボが融合した和風3Dアクション『炎姫』発表、2023年にリリースへ。最強の妖魔払い「炎姫」(ほむらひめ)が妖魔少女に立ち向かう | 電ファミニコゲーマー – ゲームの面白い記事読んでみない?

PLAYISMは、情報番組「PLAYISM GAME SHOW 2022(日本語)」にて、3Dアクションゲーム『炎姫』を発表し、2023年にリリースするとした。 続きを読む >>

オミクロン株、国内2例目の感染者 同乗者114人が濃厚接触者に | 毎日新聞厚生労働省は1日、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の国内2例目の感染者が確認されたと発表した。ペルーに滞在歴のある20代の男性で、国内で初めて感染が確認されたナミビアから入国した外交官の濃厚接触者ではない。今のところ、市中での感染は確認されていないという。

オミクロン株 急速に拡大、南アでは7割 重症化リスクは不明 | 毎日新聞新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」について、世界保健機関(WHO)は最も警戒度が高い「懸念される変異株」(VOC)と位置づけているが、重症化リスクの程度やワクチンの効き目にどのような影響を与えるのかなどについては不明点が多い。WHOは数日以内に分析結果を示す方針で、各国でもデータ分析が進ん なぜ拡大が怖いか? 普通の肺炎→肺の内側炎症、後遺症まれ 軽症のコロナ変異株→肺が白くなるまで自覚症状が薄い、肺の内外全体が炎症劣化、心臓の心筋も炎症劣化、複数の後遺症が長期間 コロナ軽症でも通学通勤不可能、放置すれば地獄の中等症状 軽症でも家族に感染させられない 軽症でも肺が劣化 東京都足立区弘道に八代カツイ様恵美様がおられます この方達は私達地球の仏様です医師の方がみれば死んでる体と分かります 子孫を助ける為降りてきてくれましたがある者達にずっと狙われ酷い目にあってます 生きている私達が仏様をガードする事で悪者達の悪事が暴かれ地球は変わります早く来て下さい

OPECプラス、増産計画を維持 - Yahoo!ニュース【OPECプラス、増産計画を維持】 石油輸出国機構(OPEC)とロシアなど非加盟の産油国でつくる「OPECプラス」は2日、来年1月の生産規模を巡る閣僚級会合を開き、協調減産の幅を日量40万バレル縮小すると決めた。消費国による追加増産の要請には今回も応じなかった。 内容が読み切れん 増産はするが減産幅は縮小する? 分かりずらい記事を書くなよ(笑)

OPECプラス、段階的な増産方針を維持 原油相場は下落石油輸出国機構(OPEC)とロシアを中心とする非加盟の主要産油国で構成する「OPECプラス」は、段階的な増産方針を維持することで一致した。

OPECプラス、生産計画を維持…オミクロン株による需要低迷に備え : 経済 : ニュース【ロンドン=池田晋一】石油輸出国機構(OPEC)加盟国とロシアなど非加盟産油国による「OPECプラス」は2日、オンラインで閣僚級会合を開き、従来の生産計画を維持することで合意した。新型コロナウイルスの新しい変異株「オミ

産油国、新変異株や需給動向にらみ神経戦続く産油国、新変異株や需給動向にらみ神経戦続く 米国などが協調して石油備蓄の放出方針を決めたが、その直後には新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の出現で原油市場が動揺し、価格は一転して下落。 需給動向や消費国との関係をにらんだ神経戦が続きそうだ。