相撲, 新型コロナウイルス

相撲, 新型コロナウイルス

高砂部屋、親方や朝乃山ら7人がコロナ感染 | 毎日新聞

高砂部屋で師匠の高砂親方をはじめ、大関・朝乃山や幕下以下力士5人の計7人の新型コロナウイルス感染が判明しました。

2021/07/27 17:41:00

高砂部屋で師匠の高砂親方をはじめ、大関・朝乃山や幕下以下力士5人の計7人の 新型コロナウイルス 感染が判明しました。

日本相撲協会は27日、高砂部屋で師匠の高砂親方(元関脇・朝赤龍)をはじめ、大関・朝乃山や幕下以下力士5人の計7人の 新型コロナウイルス 感染が判明したと発表した。協会によると、26日夜に幕下以下の力士1人に発熱などの症状があり、医療機関でPCR検査を受けたところ、陽性が確認された。27日に高砂部屋所属

続きを読む: 毎日新聞 »

富士山で初冠雪 平年より25日早く 去年より21日早い | NHKニュース

【NHK】富士山で7日朝、初冠雪が観測されました。富士山の初冠雪は平年より25日早く、去年より21日早い観測となりました。

キャバクラ行くの止められない部屋がクラスターを起こしたのかい。 感染感染…。と嬉しそうに報道する左翼メディア。 重症者数・死亡者数は、左翼メディアが次のエースキーワードと入れ込んだ『変異株』で騒いだ頃から順調に減少基調で、今や死亡者ほとんど無し。 どうやら左翼メディアらはコロナと心中する覚悟らしい(笑) 五毛党アカウント撲滅推進活動中 どすこーい Q:なぜ感染する人は感染してしまうのか? A:検査をするからです。

ルーツ・日本代表:MF堂安律は「良い時のジャイアン」その心は? サッカー男子 | 毎日新聞東京オリンピックのサッカー男子U24(24歳以下)日本代表MF堂安律(23)=PSVアイントホーフェン=は16歳でプロデビュー、19歳で海外移籍と、この世代の先頭を走ってきた一人だ。「良い時のジャイアン」「1秒でオファーを断る」――。少年時代には数々の豪快なエピソードがある。兄弟や恩師が語る原点と オリンピックに人生を賭ける選手の心を無視して政権批判のためオリンピック中止を煽ってきた毎日新聞が選手たちの心を語るのですか😗? 毎日新聞はオリンピックにたかるのを止めて欲しい。そんな資格は無い。

IOC、表彰台でのノーマスクを容認 間隔を開けて最大30秒間 | 毎日新聞国際オリンピック委員会(IOC)は25日、東京五輪の表彰式に関する 新型コロナウイルス 感染防止策の変更を発表し、メダリストが間隔を広げて表彰台に立っている間は、写真撮影のために最大30秒間マスクを外すことを認めた。これまで禁じていた表彰台中央での集合写真もマスク着用を条件に容認した。ともに同日朝から そりゃそうだろー 五輪disりはなんでやめたの?スポンサーの関係か。情けないないなあ。即時中止のアピール続けろよ。 選手はワクチン接種済やろ

バレーボール女子 日本、初戦はケニアにストレート勝ち | 毎日新聞女子1次リーグが始まり、A組の日本は初戦でケニアに3―0でストレート勝ちした。石川(東レ)らの強打を中心に攻め、第1セットを25―15で先取。第2セットも25―11と圧倒し、一進一退の攻防が続いた第3セットも25―23で制した。

東京2020+1:柔道 男子66キロ・女子52キロ 一二三・詩、同じ日の頂 男女きょうだい日本勢初 | 毎日新聞東京オリンピックの柔道で、25日にそろって金メダルに輝いた阿部一二三選手(23)と、妹の詩選手(21)。男女のきょうだいによるメダル獲得という日本選手初の快挙は、幼いころから互いに刺激を受けて高め合ってきたからこそ成し遂げられた。

東京2020+1:柔道・阿部兄妹、金 競泳女子・大橋も 堀米、スケボー初代王者 | 毎日新聞東京オリンピック第3日の25日、日本勢はお家芸である柔道や競泳に加え新競技でも活躍し、計4個の金メダルを獲得した。柔道男子66キロ級の阿部一二三(23)=パーク24=と女子52キロ級の阿部詩(うた)(21)=日体大=は、きょうだいそろって金メダルに輝いた。日本オリンピック委員会(JOC)によると、

厳戒下の祭典で:「我慢しても変わらない」 渋谷の夜、人減らず カラオケ店に列/路上で飲酒 | 毎日新聞 新型コロナウイルス の感染が収まらない中、東京オリンピックの競技が本格化した。国際的な祭典の舞台となり、選手らが躍動する東京。その街では一般の人たちが外出自粛を求められている。若者が集い、さまざまな思いが交錯する渋谷を歩いた。 五輪も開催されていますし、我慢は無用です。 気にせず、出歩けば良いと思います。 どこかの五輪選手と一緒です、1人頑張っても変わらない!気持ちの集団化! 五輪が良い見本! オリンピックのお祭りムードで、テレビつけてもコロナよりも金メダルという感じ。緊急事態宣言なんてとっくに忘れられた。オリンピック村は飲酒OKな上、来日した選手やスタッフは、こっそり抜け出し夜遊びしているらしいし、日本の若者だけ自主生活を耐えなければならないという理屈は通らない。