オピニオン, 紙面掲載記事, コラム, 朝刊2面, 風知草

オピニオン, 紙面掲載記事

風知草:「馬三家」劇場版、公開へ=山田孝男 - 毎日新聞

中国で行われている強制労働や拷問を生々しく描いたドキュメンタリー映画「馬三家(マサンジャ)からの手紙」が、3月に公開されます。常に危険と隣り合わせで、製作過程そのものが劇的でした。

17.2.2020

中国で行われている強制労働や拷問を生々しく描いたドキュメンタリー映画「馬三家(マサンジャ)からの手紙」が、3月に公開されます。常に危険と隣り合わせで、製作過程そのものが劇的でした。

昨年12月23日、北京の人民大会堂で行われた日中首脳会談の逸話――。 安倍晋三首相は、200万人以上の拘束、拷問が疑われる――と報じられた新疆ウイグル自治区の人権問題を先に取り上げ、「国際社会に対し透明性のある説明を」と訴えた。

習近平国家主席は「香港ならまだしも、ウイグルとは!」と反発、「テロリストには学習が必要だ。かれらに良い生活を送らせるため、研修させなければならない」と答えた。一方、同じ日の中韓首脳会談で韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領は「香港、ウイグルは中国の内政だ」と発言。人権をめぐる日韓のアプローチの違いが、香港メディアなどで話題になった。

続きを読む: 毎日新聞

民主主義社会では選挙によって公職者(議員等)が決められる。公正な選挙制度を持たない非民主主義社会では、闘争・粛清によって決まる。 選挙制度は大事なんだな。 The documentary is sheer rumour-mongering. It’s already been clarified years ago. Sooo America-style.

日本人4人、カンボジアで下船 入港拒まれたクルーズ船に乗船 - 毎日新聞肺炎を発症した恐れのある人が確認されたなどとして日本やフィリピンなどから入港を拒まれ、乗客乗員約2300人を乗せカンボジア南部シアヌークビル港に到着したクルーズ船「ウエステルダム」で15日、下船が再開した。関係者によると、乗客の日本人4人は全員、船を下りた。この日は約900人が下船予定。 肺炎の症状が疑われた方のその後の情報はどうなったのでしょうか?

「中国国外での感染事例は全体の1%より少ない」 王毅外相、「拡大抑止」をアピール - 毎日新聞中国の王毅国務委員兼外相は15日、ドイツで開催中の「ミュンヘン安全保障会議」で、拡大する新型コロナウイルスによる肺炎問題について演説した。王氏はマスクの提供など各国からの支援に謝意を表明。湖北省武漢市封鎖などの政府の取り組みについて「習近平国家主席の強いリーダーシップの下、成果を上げている。これま 他の惑星の生命体からすれば地球100%感染してるから地球には行ったらいけないとUFOも現れないじゃないか 条件を括らず、何でもかんでも分母を増やせば何でもそうなるわな。 そういうのを「非化学的」と言う。 隠すから迷惑受けてんだよ! どういう頭の構造してんだ。

茂木外相、新型肺炎対策で「中国政府に全力で協力」 日中外相会談 - 毎日新聞ドイツ訪問中の茂木敏充外相は15日午後、中国の王毅国務委員兼外相とミュンヘンで会談した。肺炎を引き起こす新型コロナウイルスを巡る中国政府の取り組みに全力で協力していくと伝達。日中両国が世界の平和と繁栄に責任を有しているとした上で「(4月に見込まれる)習近平国家主席の国賓来日について、その責任を果た ふざけるな!!日本に世界が協力するよう要請するべきでしょう 中国なんて情報隠すんだからやりようがないだろふざけるな もう日本に注力しないとあかん段階やろ。 国内を見てみろ。全力で他国に協力してる場合ではないだろ!

社説:トランプ氏の予算教書 内向きが世界の不安増す - 毎日新聞トランプ米政権が2021会計年度(20年10月~21年9月)の予算編成方針を示す予算教書を発表した。際立ったのは今秋の大統領選しか眼中にないような内向きの姿勢だ。

社説:離婚家庭の養育費 子どもの利益を最優先に - 毎日新聞離婚して別居した親が支払う子どもの養育費は、健やかな成育環境の確保に欠かせない。子どもの利益を最優先にした仕組みが求められる。 最高裁司法研修所が昨年末、養育費の基準となる算定表を見直した。16年ぶりの改定であり、全体として月1万~2万円の増額となった。 セルジョ・マッタレッラ🇮🇹🇮🇹🇮🇹🇮🇹🇮🇹💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕💕 連れ去り別居についつも記事を‼️

余録:「ヒトほどの大きさで… - 毎日新聞「ヒトほどの大きさで、シカの頭と長い尾があり、鳥のように後脚で立つが、カエルのようにはねる動物」。17世紀、東インド会社の船で帰国したオランダ人の報告を、周囲は絵空事と受け止めた▲ほらでないと分かるのは約100年後、クック率いる南洋探検隊がオーストラリアに上陸してからだ。早い時期に他の大陸から切り



今年最大 スーパームーン お家から満月を眺めよう!(日直予報士)

ちょい足しカラメルソース付き!マクドナルド「マックシェイク プッチン できないけど プッチンプリン」 - ライブドアニュース

安倍首相が緊急事態宣言 7都府県対象 効力5月6日まで | NHKニュース

私が記者会見でマスクができないワケ | NHKニュース

今夜「きぼう(ISS)」観測のチャンス 満月と一緒に夜空を楽しもう(日直予報士)

今年最大の満月 日本列島を照らす(日直予報士)

ふおぉ…かわえぇ~っ スライム型きゅうす「きゅうスライム ブルー」発表。使いやすさにもこだわってます! - ライブドアニュース

コメントを書く

Thank you for your comment.
Please try again later.

最新ニュース

ニュース

17 2月 2020, 月曜日 ニュース

前のニュース

中国死者1700人超 感染7万人 - Yahoo!ニュース

次のニュース

中華民国と文物 張碧惠著 : 書評 : 本よみうり堂 : エンタメ・文化 : ニュース