欧州, 中東, アルメニア, アゼルバイジャン, ロシア, トルコ

欧州, 中東

露平和部隊が展開、紛争終結 ナゴルノカラバフ 事実上敗北のアルメニアに不満強く - 毎日新聞

アゼルバイジャンとアルメニアの係争地ナゴルノカラバフでは、約1カ月半にわたる紛争が事実上終結しました。ただ、アルメニア側は実効支配地域の多くから部隊撤収を余儀なくされ、国内では不満が渦巻いています。

2020/11/11 17:50:00

アゼルバイジャン アルメニア の係争地ナゴルノカラバフでは、約1カ月半にわたる紛争が事実上終結しました。ただ、 アルメニア 側は実効支配地域の多くから部隊撤収を余儀なくされ、国内では不満が渦巻いています。

アゼルバイジャン アルメニア の係争地ナゴルノカラバフでは10日の停戦発効を受け、 ロシア の平和維持部隊が展開を始めており、約1カ月半にわたる紛争は事実上終結した。ただ、 アルメニア 側は実効支配地域の多くから部隊撤収を余儀なくされ、国内では不満が渦巻く。ナゴルノカラバフの帰属なども未解決のままで、長期的

「もしこのまま戦闘を続けていたら、数日のうちにナゴルノカラバフのすべてを失っていただろう」アルメニア人勢力が作る「ナゴルノカラバフ共和国」のアルチュニャン大統領は10日声明を出し、停戦合意が苦渋の決断だったことを強調した。アゼルバイジャン軍は… 続きを読む: 毎日新聞 »

「怖くて、悲しくて、おびえて、心配で」 ロンドン・ICU病棟の厳しい現実 - BBCニュース

BBCのファーガス・ウォルシュ医療担当編集長が、ロンドンのユニヴァーシティ・コレッジ病院の集中治療室を取材した。

Azərbaycan 問題が解決されていない以上、またいつ紛争が再燃するか わからない。 両国の話し合いが決着するまでは DMZとして中立性を保つべきなのでは?