国政, 選挙, 北海道

国政, 選挙

際立つ日本の女性議員比率の低さ 衆院選で各党に問われる政策は:朝日新聞デジタル

際立つ日本の女性議員比率の低さ 衆院選で各党に問われる政策は

2021/10/20 0:04:00

際立つ日本の女性議員比率の低さ 衆院選で各党に問われる政策は

衆院選では、社会的・文化的に形成された性差(ジェンダー)や、従来の枠にとらわれない多様性の観点からの論戦も注目される。「オジサン国会」から一歩踏み出すためのヒントとは? 世界各国の女性の政治参加を研…

続きを読む: 朝日新聞(asahi shimbun) »

【動画】大掃除でのけがに注意! 掃除中の事故は12月が最多 | NHKニュース

【NHK】12月に入り年末の大掃除をしようという人も多いと思いますが、東京消防庁によると掃除中にけがをして搬送される人は12月が一…

法律整備すれば良いこと。 男女同数とする。 細かな事で反対する人が いますが運用で合理的に 解決できます。 まず、スタートする事。 ジェンダーと簡単には言っても候補者が20%にも満たない状況。それは所謂「オジサン国会」なるものに抗わなければならないシステムが躊躇させている。 日本人女性の大半は表に出て戦わなくても専業主婦として静かに暮らしたい願望があるの! 一部の変わり者が女性の社会進出を!って騒いでるだけだよね! 若い女性にアンケートしてみて? 旦那さんの収入で生活出来ても働きたいですか? 絶対NOoooooo!!!だから😊 ただ女性議員を増やせば良いという問題ではない。 能力が有れば女性でも男性でも党は公認できる。 共産党のように、能力無視で女性を公認する党もある。

出馬しない自由を行使しているだけだろ。 何か女性に制度的に不利な点があるならともかく、何もないのだから。本当に女性主導でやりたければ女性党でも立ち上げればいい。 どうでもええよ、そんな事。共産主義さえ入ってこなかったら。 際立つ女性社員の少なさの朝日新聞がなんだって? 女性女性と、そこを押し通した結果、どうなったか。 性差は関係ない 個人の資質で戦うべき。 性差で戦う事を前提にするならLGBTでの比率も出すべきでは? ほら、変な感じになるでしょ? 女性議員でも、#日本会議 だったら意味ないですよー 自民党の女性議員だいたい日本会議。 当選するかどうかはともかく女性は無所属でもいいから自分たちで勝手に立候補すればいいと思います。どうして政党から立候補することしか考えないのでしょうか。

会いに行けるイギリスの議員 刺殺事件で狙われた「偉大な伝統」:朝日新聞デジタル英イングランド東部エセックス州で今月15日、与党保守党の下院議員デビッド・エイメス氏が、地元有権者との定例の会合を開いていた教会で刺殺された。捜査当局は英国人の男(25)を逮捕し、動機を調べている。… ネット民主主義にすれば、直接会う必要は無くなります。

クリントン元米大統領が退院 感染症で12日に入院:朝日新聞デジタル米国のビル・クリントン元大統領(75)が、感染症のため入院していたカリフォルニア州の病院から17日に退院した。妻のヒラリー・クリントン元国務長官が付き添って一緒に病院を出た。 クリントン氏はカリフォ…

CO2を大気から回収 成否のカギはドライアイス 子会社出向が転機:朝日新聞デジタル地球温暖化の原因になる二酸化炭素(CO2)を、大気中から回収する研究が加速している。東邦ガスが名古屋大などと組んで開発を進めているのが、ドライアイスを活用した新しい手法だ。挑戦のきっかけは、ベテラン…

眞子さま、天皇・皇后両陛下に結婚のあいさつ 皇室18~24日:朝日新聞デジタル天皇、皇后両陛下や皇族方の予定を毎週更新します。皇室の方々は様々な行事や式典、宮中祭祀(さいし)などで多忙な日々を送っています。紙面では掲載しきれない公務も紹介します。 宮内庁は18~24日の予定を… 経団連会長、住友化学の十倉は祝儀10億円だせよ おめでとうございます!そして長い間ご苦労様でした おめでとう🎊

内閣官房「陰性証明」、厚労省「診断推奨せず」検査キット活用割れる:朝日新聞デジタル新型コロナウイルスの感染を手軽に調べられる抗原定性検査キットの活用法をめぐり政府内の見解が割れている。経済活動を重視する内閣官房は飲食やイベントの制限を緩和する陰性証明に使いたい考えだが、医療を所管… 医学か経済か? 今ごろ検査キットの有効無効が問題?厚労省の厚生は何が任務?市町村に安価な検査場設置一般市民に検査を呼び掛けることすらせず(検査されると実態がばれて困るしたり顔で信頼性がと言いだす無能ぶり。感染初期に キチンと検査体制が構築できなかった結果だろうに。 感染増を推進した役所のようで。

夢に現れたオオカミ追い 写真家の大竹英洋さんがたどり着いた地:朝日新聞デジタル北米大陸の「ノースウッズ」と呼ばれる湖水地方の野生動物などを20年以上にわたり取材する写真家の大竹英洋さん(46)。昨年初の本格写真集「ノースウッズ―生命を与える大地―」を発表。同作品で第40回土門…