私の仕事がなくなる前に 事務からIT、学び直し急ぐ

私の仕事がなくなる前に 事務からIT、学び直し急ぐ

2021/12/04 16:30:00

私の仕事がなくなる前に 事務からIT、学び直し急ぐ

長らく働く女性の受け皿となってきた事務職が危機にひんしている。人工知能(AI)などIT(情報技術)に取って代わられ、仕事が急速に失われている。このままでは失業リスクが高まる。なくなる業務から需要が高まる業務へ――。IT人材へのリスキリング(学び直し)を急ぐ女性が増えている。「きれいに『T』が刺しゅうされていきますね」。飯山朋恵さん(33)は自動ミシ

続きを読む: 日本経済新聞 電子版(日経電子版) »

ホロコースト生存者の肖像画、バッキンガム宮殿で公開 - BBCニュース

英王室のチャールズ皇太子は、ホロコースト生存者7人の肖像画を複数の画家に依頼し、27日からバッキンガム宮殿のクイーンズ・ギャラリーで一般公開した。 続きを読む >>

レリカント教育ですね。社会人が仕事で求められる能力を学び直すという意味です。 「求めている能力」というのは国家あるいは社会(他者)のためと言えます。教育とは自然であるべきですから自分の好きな学び直しで良くそれを求める社会でなければなりません。 ミクロレベルの日本経済で、最も必要なのがこの人材の流動化(再教育)ですね。言うのは簡単だが、自分がその対象になると、なかなかできないのが本音。 事務作業でも言われた事をただやってきただけの人と、作業の意味を考え理解して行ってきた、や、プラスαを常に考えて作業してきた人では随分と違うと思うし、前者はAI前に早期退職の可能性もあると思うし、後者は別な業務でも十分対応できると思うし、普通に仕事があると思う。

「マイナンバーカード 健康保険証」やられると、医療事務・薬剤師の事務系がヤバいらしい。。 いや、プログラマーさえAIに仕事を奪われる時代だから、 事務職だった人が今更勉強したところで、仕事が無くなる事には変わりないよ?