オピニオン, 朝刊政治面

社説:改正バリアフリー法 実効性高め安全な社会に | 毎日新聞

<社説>改正バリアフリー法 実効性高め安全な社会に

2021/05/10 0:00:00
オピニオン, 朝刊政治面, 社説

<社説>改正バリアフリー法 実効性高め安全な社会に

高齢者や障害者が安全に移動したり、公共の施設を利用したりできる社会を目指す改正バリアフリー法が先月、全面施行された。2025年までの施設整備の目標値も示しており、確実に実行していく必要がある。

自治体の対応が追いついていない現状もある。ハード面の整備にとどまらない「心のバリアフリー」の取り組みも大切だ。さまざまな人たちがコミュニケーションを取り合い、相互理解を深めたい。 続きを読む: 毎日新聞 »

【東京五輪・パラ】 選手村を公開 新型コロナウイルス対策は - BBCニュース

BBCのウィングフィールド=ヘイズ東京特派員が選手村を訪れ、どのような感染対策がとられているのか取材した。

社説:コロナ禍と日本企業 存在意義を問い直す時だ | 毎日新聞新型コロナウイルスの感染拡大で、企業の業績が二極化している。デジタル化や巣ごもり需要を追い風に業績を伸ばす企業がある一方、運輸や飲食、観光業の打撃は深刻さを増している。

社説:学校での死亡事故 調査の義務付けが不可欠 | 毎日新聞部活動での事故死や学校内で起きた転落死などの教訓を生かし、再発を防ぐ制度が機能していない実態が明らかになった。 学校での事故が後を絶たないことを受けて、国は2016年に対応指針を定めた。

社説:高齢者のワクチン接種 かけ声だけでは混乱招く | 毎日新聞高齢者への新型コロナウイルスワクチンの接種がようやく進み始めた。菅義偉首相は1日100万回の接種をめざし、65歳以上の高齢者への2回接種を7月末までに終わらせると宣言している。 日本の五輪開催層はコロナで日本と世界がどうなろうとも日本はアジアで2度目の五輪パラを中韓に先行されてはならいと思っている コロナ死 「この程度のさざ波」 「これで五輪中止とかいうと笑笑」 コロナで、 晋三批判に果敢に噛みついていた元外務官僚、 コロナで死んだ。 意見を聞きたかった。 スムーズなワクチン配布と ふんだんな接種会場 アクセスしやすい予約システムがあれば混乱しなかったと思う。ワクチンが不足する中で 小出しになり医師不足、会場不足で圧倒的多数の需要に追いつかない。4波の感染爆発と重なったことも混乱に拍車をかけている。

社説:ウイグルの人権問題 中国は調査の受け入れを | 毎日新聞中国新疆ウイグル自治区における人権問題で、日米欧の主要7カ国(G7)が国連人権高等弁務官による現地調査の受け入れを中国に求めた。 英国で開かれたG7外相会合の共同声明は、現地の少数民族ウイグル族らを対象に「再教育のための大規模な収容所が存在し、強制労働や強制不妊が報告されている」として、深い懸念

社説:デジタル関連法の成立 個人情報守る体制が急務 | 毎日新聞デジタル庁の創設や個人情報保護制度の見直しを盛り込んだデジタル改革関連法が成立した。国や自治体が持つデータをビジネスに生かす取り組みも加速させる。 ITを活用して国民の利便性を高めることは大事だ。ただし、プライバシーが侵されないかとの懸念がぬぐえない。 個人情報保護されてますか?そこが知りたいです。