民主主義サミットに対抗する「中国の民主」白書を「深読み」 | 宮家邦彦の「公開情報深読み」 | 宮家邦彦 | 毎日新聞「政治プレミア」

12月9日から米国は日欧などを招いて民主主義サミットを開く。その直前の4日、中国は「中国の民主」白書を発表し、「中国には独自の民主がある」とする大々的宣伝キャンペーンを開始した。

政治, 政治家などの寄稿

2021/12/09 6:00:00

米国は民主主義サミットを開きます。その直前、中国は「中国の民主」白書を発表し「中国には独自の民主がある」とする大々的宣伝キャンペーンを開始。筆者は「中国は奇妙な概念を持ち出し、欧米式の民主主義に対抗しようとしている」と分析します。

12月9日から米国は日欧などを招いて民主主義サミットを開く。その直前の4日、中国は「中国の民主」白書を発表し、「中国には独自の民主がある」とする大々的宣伝キャンペーンを開始した。

更に、中国外交部は5日、米国の民主主義の問題を指摘する文書を公表した。「アメリカの民主主義は『金権政治』に成り下がり、少数のエリートによって統治され、人種差別の問題も根深く、貧富の格差が広がっている」などと批判したそうだ。果たして中国側の主張に説得力はあるだろうか。今回は中国が発表した「中国の民主」白書の内容を深読みする。毎度のことながら、以下はあくまで筆者の個人的分析である。「中国の民主」白書12月4日に中国政府が発表したのは「中国的民主(中国の民主)」と題された白書だ。中国漢字2万語以上の大部で、発行者は国務院の新聞弁公室である。

Such Unluckly Moment Has Never Been Seen! The Scariest Sports Accidents

人民網によれば、「民主は、全人類に共通した価値であり、中国共産党と中国の人民が終始確固として維持する重要な理念」とされている。だが、これだけでは中国に民主主義があることの証明にならない。一方、同白書は「民主は各国の人民の権利であり、少数の国の専売特許ではない」と主張し、中国が考える「民主の基準」と思われるものを示している。そもそも中国には欧米式の民主主義を受け入れる気などないのだから、そんな宣伝用の「白書」など読むに値しないとの声もあるだろう。されば今回は、日米などの民主主義諸国が理解する民主主義の定義ではなく、百歩譲って、中国自身が説明する「民主」の基準に従い、中国が真に民主的であるか否かを考えてみよう。

中国の「民主」は「民主主義」ではないもうお気付きだとは思うが、今の中国は「民主主義」という言葉を使わない。デモクラシーはあくまで「民主」であって、「民主主義」すなわち「政治的イデオロギー」ではないからだ。つまり、中国で「民主」は一定の政治的「状態」に過ぎず、決して「政治制度」や「主義・主張」の対象ではないのである。中国が考える「民主」の条件以上を前提に、「中国の民主」白書「前言」にある次の「民主の基準と思われるもの」を読んでほしい。いつもの通り、【】内は筆者の独断と偏見のコメントである。一つの国家が民主である否かは、 headtopics.com

【中国では「共産党の指導」が最優先である以上、中国国家の「主人」は事実上共産党であって…

続きを読む: 毎日新聞 »

阪神・淡路大震災特集サイト

トップページ

習一人の民主主義ですもんね 日本にも欧米の民主主義と違う、独自の民主主義があるよねぇ。入管が外国人を殺しても、首相がモリカケ桜で汚職しても、首相のトモダチが婦女暴行を働いても罪を全く問われない、昔の中共なみに腐った民主主義が。それを支えてるのはキミたち、性根の腐ったイカサマ記者どもだよ。恥を知れ。 中国に民主がある? 中国共産党も必死だな😂 国民に自由が無い民主主義って、習近平が亡くなった後のほうが怖いな、習近平の子供が受け継ぐとか法律ができたら終わり Guns n Rosesが2008年にそんなタスクすでに完了しました 独自笑 一党独裁を民主主義と言い募るんだからそりゃ独自も独自笑🤥😵‍💫🤑 china国内はキョウサントウが言えばそうなるのでしょうが、他国ではそうはならない。

共産党が民主で、それ以外は人民でしょ? 漢民族の民族迫害、民主を語る資格が無いでしょ❗️ 党が国民を管理する中国式民主主義w

外交が「毅然とした主張」に取って代わられるわけにはいかない | | 田中均 | 毎日新聞「政治プレミア」先の総選挙で自民党が事実上勝利した背景には、日本の有権者、特に若い人々のあいだでこの10年間、徐々に浸透してきた保守ナショナリズムの高まりがあったと見るのは間違いだろうか。 レイプジェノサイド北京オリンピックに反対しない田中と毎日新聞。 毅然としない赤旗新聞。 この人のは外交ではないと思う。外交は主張があってはじめて成り立つ。その上で妥協が生まれる。しかし、日本の外交はなかった。最初から主張もせずに、合意形成だけに注力していた。それを外交と錯覚している。外交特権で高級ワインを集めたり、パーティばかりしていた。 戦後の日本の平和を作ってきたサンフランシスコ講和条約体制を破壊しようとしているのではありませんか?韓国は。今こそ田中さんが韓国へそれは止めるべきだとお伝えになるべきでは、今の隣国の政権は今までの条約、合意を破壊したいのだと思います、それ故にアメリカの支持も得られないのでは。

サウジ記者殺害の容疑者拘束 フランス当局、パリ・ドゴール空港で | 毎日新聞2018年に在米のサウジアラビア人記者ジャマル・カショギ氏がトルコのサウジ総領事館内で殺害された事件で、フランス当局は7日、殺害を実行した部隊の1人とされるサウジ国籍の男(33)をパリ近郊のシャルル・ドゴール空港で拘束した。フランスのメディアが伝えた。

「この分野は面白い。もっと来て」 真鍋淑郎さんにノーベル賞授与 | 毎日新聞今年のノーベル物理学賞に選ばれた真鍋淑郎・米プリンストン大上席気象研究員(90)に6日(日本時間7日)、米首都ワシントンの科学アカデミーでメダルと賞状が授与された。気候科学の基礎を築き、地球温暖化対策の後押しになった業績が評価された。式典後に真鍋さんは「大変ハッピーです。この分野は面白い。日本の若 「この紋所が目に入らぬか!」

河村市長公約の還元事業 市、電子マネーより商品券を多めに発行 | 毎日新聞名古屋市の河村たかし市長が4月の市長選で公約に掲げた「電子マネー利用でポイント還元」事業について、市は7日の市議会で、紙と電子で1口1万円のプレミアム商品券を発行する方法に変え、6対4で紙の商品券を多めにすると説明した。キャッシュレス決済の普及などを唱えた公約は「高齢者など電子決済ができない人も多

4党・無所属99人が靖国参拝 超党派議連、2年2カ月ぶりに | 毎日新聞超党派の議員連盟「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」(会長・尾辻秀久元参院副議長)のメンバーが7日午前、東京・九段北の靖国神社を一斉参拝した。そろっての参拝は2019年の秋季例大祭以来、約2年2カ月ぶり。新型コロナウイルス禍と衆院選対応で見送っていた。岸田内閣からは細田健一副経済産業相、務台 太平洋戦争の開戦日に参拝って、戦没者に何をしたいの? だから? 毎日のテンプレート記事!

オーストラリア、北京五輪に高官派遣せず 外交的ボイコット、米に追随 | 毎日新聞オーストラリアのモリソン首相は8日、北京冬季五輪に閣僚など政府高官を派遣しないと述べた。ロイター通信が伝えた。中国の人権問題が理由という。 バイデン米政権の「外交的ボイコット」に豪州も追随した格好だ。 五輪大会はスポーツの祭典であると同時に国家の利害が密接に絡み合う極めて政治的・外交的なイベントであるという点において、既にその理念から逸脱したものになっている。ヒトラーは五輪のそのような側面を徹底的に利用したにすぎない。 レイプジェノサイド北京オリンピック粉砕。 人権派の皆さん狸寝入りなどせずにがんばってくださいねwww