日本電産、EVなど環境シフト鮮明に 4~12月営業益最高

2022/01/26 16:38:00

日本電産、EVなど環境シフト鮮明に 4~12月営業益最高

日本電産、EVなど環境シフト鮮明に 4~12月営業益最高

日本電産が環境関連事業へのシフトを鮮明にしている。電気自動車(EV)用駆動モーターにギアなどを組み合わせた「イーアクスル」の採用車種の累計販売は2021年12月末時点で26万5千台超と1年間で2倍強に拡大。家電や自動化ロボット向けの省エネ型モーターも好調だ。26日発表した21年4~12月期の連結決算は環境分野がけん引し、営業利益が3年ぶり過去最高を更新した。「(イーアクスル増産に)24年までに

続きを読む: 日本経済新聞 電子版(日経電子版) »

ファンタジー生活RPG『ハーヴェステラ』のNintendo Switch版ダウンロード版の予約販売が開始。幻想的な世界で農業、交流、冒険を楽しむスクウェア・エニックスの最新作

株式会社スクウェア・エニックスは8月18日、新作ゲーム『ハーヴェステラ』のNintendo Switch版ダウンロード版の予約販売を開始した。 続きを読む >>

「日本電産 永森会長が現社長に失望感」報道が話題、カリスマ創業者が悩む後継者問題(箕輪 健伸)ブルームバーグが25日に配信した「日本電産 永守会長が関社長に失望感、車載事業で陣頭指揮-関係者」という見出しの記事が話題を呼んでいる。日本電産の創業者で会長の永守重信氏が、最高経営責任者(CEO)を譲った関潤氏に対して

「日本電産 永守会長が現社長に失望感」報道が話題、カリスマ創業者が悩む後継者問題(箕輪 健伸)ブルームバーグが25日に配信した「日本電産 永守会長が関社長に失望感、車載事業で陣頭指揮-関係者」という見出しの記事が話題を呼んでいる。日本電産の創業者で会長の永守重信氏が、最高経営責任者(CEO)を譲った関潤氏に対して SDGsバッジつけてるようじゃ、どっちもどっち( ´艸`) ブログに引用させていただきました。 日本電産の後継者を務めることができる人はいるのか : のとみいの日記

日本電産の永守会長、車載分野「3年で3000億円を投資」日本電産が26日に発表した2021年4~12月期連結決算(国際会計基準)は、営業利益が前年同期比17%増の1346億円となり、3年ぶりに4~12月期ベースで過去最高を更新した。家電や搬送ロボット向けの省エネ型モーターがけん引し、電気自動車(EV)用駆動モーターも伸びた。日経電子版では、永守重信会長や関潤社長兼最高経営責任者(CEO)のオンライン決算説明会での発言をタイムライン形式で伝える。 本当はどんな人なのでしょうか?

日本電産、通期営業利益見通し1900億円で据え置き 期末35円へ増配日本電産は26日、22年3月期の連結営業利益見通しを1900億円とし、前回予想から据え置いた。

が環境関連事業へのシフトを鮮明にしている。電気自動車(EV)用駆動モーターにギアなどを組み合わせた「イーアクスル」の採用車種の累計販売は2021年12月末時点で26万5千台超と1年間で2倍強に拡大。家電や自動化ロボット向けの省エネ型モーターも好調だ。26日発表した21年4~12月期の連結決算は環境分野がけん引し、営業利益が3年ぶり過去最高を更新した。 【関連記事】 .、業績が悪化などにより失望感を強めているという内容だ。 関氏(左)の就任記者会見に同席した永守氏(右)=写真:東洋経済/アフロ 日本電産は、あの 氏に鍛えられ、最終的には日産のナンバー3である副最高執行責任者(COO)にまでなった関氏を昨年4月に社長に任命、6月にはCEOに昇格させていた。ブルームバーグによると、永守氏は「経営力の低い人物(編集部注:関氏)をトップに据えたのは自分の判断ミスだった」との見解を示しているという。 日本電産の後継者問題は、ここ数年、混迷の度合いを深めている印象だ。関氏の前に社長だった日産出身の吉本浩之氏は2018年6月に社長に就任したが、2020年4月に副社長に降格。昨年5月には退社している。 ただ、カリスマ経営者の後継者問題は、日本電産だけの問題ではない。バブル崩壊後の日本経済を引っ張ってきたカリスマ創業者たちは軒並み、後継者問題に頭を悩ませている。 孫正義氏も柳井正氏も苦悩.、業績悪化などにより失望感を強めているという内容だ。 関氏(左)の就任記者会見に同席した永守氏(右)=写真:東洋経済/アフロ 日本電産は、あの 氏に鍛えられ、最終的には日産のナンバー3である副最高執行責任者(COO)にまでなった関氏を昨年4月に社長に任命、6月にはCEOに昇格させていた。ブルームバーグによると、永守氏は「経営力の低い人物(編集部注:関氏)をトップに据えたのは自分の判断ミスだった」との見解を示しているという。 日本電産の後継者問題は、ここ数年、混迷の度合いを深めている印象だ。関氏の前に社長だった日産出身の吉本浩之氏は2018年6月に社長に就任したが、2020年4月に副社長に降格。昨年5月には退社している。 ただ、カリスマ経営者の後継者問題は、日本電産だけの問題ではない。バブル崩壊後の日本経済を引っ張ってきたカリスマ創業者たちは軒並み、後継者問題に頭を悩ませている。 孫正義氏も柳井正氏も苦悩.が26日に発表した2021年4~12月期連結決算(国際会計基準)は、営業利益が前年同期比17%増の1346億円となり、3年ぶりに4~12月期ベースで過去最高を更新した。家電や搬送ロボット向けの省エネ型モーターがけん引し、電気自動車(EV)用駆動モーターも伸びた。日経電子版では、永守重信会長や関潤社長兼最高経営責任者(CEO)のオンライン決算説明会での発言をタイムライン形式で伝える。 【関連記事】.