オンライン初診料上げへ 2500円程度、対面との差縮小

2022/01/26 16:38:00

オンライン初診料上げへ 2500円程度、対面との差縮小

オンライン初診料上げへ 2500円程度、対面との差縮小

厚生労働省はオンライン診療の初診料について、いまの水準から2割程度引き上げる方針だ。新型コロナウイルス感染症に対応するため特例的に初診から認めているが、利用は伸び悩んできた。4月からの初診の恒久化にあわせ報酬水準を引き上げて出遅れの挽回を狙う。対面診療の報酬の水準とはなお差があり、普及につながるか見えにくい部分も残る。26日の中央社会保険医療協議会(厚労相の諮問機関)で大筋合意した。医療サービ

26日の中央社会保険医療協議会(厚労相の諮問機関)で大筋合意した。医療サービスの公定価格である診療報酬の2022年度改定に盛り込む。今回の改定で、新型コロナウイルス禍で特例的に解禁したオンラインでの初診を恒久化する措置を講じる。20年4月に導入された特例では、初診料は2140円だった。厚労省はこれを2割弱引き上げ2500円程度とする方針で、具体的な水準は2月に決める。疾患などに応じて定められる医学管理料についてもオンラインの場合は引き上げ、対面の水準に近づける。一連の報酬の引き上げに伴い、患者の自己負担分(現役世代は3割)も増える。

オンラインの初診料は対面の7割強の水準にとどまっていたが、9割弱まで差が縮む。これまで対面との差額を埋め合わせるため、医療機関が保険外の費用として1000円程度の「システム利用料」を徴収するケースがあった。差額が埋まればこうした追加費用が減り、患者負担が少なくなる可能性もある。医療機関の収入となる診療報酬引き上げに踏み切るのは、新型コロナ禍でもオンライン診療が想定以上に普及していない実情があるためだ。コロナ特例を設けた当初こそオンライン診療に対応する医療機関の割合は伸びたが、その後は低迷が続く。21年6月末時点で全医療機関の15%程度にすぎず、初診から対応するところは6%程度とさらに少ない。

続きを読む:
日本経済新聞 電子版(日経電子版) »

Staying king Kyprios claims Cadran crown | At The Races

O’Brien runner drifts across the track, but still prevails at ParisLongchamp. 続きを読む >>

馬鹿じゃねえの? だからコロナの検査なしで確定させるってこと? これじゃ何も意味がないよ この場合やるべきは対面の価格を下げることだ プライドで飯食ってるんだったら金なんかなくても生きていけるんだろう医療従事者は? 言葉に責任を持たなくていいなんて馬鹿な資格保有者はこの世に必要ないぞ はぁ? 日本医師会前にて 再び 医師会の言いなり。看護師は上げないのか。