政治, 政治家などの寄稿, 政治プレミア, 2021自民党総裁選, 加藤秀樹, 広島県, 中国, 北朝鮮

政治, 政治家などの寄稿

政権維持が目的の政権は先が長くない | | 加藤秀樹 | 毎日新聞「政治プレミア」

「次の政権はコロナ対策はじめスタートから難問山積だが、安倍・菅政権の8年8カ月でずいぶん痛んだり腐ったりした霞が関の立て直しもすぐに行わないといけない──」 構想日本代表・加藤秀樹氏のコラムです。

2021/09/21 23:10:00

「次の政権はコロナ対策はじめスタートから難問山積だが、安倍・菅政権の8年8カ月でずいぶん痛んだり腐ったりした霞が関の立て直しもすぐに行わないといけない──」 構想日本代表・ 加藤秀樹 氏のコラムです。

菅政権が唐突な幕切れとなり、次の政権に向けて自民党内が大きく動いている。ここでは、あまり議論されない「政権のガバナンス」という観点から考えてみたい。その意味では、今回の政権交代は安倍・菅政権の8年8カ月の終焉(しゅうえん)ということになる。

大蔵省(現財務省)で勤務後、1997年、政治家や官僚では踏み込めない政策を「民」の立場から立案、提言そして実現するため、非営利独立の政策シンクタンク・構想日本を設立。公益法人改革をはじめ制度改革などの形で実現したものは40以上。2002年から始めた「事業仕分け」は、国レベルでは自民党(2008年)、政府(2009年から現在まで毎年継続)、国会(決算行政監視委員会、2011年)で行われ、制度として定着。事業仕分けの発展形である住民協議会と合わせて約300回開催。そのうち、無作為に選ばれた住民が参加する方式は、これまでに約150回開催し、参加者累計は約1万人。政治・行政を「自分ごと化」する手法として高く評価されている。選挙で議員を選ぶ民主主義の限界が指摘される中で、ヨーロッパの研究者にも注目されている。2019年から、すべての国の事業をキーワード検索できるサイト「JUDGIT!(ジャジット)」を運営。慶應義塾大学総合政策学部教授、東京財団(現東京財団政策研究所)理事長、東京大学公共政策大学院実務家教員、京都大学特任教授、京都大学経営協議会委員、四国民家博物館理事長などを務める。著書に「道路公団解体プラン」(文芸春秋、加藤秀樹と構想日本編)「ひとりひとりが築く新しい社会システム」(ウェッジ、加藤秀樹編著)「浮き足立ち症候群 危機の正体21」(講談社、加藤秀樹編著)「ツルツル世界とザラザラ世界・世界二制度のすすめ」(スピーディ、加藤秀樹著)。

何そのビジュアル!?『ボボボーボ・ボーボボ』連載開始20周年の記念イベント「ボボボーボ・ボーボボ展 ハジケ伝説よ 永遠に・・・!?」が開催決定 - ライブドアニュース 一風堂、選挙の投票済証明書を見せると「替玉1玉」「玉子1個」無料 - ライブドアニュース 「キル フェ ボン」からハロウィンにおすすめな新作タルトが登場! - ライブドアニュース 続きを読む: 毎日新聞 »

【Color of Japan】美しい日本の世界自然遺産を日本古来の伝統色で切り取る | Pen Online

【Color of Japan】美しい日本の世界自然遺産を日本古来の伝統色で切り取る

自民党政権の日本だけが賃金上昇しない 中国忖度、中国企業優遇、中国に在る親族企業癒着大臣、原発地震対策拒否、友達の逮捕状取り消し、韓国統一協会資金提供、自民党員逮捕、使途不明金2億円、何十年もの間多額献金受託、後進国の村からブローカーを通じて低賃金奴隷を入れる実習生制度 自民党犯罪 腐った自公が腐った霞が関を立て直すことができるとは思えない。 本当に安倍菅は酷かったの一言だよな。 その尻拭いをするのも全て国民任せで結局は自助で何とかしろと言って放置されるかもな。 投票は自公維以外の野党にしよう カルト詐欺団体の日本会議の無能な老害派閥内閣の政府自民党 自民党の議員は全員落選させよう 普通に適材適所、政策の実施に人事の流動化は大事な話 霞ヶ関も、役人だから安泰 そう思ってた事務次官の前何とかさんの首切り(天下り斡旋、援交疑惑)からわかる通り、腐ったリンゴをもがなきゃ駄目だったのは誰しも思うところ

首相官邸に連絡を入れていたのは、私です。 しかし一度も連絡が来なかった。 立憲民主党は王室と繋がる事がなかった。 そのため立憲民主党は不要だと私は感じています。 外交に失敗するため、鎖国になってしまうだろうね。 安倍のマスクに始まり菅の愚策で幕を閉じる。

逼迫する医療 自宅療養と入院難民の先にある「多死社会」 | | 吉田啓志 | 毎日新聞「政治プレミア」新型コロナウイルス感染症の治療について、政府は入院対象者を重症患者や特に重症化リスクの高い人に絞り込み、原則自宅療養とすることを可能とする方針に転じた。 急激な感染拡大に慌てふためいたあげくの窮余の策だ。とはいえ、国の大方針は以前から医療も介護も「在宅」が基本。コロナ禍での「入院難民」の続出は、 どこでインタビュー受けてんの? 多死社会?、 死者数が11年ぶりに減少したって言うのに? 都知事様ご見解「入院難民発生のsituation はvery regrettableで今後のunknown epidemyのpossibility をconsiderする上でessential factor として非常にimportantな matterで御座います。今後もdaily life with coronaがlast longで御座います.東京のCitizenにもCooperationをお願いします」オホホ。

自民党総裁選 コロナ対策を戦略的に考えられる候補は | | 小川和久 | 毎日新聞「政治プレミア」自民党総裁選挙の候補が出そろい、論戦を繰り広げている。私は国民の生命に関わるコロナ対策を通して、各候補が合格点の水準に達しているかどうかを採点することにしている。

山梨・女児不明2年 美咲さんの姉「みー、早く帰ってきて」 | 毎日新聞「妹にすごく会いたい気持ちや、会えるのが楽しみという気持ち、大丈夫かな、本当に帰ってくるのかなという不安と、いろいろな思いがある」。山梨県道志村のキャンプ場で2019年9月、小学校1年生だった小倉美咲さん(9)=千葉県成田市=が行方不明になってから21日で2年となる。美咲さんの小学6年生の姉(12 これからは人の行くところ、必ず防犯カメラを設置してください。行政任せにはできません。プライバシーがあるので無理。これらは民間でやっていくしかない。国の借金を減らし議員定数を減らす党 衆院選小選挙区一票を

自民党総裁選 各候補の省庁新設・再編論の「本気度」を問う | 毎日新聞17日に告示された自民党総裁選(29日投開票)で注目を集めているのが、4候補が打ち出す中央省庁の新設・再編案だ。自身の掲げる政策を分かりやすくアピールする狙いとみられるが、25年前の「橋本行革」で省庁再編論議に携わった明治大公共政策大学院の田中秀明専任教授(経済政策)は「本気度が感じられない」と切 どう感じるかは本人の感じ取り方の問題ですからね そのような事を心配するより自分の会社を心配した方がいい。新聞業界の統合を考えては?朝日と毎日が統合して中国に拠点を移すのはどうですか。 政権にあぐらをかいてると揶揄されるくらいに酷い自民党

さらば正社員 中高年を個人事業主にした電通の「大実験」 | 毎日新聞「人生100年時代」を迎え、中高年以降の「第二の人生」が注目されている。そんな中、広告大手の電通が、40歳以上の一部の正社員を個人事業主に切り替える制度を始めた。対象者は電通を退職するが、10年間一定の固定給を得ながら、自分のやりたいことに挑戦できるという。しかし、そんなにうまくいくのだろうか。い 失礼します。 アレコレ美談にしつらえたところで、結局、人件費削減なんでしょう。

ORICON NEWS:『あらびき団』今秋に放送決定 公式YouTubeも開設 | 毎日新聞