家づくりで「後悔する人」「しない人」3つの差 | リーダーシップ・教養・資格・スキル

【家づくりで「後悔する人」「しない人」3つの差】 窓は増やせば増やすほど暮らしづらくなる理由 #東洋経済オンライン

東洋経済オンライン, リーダーシップ・教養・資格・スキル

2022/01/29 10:02:00

【家づくりで「後悔する人」「しない人」3つの差】 窓は増やせば増やすほど暮らしづらくなる理由 東洋経済オンライン

私はこれまでたくさんの「家づくりを終えた人々」からヒアリングをしてきましたが、そこで挙がってくる「後悔ポイント」の中には、共通項がいくつかありました。今回は、とある一軒の家を例にとり、「後悔しやすい…

和室を「なんとなく」つくってはいけない私はこれまでたくさんの「家づくりを終えた人々」からヒアリングをしてきましたが、そこで挙がってくる「後悔ポイント」の中には、共通項がいくつかありました。今回は、とある一軒の家を例にとり、「後悔しやすい3つのポイント」を示していきたいと思います。なお、「これから家を建てる人のためになるなら……」と、この企画を快くお受けいただき、忌憚のない話を聞かせてくれたご夫婦に、感謝いたします。居住者の実際の設計図。一般的な間取り、サイズで一見住みやすそうに見えるが実際は……?(画像:サンクチュアリ出版提供)

さて、間取りを見てまず目が行ったのは、1階の西にある和室です。3畳ほどの広さで畳敷きですが、「このスペースをなぜつくったのか」と聞いたところ「なんとなく畳のスペースがほしかったし、仕切れば客間として使えると考えた」とのお答えでした。そうして「なんとなくつくる」というのが、実は後に後悔を生むことが多いです。このご夫婦の家では、畳が汚れぬようマットを敷いた上、お子さんの荷物起きになっているとのことでしたが、和室である必要性は低く、「フローリングのほうがよかった」と感じているそうです。また「客間に使いたい」というのは、和室をつくる動機としてよく挙がるものですが、果たして家にゲストが泊まりに来る頻度はどれくらいなのか。ちなみにこのご家庭では、「両親が年に一度来るか来ないか、くらい」とのことでした。

続きを読む: 東洋経済オンライン »

「部下が指示待ちになりやすい」上司に欠けた視点 | リーダーシップ・教養・資格・スキル「部下には主体的に行動できるようになってほしい」こう思っている上司は今でも多いです。主体性とは平たく言えば、「自分で考えて行動できること」を指します。主体性がクローズアップされた背景には、「指示待ち…

読むべき「いいネット記事」、簡単に選べる5大秘訣 | リーダーシップ・教養・資格・スキルもう10年ほど、私がほとんど一日も休まず日課にしていることがある。それは、およそ1000本のネット記事の見出しに目を通し、その中から「読むべき」と思う記事を10本ほど見つけ出し、毎朝8時にツィッターとフェイ…

水野和夫氏「第2の中世は寛容で創造的な社会」 | リーダーシップ・教養・資格・スキル近代の萌芽は13世紀にある。13世紀以降の社会は「数字(利益)は嘘をつかない」という前提の上に成り立ってきた。「神は嘘をつかない」という前提で成り立っていた中世キリスト教社会が崩壊していったのは「神が嘘…

競合プレゼンは「最悪」と断言できる3つの理由 | リーダーシップ・教養・資格・スキル広告を含むクリエイティブ業界においては、「競合プレゼン」が行われることがよくあります。平たく言うと、複数の企業を参加させ、課題解決や新商品キャンペーンのアイデアなどのプランをそれぞれ出させることで競…

結果をちゃんと出す人とデキない人の決定的な差 | リーダーシップ・教養・資格・スキル非言語コミュニケーションの専門家となって15年以上経つが、その間、多種多様な会社の営業社員や販売員の研修会に講師として呼ばれた。言葉だけでなく、言葉以外の情報を送受信することで、販売力を上げようという… 結果の評価に当たりどうしても他人が出てくる。その他人も役割として出てくる。 その前に結果出す企業なんですよね?話はそれからでしょ。

の著者で、一級建築士YouTuberのげげさんが、40代夫婦が建てた新築一軒家を大解剖。後悔しがちな点を指摘し、よりよい家をつくるためのポイントを解説します。 和室を「なんとなく」つくってはいけない 私はこれまでたくさんの「家づくりを終えた人々」からヒアリングをしてきましたが、そこで挙がってくる「後悔ポイント」の中には、共通項がいくつかありました。 今回は、とある一軒の家を例にとり、「後悔しやすい3つのポイント」を示していきたいと思います。なお、「これから家を建てる人のためになるなら……」と、この企画を快くお受けいただき、忌憚のない話を聞かせてくれたご夫婦に、感謝いたします。 居住者の実際の設計図。一般的な間取り、サイズで一見住みやすそうに見えるが実際は……?(画像:サンクチュアリ出版提供) さて、間取りを見てまず目が行ったのは、1階の西にある和室です。3畳ほどの広さで畳敷きですが、「このスペースをなぜつくったのか」と聞いたところ「なんとなく畳のスペースがほしかったし、仕切れば客間として使えると考えた」とのお答えでした。そうして「なんとなくつくる」というのが、実は後に後悔を生むことが多いです。 このご夫婦の家では、畳が汚れぬようマットを敷いた上、お子さんの荷物起きになっているとのことでしたが、和室である必要性は低く、「フローリングのほうがよかった」と感じているそうです。 また「客間に使いたい」というのは、和室をつくる動機としてよく挙がるものですが、果たして家にゲストが泊まりに来る頻度はどれくらいなのか。ちなみにこのご家庭では、「両親が年に一度来るか来ないか、くらい」とのことでした。 ゲストルームを設えるには、当然お金がかかります。例えばゲスト用に6畳の部屋をつくるなら、予算は平均200万円ほどでしょう。その部屋を、年に数回しか使わないなら、1泊のコストは一体いくらになるか……。近くのホテルをとったほうが、あきらかに安上がりです。 「なんとなくつくった」という畳スペース。現状汚れないようにマットをしいてキッズスペースにしていて、和室である必要性は低い。「フローリングにして置き畳を買えばよかった」と感じているそう(画像:サンクチュアリ出版提供) 実際に、客間がほぼ物置きになっている家は、多いと感じます。たまにしか来ないゲストにお金をかけるより、そこで暮らす家族にとって居心地のよい空間をつくるほうに、予算を回したいところです。 →