「部下が指示待ちになりやすい」上司に欠けた視点 | リーダーシップ・教養・資格・スキル

■今人気の記事■ 【「部下が指示待ちになりやすい」上司に欠けた視点】 どうすれば部下が主体的に動くようになるのか #東洋経済オンライン

東洋経済オンライン, リーダーシップ・教養・資格・スキル

2022/01/27 12:31:00

■今人気の記事■ 【「部下が指示待ちになりやすい」上司に欠けた視点】 どうすれば部下が主体的に動くようになるのか 東洋経済オンライン

「部下には主体的に行動できるようになってほしい」こう思っている上司は今でも多いです。主体性とは平たく言えば、「自分で考えて行動できること」を指します。主体性がクローズアップされた背景には、「指示待ち…

「仕事を任せる」のと「放任」は違うこう思っている上司は今でも多いです。主体性とは平たく言えば、「自分で考えて行動できること」を指します。主体性がクローズアップされた背景には、「指示待ち社員」に対する不安があります。このままでは、会社の将来が危ぶまれるという企業側の危機感が強くなったのです。そこで各企業は、人材育成にコーチングを導入するなど、部下の主体性を発揮させるさまざまな取り組みを行いました。その結果、ある程度、自分で考え行動できるようになったものの、「結果が伴わない」という事例が多く聞かれるようになりました。

原因はさまざまですが、大きな要因の1つは部下の主体性を発揮させようと、部下を「放任してしまう」ケースです。部下に仕事を「任せたつもり」になっていて、実際には「放任されている状態」というのが実態でしょう。では、「主体性を発揮させながら、結果も伴わせる」にはどうしたらいいのでしょうか。ここでは、5つのステップで考えてみます。①まず部下の考えを聞く最初の入り口では、主体性を発揮させる質問で部下が自ら考え行動できるようなきっかけをつくっていきます。やってしまいがちなパターンは、「今度の新規案件は、こんな感じで進めてもらいたいけど、いいかな?」です。確かにやり方を示されているので、部下はやりやすいでしょうし、上司としても安心なのかもしれませんが、これでは指示待ちと変わりません。

続きを読む: 東洋経済オンライン »

若者のミカタ

地域の将来を考えるときに大きな鍵を握るのは、社会を活気づかせ、次世代を支える若者たちの存在だ。縮小ループは、逃れられない道なのか。連載「若者のミカタ」を通じ、若い世代の価値観(見方)を知り、若い世代… 続きを読む >>

「部下が指示待ちになりやすい」上司に欠けた視点 | リーダーシップ・教養・資格・スキル「部下には主体的に行動できるようになってほしい」こう思っている上司は今でも多いです。主体性とは平たく言えば、「自分で考えて行動できること」を指します。主体性がクローズアップされた背景には、「指示待ち… 支持待ちにんげんんんん!!!!喝っっっっっっっうごけぇぇぇぇ🔥🔥🔥🔥地獄に落ちてもぉぉぉ拾ってやらぬぞぞぞぞおぞぞぞぞz

DXを進めると組織に「新しい発想」が生まれる理由 | リーダーシップ・教養・資格・スキル「戦略」という言葉を聞いて、どういうイメージをおもちだろうか。ひと昔、いやふた昔前だったら、「組織の偉い人がつくるもの」だったかもしれない。企業の戦略となれば生命線であり、それゆえ「神聖で厳かなもの…

いつもと同じ選択を好む人の伸びしろが小さい訳 | リーダーシップ・教養・資格・スキル「人は、目の前にある選択肢の中から、どれが自分にとってもっとも満足度が高いかをよく考えて選択している」これは、経済学が通常想定している意思決定プロセス、いわゆる「合理的意思決定プロセス」と呼ばれてい…

「ハズレを引いた人生」が楽しくて仕方がない訳 | リーダーシップ・教養・資格・スキル私は、新卒時代から並行して取り組んできた副業に本格的に取り組むために迷って、会社員を辞めてフリーランスになりました。より専門的な知識を得るために大学で学び直そうと考えていたときもありましたし、周囲に…

日本人特有「ぼっち遺伝子」に負けない3つの方法 | リーダーシップ・教養・資格・スキル慶應義塾大学大学院で幸福学を研究している前野隆司です。私は、人の「幸せ」について、心理学、統計学をベースに研究しています。私が最近、関心を持っているのが「孤独」です。コロナ禍をきっかけに、日本では老… 日本人にネガティブなイメージを植え付けたいサイコパス学者と反日メディアの組み合わせ。 collectivedt はじめまして。 人と環境の回復を目指し、国を越えて同じ思いを持った仲間がブラジルの地に築いた有機栽培の共同体、トルナラオアシス農場です。活動の様子をご覧になって良いと思われましたら、他の方々にも紹介して下さると感謝です。 🌸宜しくお願いします🌸