水野和夫氏「第2の中世は寛容で創造的な社会」 | リーダーシップ・教養・資格・スキル

【水野和夫氏「第2の中世は寛容で創造的な社会」】 「利益が嘘をついた」とき、「近代」は終焉する #東洋経済オンライン

東洋経済オンライン, リーダーシップ・教養・資格・スキル

2022/01/28 5:32:00

【水野和夫氏「第2の中世は寛容で創造的な社会」】 「利益が嘘をついた」とき、「近代」は終焉する 東洋経済オンライン

近代の萌芽は13世紀にある。13世紀以降の社会は「数字(利益)は嘘をつかない」という前提の上に成り立ってきた。「神は嘘をつかない」という前提で成り立っていた中世キリスト教社会が崩壊していったのは「神が嘘…

近代社会の象徴であるアメリカでは、1973年をピークに男性(年間フルタイムで働く労働者)の実質所得(中央値)は2019年まで下回っていた。明日はよくなるという期待は半世紀ものあいだ、およそ2世代にわたって裏切られていることになる。ようやく2020年になって1973年の水準を5.1%上回った。その一方で、ビリオネア(10億ドル長者)の人数も彼らの資産額も増加の一途をたどっている。生活水準が半世紀にわたって上がらないということは、アメリカでは年功序列賃金ではないので、入社時と比べて引退時の生活水準は上がっていないことになる。アメリカではこうした人たちが2982万人もいて、彼らがトランプ前大統領のコア支持層を形成していた。もはや私的な利益はすべての人間を導く主ではないのである。近代理念の敗北が1973年から始まっているのである。

そのトランプが2021年1月20日のバイデン新大統領の就任式には出席せず、ワシントン近郊のアンドルーズ空軍基地で退任式を行った。CNNが2021年1月13日に行った世論調査ではトランプ大統領の支持率は34%まで低下した(トランプ大統領として過去最低の35%を下回った)が、共和党員にかぎると80%に上っていた。トランプ大統領は退任演説で「何らかのかたちで戻ってくる」といい、4年後の大統領選に出馬する可能性を示唆した。アメリカの分断は一層深まる可能性が高くなり、バイデン大統領とトランプ前大統領が対峙する時代となり、中世カトリック教会の「大分裂」(1378〜1417年)を思い起こさせた。

続きを読む: 東洋経済オンライン »

荒廃した街に卒業パーティー衣装で集合 チェルニヒウの高校生が写真撮影 - BBCニュース

ロシアの侵攻が始まってから、ウクライナではほとんどの学校が閉鎖され、数百万人が教育の機会を失っている。写真家のスタニスラヴ・セニクさんはロシアの爆撃によって破壊された北部の都市チェルニヒウで、高校の卒業パーティー「プロム」にちなんだ写真撮影を行った。 続きを読む >>

いつもと同じ選択を好む人の伸びしろが小さい訳 | リーダーシップ・教養・資格・スキル「人は、目の前にある選択肢の中から、どれが自分にとってもっとも満足度が高いかをよく考えて選択している」これは、経済学が通常想定している意思決定プロセス、いわゆる「合理的意思決定プロセス」と呼ばれてい…

「ハズレを引いた人生」が楽しくて仕方がない訳 | リーダーシップ・教養・資格・スキル私は、新卒時代から並行して取り組んできた副業に本格的に取り組むために迷って、会社員を辞めてフリーランスになりました。より専門的な知識を得るために大学で学び直そうと考えていたときもありましたし、周囲に…

「部下が指示待ちになりやすい」上司に欠けた視点 | リーダーシップ・教養・資格・スキル「部下には主体的に行動できるようになってほしい」こう思っている上司は今でも多いです。主体性とは平たく言えば、「自分で考えて行動できること」を指します。主体性がクローズアップされた背景には、「指示待ち…

読むべき「いいネット記事」、簡単に選べる5大秘訣 | リーダーシップ・教養・資格・スキルもう10年ほど、私がほとんど一日も休まず日課にしていることがある。それは、およそ1000本のネット記事の見出しに目を通し、その中から「読むべき」と思う記事を10本ほど見つけ出し、毎朝8時にツィッターとフェイ…

日本人特有「ぼっち遺伝子」に負けない3つの方法 | リーダーシップ・教養・資格・スキル慶應義塾大学大学院で幸福学を研究している前野隆司です。私は、人の「幸せ」について、心理学、統計学をベースに研究しています。私が最近、関心を持っているのが「孤独」です。コロナ禍をきっかけに、日本では老… 日本人にネガティブなイメージを植え付けたいサイコパス学者と反日メディアの組み合わせ。 collectivedt はじめまして。 人と環境の回復を目指し、国を越えて同じ思いを持った仲間がブラジルの地に築いた有機栽培の共同体、トルナラオアシス農場です。活動の様子をご覧になって良いと思われましたら、他の方々にも紹介して下さると感謝です。 🌸宜しくお願いします🌸

「部下が指示待ちになりやすい」上司に欠けた視点 | リーダーシップ・教養・資格・スキル「部下には主体的に行動できるようになってほしい」こう思っている上司は今でも多いです。主体性とは平たく言えば、「自分で考えて行動できること」を指します。主体性がクローズアップされた背景には、「指示待ち… 支持待ちにんげんんんん!!!!喝っっっっっっっうごけぇぇぇぇ🔥🔥🔥🔥地獄に落ちてもぉぉぉ拾ってやらぬぞぞぞぞおぞぞぞぞz

ところが、21世紀になって、「数字は嘘をつかない」という前提が大きく揺らいでいる。現在は13世紀の身分社会以上に所得の不平等が広がっている。 近代社会の象徴であるアメリカでは、1973年をピークに男性(年間フルタイムで働く労働者)の実質所得(中央値)は2019年まで下回っていた。明日はよくなるという期待は半世紀ものあいだ、およそ2世代にわたって裏切られていることになる。ようやく2020年になって1973年の水準を5.1%上回った。 その一方で、ビリオネア(10億ドル長者)の人数も彼らの資産額も増加の一途をたどっている。生活水準が半世紀にわたって上がらないということは、アメリカでは年功序列賃金ではないので、入社時と比べて引退時の生活水準は上がっていないことになる。アメリカではこうした人たちが2982万人もいて、彼らがトランプ前大統領のコア支持層を形成していた。もはや私的な利益はすべての人間を導く主ではないのである。近代理念の敗北が1973年から始まっているのである。 そのトランプが2021年1月20日のバイデン新大統領の就任式には出席せず、ワシントン近郊のアンドルーズ空軍基地で退任式を行った。CNNが2021年1月13日に行った世論調査ではトランプ大統領の支持率は34%まで低下した(トランプ大統領として過去最低の35%を下回った)が、共和党員にかぎると80%に上っていた。 トランプ大統領は退任演説で「何らかのかたちで戻ってくる」といい、4年後の大統領選に出馬する可能性を示唆した。アメリカの分断は一層深まる可能性が高くなり、バイデン大統領とトランプ前大統領が対峙する時代となり、中世カトリック教会の「大分裂」(1378〜1417年)を思い起こさせた。 →