事件・事故・裁判, 埼玉県

事件・事故・裁判, 埼玉県

埼玉の乳児遺棄致死 「ばかにしてるのか」 町職員の訪問拒んだ両親 - 毎日新聞

埼玉県美里町で2020年9月に生後3カ月の女児が衰弱死し、両親が保護責任者遺棄致死容疑で逮捕された事件で、親子が事件直前の乳児健診を受診していなかったことがわかりました。

2021/01/21 5:10:00

埼玉県 美里町で2020年9月に生後3カ月の女児が衰弱死し、両親が保護責任者遺棄致死容疑で逮捕された事件で、親子が事件直前の乳児健診を受診していなかったことがわかりました。

埼玉県 美里町で2020年9月、衰弱した生後3カ月の女児を放置して死亡させたとして、両親が保護責任者遺棄致死容疑で逮捕された。美里町と熊谷児童相談所は20日夕の記者会見で、事件直前に乳児健診があったが、親子が受診していなかったことを明らかにした。原田信次町長は「このような事態になり誠に遺憾。再発防止

町の説明によると、町は母親の金井あずさ容疑者(28)が未婚のまま出産した2015年から定期訪問などで支援してきた。その後、19年7月ごろ、裕喜容疑者(29)との交際・同居を確認。裕喜容疑者は関係機関との関わりを拒否する姿勢を見せたため、町や児相、警察などでつくる「要保護児童対策地域協議会」が9月にこの家庭を支援対象とした。あずさ容疑者は、児童福祉法で継続支援が必要とされる「特定妊婦」と判断されていた。しかし、2人は町職員の訪問を嫌がり、20年3月に自宅で養育支援の説明を受けた際、裕喜容疑者は「支援はいらない。ばかにしているのか」と声を荒らげたという。4月以降は新型コロナウイルスの感染拡大を理由に面会を拒否するようになった。5月21日に喜空(きあ)ちゃんを出産した後も職員の自宅訪問を拒んだため、町は受診先の病院との連携や親族を通じた安否確認に努めた。

国宝「鑑真和上坐像」が京都へ|NHK 奈良県のニュース 一度は閉店発表の神奈川のデパート 営業再開できた理由は? | NHKニュース わいせつ根絶へ 教員免許再取得禁止の検討進む - ライブドアニュース

金井喜空ちゃんと両親への支援について説明する原田信次町長(中央)ら=埼玉県美里町役場で2021年1月20日午後3時56分、成澤隼人撮影一方で病院の1カ月健診や、7月27日に親子が町保健センターを訪問した時には、喜空ちゃんにけがなどは見当たらなかったという。町が喜空ちゃんの姿を確認したのは、これが最後になった。事件直前の9月9日。喜空ちゃんは予定されていた乳児健診を受けず、病院は町に連絡。町はあずさ容疑者の親族を通じて接触を図ったが、子どもの安否は確認できなかった。喜空ちゃんは11日に心肺停止状態で救急搬送され、死亡が確認された。

原田町長は「どう判断すべきだったか、今後検証していきたい」と述べた。家族が暮らしていたアパートはJR本庄早稲田駅から北東約3キロにあり、周辺は田畑が広がる。近所に住む男性は「昼夜関係なく、子どもの泣き声や夫婦げんかの怒鳴り声を聞いた」と話す。子どもたちを家に残したまま両親が出かけることもあったという。 続きを読む: 毎日新聞 »

ニュージーランド沖で3度目の大地震 M8.0 日本への津波調査中 | NHKニュース

【NHK】ハワイにある太平洋津波警報センターから気象庁に入った連絡によりますと、日本時間の5日午前4時28分ごろ、南太平洋のケルマ…