入院中の乳児10人に血症 群馬大病院、水道水が原因か | 毎日新聞

Redirecting to full article in 5 second(s)...

群馬大は20日、群馬大病院の新生児集中治療室(NICU)などに入院中の乳児10人が水道水が原因とみられるメトヘモグロビン血症を発症したと発表した。10人は全員快方に向かっているという。