サッカー

サッカー

同性パートナー公表したら スポーツ、固定観念破りたい:朝日新聞デジタル

同性パートナー公表したら スポーツ、固定観念破りたい

2021/03/03 8:08:00

同性パートナー公表したら スポーツ、固定観念破りたい

サッカー 選手・下山田志帆さん 女子 サッカー 選手の下山田志帆さんは、同性のパートナーがいることを公表しています。ジェンダーや性の多様性について、スポーツ界がこれまでどんな見られ方をされ、これからどんな…

一方で、モデルにしたいのは米国の女子サッカーリーグです。「男女平等を一緒に発信しよう」というスポンサーの集め方で成功してきました。WEリーグも「日本の女性活躍社会を牽引(けんいん)」を意義として掲げ、各クラブの参入基準に「運営法人を構成する役職員の50%以上を女性とする」「意思決定に関わる者のうち少なくとも1人は女性とする」といったことを設けています。こういう姿勢に、リーグの価値を感じる人は増えると思います。性の多様さを一つの魅力、強みとしていくことで、関わりたい人を増やしていく要因にもなると思います。実は、女子サッカー界は性の多様さに寛容です。ただ、これまで表向きには色々な性のあり方があることを隠そうとしてきました。

「衝動的に飲んだ」 授業中に飲酒、公立小教諭を減給処分 沖縄 - ライブドアニュース ねこねこチーズケーキ“苺尽くし”の限定フレーバー、苺風味のホイップ&パウダーをたっぷり - Peachy - ライブドアニュース 日本コカ・コーラ、「檸檬堂」500ml缶″ホームランサイズ″新発売 - ライブドアニュース

けれども、社会には性の多様性に声を上げる人たちがたくさんいて、色々な企業がダイバーシティー・インクルージョン(多様性・包摂)を打ち出している。女子サッカーもそれを打ち出せないと、選手たちも苦しくなると思っています。アスリートが発信すると私が2019年2月に同性のパートナーがいることを公表した時、日本の現役スポーツ選手でLGBTQの当事者であることを公表している人はほとんどいませんでしたが、その状況で気づいたのは、アスリートの立場から発信すると、ポジティブに捉えてもらえやすいということです。(東京五輪・パラリンピック組織委員会前会長の)森喜朗さんの女性蔑視発言で、アスリート側からの声も徐々に上がりましたが、基本的にアスリートが発信する時に怖がるのは、クラブ側の炎上リスクとスポンサーに迷惑がかかる懸念です。だから、リーグや所属クラブ、スポンサーは「同じ意見だ」と、声を上げる選手の背中を押し、正しいことをしているというポリシーを共通して持ってほしいのです。

我々女子サッカー選手はなぜ、「サッカーの魅力」より「女子サッカーの魅力」を問われることが多いのか。それを考える必要もあると思います。女子は男子よりスピードが遅く、体格が小さくパワーが劣るから魅力に欠ける。長らくそう言われてきました。そのたびに、私たちもまず男子と比較する。そのうえで何がいいところなのか、を必死に探す。魅力を答えるのが難しいのです。 続きを読む: 朝日新聞(asahi shimbun) »

防災に携わる思い「より多くのひとの命を助けたい」三戸消防署 川村亮太朗さん

東日本大震災から10年、これからの防災を担っていく世代の思いを紹介します。3回目は、三戸消防署(取材当時)の若手消防士、川村亮太朗さんです。

こういうの、公表して何がしたいの? 彼氏や彼女がいる・いないなんて、そもそも公表する必要もないわけだが。みんなに同性愛について共感してもらいたいの?別に共感しないけど迫害もしないから、好きにすりゃいいのに。 差別はいけないが、同性愛等について、どう思うかは個人の自由。思想信条の自由。