双子パンダ誕生から一夜 高まる上野の「お祝いムード」:朝日新聞デジタル

双子パンダ誕生から一夜 高まる上野の「お祝いムード」

2021/06/24 5:26:00

双子パンダ誕生から一夜 高まる上野の「お祝いムード」

上野動物園(東京都台東区)のジャイアントパンダ「シンシン」の双子出産で、地元がお祝いムードに包まれている。 松坂屋上野店の正面入り口には24日、「祝 赤ちゃんパンダ誕生おめでとう」と書かれた長さ18…

続きを読む: 朝日新聞(asahi shimbun) »

【東京五輪】 なるべく見えないよう……都心から排除されるホームレスの人々 - BBCニュース

東京オリンピックの最中、都心で暮らすホームレスの人々は、世間の目に触れないよう圧力をかけられている。

オリパラは開催確定ですね。 大いに盛り上げてくださいね。 私はオリパラを盛大に盛り上げる朝日新聞のツイートにすぐに反応できるように、この画像を用意して待ってますから。 学生時代の就活である大手企業の筆記試験で上野動物園のパンダについて書いたことがありました。設問は忘れましたが、つぎの面接でとても誉められました。その後の面接で選考からもれましたが、今でもあの作文は神がかり的で忘れられません。上野のパンダには思い入れがあります。 白浜の100倍扱うね上野だと。 コロナ感染拡大で、このままだとオリパラは壊滅でしょう。もはやラストチャンスです。 二ヶ月延ばして、九月末からオリパラを合同開催しましょう。これなら「スポーツの原点に戻る」という大きな意義があります。国民的合意も得られると考えます。 スケジュール的.には、開会式-オリ-パラ-閉会式で。

把握難しい保育士の性暴力 犯歴あっても取り消しなしも:朝日新聞デジタル全国の保育施設などで働く保育士のうち、過去10年あまりで少なくとも20人が、教え子への性暴力を理由に保育士登録を取り消されていたことが、朝日新聞の調査でわかった。ただ、性暴力などの不祥事の把握は、保… 性犯罪とセクハラに甘すぎる国。 野蛮な前近代思考が優先される気持ち悪い国 道路だけきれいにしても こういうところが 薄汚い。 国も自治体もいい加減管理しろよ

50キロ競歩の鈴木が五輪辞退 コンディション不良で :朝日新聞デジタル日本陸連は22日、東京オリンピック(五輪)の男子50キロ競歩の代表に内定していた鈴木雄介(富士通)が、コンディション不良を理由に出場を辞退したことを明らかにした。代わりに補欠の勝木隼人(かつきはやと…

英国、TPP加盟交渉開始へ 「30年に貿易65%増」:朝日新聞デジタル環太平洋経済連携協定(TPP)への参加を申請している英政府は21日、加盟11カ国との交渉を22日から始めると発表した。加盟によって金融やITサービス、自動車、ウイスキー、農産品などの輸出拡大をめざす…

空気銃で猫を撃って死なせた疑い 男を逮捕 千葉県警:朝日新聞デジタル空気銃で猫を撃って死なせたとして、千葉県警が22日、千葉市内の40代の男を動物愛護法違反(愛護動物の殺傷)と銃刀法違反の疑いで逮捕したことが、捜査関係者への取材でわかった。 捜査関係者によると、男は… なんで実名報道しないの? どっかのアルピニストかよ。 在日かどうか 国籍を報道しろ

16歳の誕生日、両足切断の危機 すさんだ心救った介護:朝日新聞デジタル夏の甲子園が夢だった。やんちゃでもあったからバイク事故をおこして両足切断の危機に遭った。西原隼登(はやと)さん(34)=和歌山市=は今は「介護ユーチューバー」となり、介護職の楽しさを知ってもらうとい…

作品売らない陶芸家 病床の母に教わった「生きる自信」:朝日新聞デジタル愛くるしい姿で見る人を和ます陶芸の人形たちがいる。その数、4500体。最愛の母親を失った女性が21年にわたり作り続けている。大切な思いがこもっているから、売っていない。 「生きる自信、道しるべをもら…