環境・科学, 福岡, 環境, 福岡県

環境・科学, 福岡

北九州市がサステナビリティ債 自治体初、今年度100億円予定 | 毎日新聞

北九州市が、国連が推進するSDGs達成に向けた資金調達に限定した市債「サステナビリティボンド」を発行する方針を明らかに。全国の自治体で初といいます。

2021/06/18 4:42:00

北九州市が、国連が推進するSDGs達成に向けた資金調達に限定した市債「サステナビリティボンド」を発行する方針を明らかに。全国の自治体で初といいます。

北九州市の北橋健治市長は17日の定例記者会見で、国連が推進するSDGs(持続可能な開発目標)達成に向けた資金調達に限定した市債「サステナビリティボンド」を発行する方針を明らかにした。市によると、全国の自治体で初めての取り組み。「北九州市SDGs未来債」の愛称で9~10月の発行を目指す。【青木絵美】

市は未来債で調達した資金の使い道として、洋上風力発電など再生可能エネルギー事業▽気候変動に対応した防災対策▽廃棄物処理▽自然環境保全につながる公園整備▽特別支援学校や小中学校、保育所など人材育成環境の整備――などを想定する。今年度発行予定の市債1100億円のうち100億円を未来債とし、機関投資家向けに発行する予定。1口あたりの購入額を抑えた個人投資家向けも検討する。市によると、環境債は東京都や長野県、社会貢献債は東京都で発行例があるが、両方に対応した自治体はない。北橋市長は市のSDGs未来都市計画の達成に向け「新たな投資家を開拓したい」と述べた。

「劇場版 呪術廻戦」キャスト発表、主人公・乙骨憂太役は緒方恵美 - ライブドアニュース 『劇場版 呪術廻戦』キャスト発表 乙骨憂太役は緒方恵美 キャラボイス初公開の映像も解禁 - ライブドアニュース ベビースター×竹下製菓で「ベビースターラーメンチョコアイスバー」爆誕 - ライブドアニュース

一方、市の市債発行残高は1兆1512億円(2019年度決算)。市民1人当たり121万1000円と20政令市の中で最多で、市は残高抑制にも取り組むとしている。 続きを読む: 毎日新聞 »

東京都 新型コロナ 3177人感染確認 2日連続で過去最多 | NHKニュース

【NHK】東京都は28日、都内で新型コロナウイルスの感染が確認された人は初めて3000人を超えて3177人だったと発表しました。都…

ORICON NEWS:映画『鬼滅の刃』Blu-ray&DVD発売で「無限上映会」話題 繰り返し見るファン続々 | 毎日新聞

アフリカのワクチン接種わずか2% 資金足りず、国際支援も滞り | 毎日新聞先進国で新型コロナウイルスのワクチン接種が進む一方で、アフリカの遅れが顕著になっている。多くの国が自前でワクチンを調達する資金がなく、国際機関などからの支援に頼っているためだ。1回以上接種を受けた人は人口の2%程度(6月13日時点)にとどまり、景気回復の足かせにもなると見られている。 konishihiroyuki アフリカ諸国は いつまでも発展途上国 いい加減にしろ シャリ・マークソン氏「中共軍の科学者が2020年2月に最初の新型コロナワクチン特許を申請、中共がパンデミックを承認する前にワクチンを開発したことを示唆」 このニュースの完全版は以下のリンク YouTube にてご覧ください

侍ジャパン・稲葉監督、東京五輪代表24人全員への期待の言葉 | 毎日新聞野球日本代表「侍ジャパン」の稲葉篤紀監督は16日、東京都内のホテルで記者会見し、東京オリンピックに臨むメンバー24人を発表した。稲葉監督が会見で語った各選手への期待は次の通り。 なんとかジャパン って阿呆みたい。 おいおい毎日新聞はオリンピック開催に反対だったよな。「侍ジャパン」もきちんと批判しないとだめだよ。 期待してるぞ

「アンメルツ」と「ウルトラマン」コラボ デザインにSNS騒然 | 毎日新聞小林製薬(大阪市)は、全国の薬局などで「ウルトラマン」とコラボした消炎鎮痛剤「アンメルツ」の製品を23日に発売する。アンメルツとウルトラマンが今年55周年を迎えることが“合体”のきっかけ。数量限定で、白いボトルにウルトラヒーローの顔が付いた専用キャップが付いており、ツイッター上では「衝撃」「どうし 毎日新聞が報道すべき記事ではないww

五輪期間中に緊急事態再宣言の可能性も 専門家組織試算 | 毎日新聞厚生労働省に新型コロナウイルス対策を助言する専門家組織の会合が16日開かれ、感染力が強いインド株の影響が仮に小さかったとしても、7月からの東京オリンピック期間中に緊急事態宣言が再度必要になる可能性があるとの試算が示された。まとめた国立感染症研究所や京都大などのチームは、観客ありで開催すると無観客開 なんか言ってる事が支離滅裂 ふむふむなるほど‼️🙂 国内でコソコソ言わずにWHO経由IOCへ警告してみろ

「熟成ワイン」引き揚げ 海底で半年、波の振動で美酒に | 毎日新聞波の振動で熟成を促す目的で、神奈川県三浦市の小網代湾に沈められたワイン約120本が15日、およそ半年ぶりに引き揚げられた。ケースに入れて水深約10メートルに沈められていたワインボトルには、フジツボがびっしり付着していた。【岩崎信道】