余録:輝かしい物語として語られる1964年東京五輪でも… | 毎日新聞

余録:輝かしい物語として語られる1964年東京五輪でも…

オピニオン, 朝刊1面

2021/07/23 0:10:00

余録:輝かしい物語として語られる1964年東京五輪でも…

輝かしい物語として語られる1964年東京五輪でも、開催反対や中止を求める声はあった。お祭り嫌いという作家の松本清張(まつもと・せいちょう)は「中止になる予感」を抱きつつ、「中止になったら、さぞ快いだろう」と記した▲そんな声が忘れられたのは、戦災から復興した日本がその内に「世界」を迎え入れた集合的体

続きを読む: 毎日新聞 »

巨大ピザを発明する「美食学」や馬上槍を学ぶ「騎士学」など、おかしなカリキュラムばかりの大学を作るゲーム『ツーポイントキャンパス』が5月17日に発売決定 | 電ファミニコゲーマー – ゲームの面白い記事読んでみない?

開発元のTwo Point Studiosは日本時間の1月28日(金)、『ツーポイントキャンパス』を5月17日(火)に発売すると発表した。 続きを読む >>

よく前回も反対は有ったとウソを持ち出す人がいるけど、そんなの変わり者がいう一般人には届かない程度のものといってたよ。これを持ち出す連中は今回の反対が国民の怒りだということを理解出来ない連中なのか? ま、それではメディアで働く意味無いと思うが。

余録:「数え切れないほど大勢の男が… | 毎日新聞「数え切れないほど大勢の男がみんな丸裸で海水の中に立ち並んでいる」。物理学者の寺田寅彦(てらだとらひこ)が幼少時の思い出を記した随筆「海水浴」の一節だ。虚弱だった寺田は医師のすすめで1881年の夏に愛知県の大野海岸(常滑市)を訪れた▲通説では日本初とされる神奈川県大磯町の海水浴場開設の4年前。近代

余録:「数え切れないほど大勢の男が… | 毎日新聞「数え切れないほど大勢の男がみんな丸裸で海水の中に立ち並んでいる」。物理学者の寺田寅彦(てらだとらひこ)が幼少時の思い出を記した随筆「海水浴」の一節だ。虚弱だった寺田は医師のすすめで1881年の夏に愛知県の大野海岸(常滑市)を訪れた▲通説では日本初とされる神奈川県大磯町の海水浴場開設の4年前。近代

ヘイト声明のDHCが「マル秘」謝罪文 提出先には非公開を要求 | 毎日新聞化粧品会社ディーエイチシー(DHC)がホームページ(HP)に在日コリアンを差別する文章を掲載した問題で、DHCが非を認めて謝罪する文書を、協定を結ぶ自治体に水面下で提出していたことが判明した。DHCは公式の謝罪や説明を避けており、謝罪文を渡した自治体にも文書の非公開を要求している。情報公開請求で得 差別?どこが? 謝罪などする必要ないのに、 GekkanNippon 姑息。恥を知れ。

社説:コロナと熱中症 感染対策との両立が必要 | 毎日新聞全国で梅雨が明け、暑い日が続く。最高気温が35度以上の猛暑日となっているところもあり、熱中症への警戒が必要だ。 熱中症は、暑さで体温を調節する機能がうまく働かなくなることで起きる。急に気温が上がる今ごろの時期が危ない。 そんな悠長なこと言ってる場合?

宇宙飛行士を被ばくからどう守る? 強い放射線 月探査へ影響は | 毎日新聞米国を中心に、月や火星の有人探査を目指す動きが活発になっている。一方で、課題になってくるのは宇宙放射線による被ばくのリスクだ。今後、長期間の有人探査が実現した場合に、宇宙飛行士をどのように宇宙放射線被ばくから守ったらよいのだろうか。 InvitationToRapture 당신이 지구에서 행하는 행위들은 당신의 영생에 직접적인 영향을 미칩니다.

社説:かすんだ「復興五輪」 被災地の思いを忘れずに | 毎日新聞東京オリンピックの開会式に先立って、一部競技がきのうから始まった。福島県でソフトボール、宮城県では女子のサッカーが行われた。 東日本大震災の被災地である両県は「復興五輪」の象徴だ。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大で、その看板はかすんでいる。 「復興五輪」をさんざん茶化しといて「被災地の思いを忘れずに」が聞いて呆れる。 宮城での有観客も狂乱して反対していたのに、どの口で言っているのでしょう。 色んな意味で普通ではないメディアです。 何が言いたいのか意味不明な社説。