「なぜPLが取手二に負けたのか」桑田真澄さんの自問 「木内野球」伝説の夏 - 毎日新聞

Redirecting to full article in 0 second(s)...

高校野球界を代表する名将、木内幸男さんが24日、肺がんのため89歳で亡くなった。 木内さんの監督人生のハイライトは、茨城・取手二を率いて臨んだ1984年夏の甲子園決勝だろう。桑田真澄さん、清原和博さんを擁する大阪・PL学園との決勝を延長で制し、茨城県に初の優勝旗をもたらした。