マスクだけじゃない プラごみ問題とコロナ禍 : 編集委員の目 : Webコラム

編集委員 伊藤剛寛 通勤途中、駅までの十数分で2枚、駅のホームで1枚。ある休日、1時間ほどの散歩で5、6枚。落ちていたマスクの数だ。不織布が多い。マスクの性能の面から、不織布製が薦められていることも関係しているのだろう。

編集委員の目, プラごみ

2021/12/04 0:05:00

「不織布マスクは、主にプラスチック繊維が原料です。しかし、そう認識していない人が多い」。大阪商大の 原田禎夫 准教授はこう話す。河川ごみの調査では必ずマスクが見つかるという。マスクだけではない。 コロナ 禍であらわになった プラごみ 問題。 # 編集委員の目 プラごみ

編集委員 伊藤剛寛 通勤途中、駅までの十数分で2枚、駅のホームで1枚。ある休日、1時間ほどの散歩で5、6枚。落ちていたマスクの数だ。不織布が多い。マスクの性能の面から、不織布製が薦められていることも関係しているのだろう。

「河川のごみの調査では必ずマスクが見つかります」大阪商業大学准教授(公共経済学)の原田禎夫さんはこう話す。京都府亀岡市でNPO法人「プロジェクト保津川」の代表も務め、河川の環境保全活動を続けている。「実は、不織布マスクは、主にプラスチック繊維が原料です。しかし、そう認識していない人が多い。はっきりとプラスチックだと分かる表示がなされていないのが問題です」ポイ捨てばかりではなく、誤ってポケットから落ちたりするケースも多いと見られる。しかし、「プラスチックなので土には返らない」という知識がないと、注意も向かわない。衛生面を配慮し、可燃ごみとして処理される。

「布」の字を使うことや、紙のような見た目からの誤解だろう。雨などで川や海に流出すると、魚や鳥が食べるなどして被害を受ける。世界的な問題になっている、プラスチックごみ(プラごみ)による環境汚染の一因となるのだ。「不織布マスクはプラスチックだから、きちんと処理しなくてはいけないと知ることが第一歩。わかりやすく表示したり、啓発したりすべきです」と原田さん。香港に拠点を置く海洋保護団体「オーシャンズアジア」の推計によると、2020年に海に流出したマスクの数は、15億6000万枚に上る。世界の年間製造量520億枚の3%に当たるという。

続きを読む: 読売新聞オンライン »

かわいい魔女っ子ノベタと古城を探索するアクションシューティング『リトルウィッチノベタ』の正式版が9月29日に発売決定。限定版は「ホロライブ」とのコラボパッケージに

台湾に拠点を置くPupuya Gamesは5月13日(金)、3Dアクションシューティングゲーム『Little Witch Nobeta(リトルウィッチノベタ)』の正式版を9月29日(木)に発売すると発表した。 続きを読む >>

rockfish31 有料の部分に書いてあるかもしれんが、大抵の市町村ではマスクは燃えるゴミでプラごみではない🈲これみて間違ったゴミ出しする人出かねないんだから、中途半端な記事はやめてほしい。 マンションの各階のゴミ置場は、分別意識の少ない人が多いと感じる🧔 マスク規制してる政府がマスクを捨てるためのビニール袋をスーパーやコンビニで無料配布すればよろし 大量安売販売にもそろそろ触れるべきでは? ハングル文字のゴミもたくさん😠 マスクはコンビニ袋を購入し、そこに入れてプラごみと一緒に捨ててます 편리 가 만든 불편

相次ぐ経営トップの退任表明…「裸の王様」「独り相撲」では職責を全うできない : デスクの目~経済部 : Webコラム2021年も残すところ1か月。今年は、著名企業の経営トップが不本意な形で退任を表明するシーンが多い1年だった。それぞれのトップが表舞台を降りる時、どんな言葉を残したのかを振り返ってみた。 #デスクの目~経済部 #経営トップ交代

どこに潜む、シャア・アズナブルより“強い”潜水艦 : デスクの目~社会部 : Webコラム以前、海上自衛隊の潜水艦「なるしお」に乗り、体験航海をする機会があった。無機質な機械類がむき出しになっている艦首部分の魚雷発射管室で、ベッドが置かれているのを見つけた。「これって何ですか?」。そう尋ねると…… #デスクの目~社会部 #海上自衛隊 日本の潜水艦の実弾演習が防衛予算の不足で、年に一度火薬抜きのものを一発しか打てないと聞いた覚えがあります。 更にその規定の魚雷の搭載数も搭載出来ず撃つ弾自体が不足しているそうです。 防衛メーカーにはツケ払い。 陸自の弾丸も不足。有事に役に立たない状況です。 防衛予算が圧倒的に少ない!

「認知症界のレジェンド」長谷川和夫さんが残したもの : 安心コンパス : Webコラム認知症医療とケアに多大な功績を残した「認知症界のレジェンド」、精神科医の長谷川和夫さんが亡くなった。2017年には自らが認知症になったと公表し、「診る側」「診られる側」双方の立場から社会に発信、認知症と共に歩んだ92年の生涯だった。 #安心コンパス #認知症

通勤途中、駅までの十数分で2枚、駅のホームで1枚。ある休日、1時間ほどの散歩で5、6枚。落ちていたマスクの数だ。不織布が多い。マスクの性能の面から、不織布製が薦められていることも関係しているのだろう。コロナ禍の前は、インフルエンザが流行する冬場に目につく程度だったが、通年で見かけるようになった。 「河川のごみの調査では必ずマスクが見つかります」 大阪商業大学准教授(公共経済学)の原田禎夫さんはこう話す。京都府亀岡市でNPO法人「プロジェクト保津川」の代表も務め、河川の環境保全活動を続けている。 「実は、不織布マスクは、主にプラスチック繊維が原料です。しかし、そう認識していない人が多い。はっきりとプラスチックだと分かる表示がなされていないのが問題です」 ポイ捨てばかりではなく、誤ってポケットから落ちたりするケースも多いと見られる。しかし、「プラスチックなので土には返らない」という知識がないと、注意も向かわない。衛生面を配慮し、可燃ごみとして処理される。 「布」の字を使うことや、紙のような見た目からの誤解だろう。雨などで川や海に流出すると、魚や鳥が食べるなどして被害を受ける。世界的な問題になっている、プラスチックごみ(プラごみ)による環境汚染の一因となるのだ。「不織布マスクはプラスチックだから、きちんと処理しなくてはいけないと知ることが第一歩。わかりやすく表示したり、啓発したりすべきです」と原田さん。 香港に拠点を置く海洋保護団体「オーシャンズアジア」の推計によると、2020年に海に流出したマスクの数は、15億6000万枚に上る。世界の年間製造量520億枚の3%に当たるという。 「マスクだけではありません」と原田さんは強調する。「コロナ禍は、プラごみの問題全体を、改めてあらわにしたと言えます」 マスクなどの医療系のごみのほか、巣ごもり生活によるテイクアウトや通販、食品の個包装などで、プラスチックが大量に使われることになった。 原田さんらは、コロナ禍の影響を調べるため、全国の都道府県庁所在地に、ごみの量のデータ提供を依頼。2020年4月~6月と、19年4月~6年を比較すると、「容器包装プラスチック類」は10.5%増えていた(回答のあった36自治体のうち、容器包装プラスチック類を個別回収しているのは26自治体)。 「コロナ禍で、家庭からのプラごみは増えました。今後、社会・経済活動が回復すると、事業系のプラごみが増えてきます。そうすると処理はパンクします」