インドネシア首都移転、環境破壊の調査開始 地元の声は:朝日新聞デジタル

インドネシア首都移転、環境破壊の調査開始 地元の声は

16.9.2019

インドネシア首都移転、環境破壊の調査開始 地元の声は

インドネシアで計画が進む首都移転をめぐり、候補地のカリマンタン(ボルネオ島)で環境破壊への懸念が強まっている。政府は16日、リスクを減らすため、現地での調査を始めたと発表した。一方、地元では開発にと…

8月末に指定された候補地の近くにある、東カリマンタン州バリクパパンのマレーグマ保護センターの職員、リツキ・アメリアさん(22)は不安の声を上げる。「ただでさえ、動物のすみかは狭まっている。首都移転となれば、さらなる悪影響は避けられないだろう」

続きを読む: 朝日新聞(asahi shimbun)

インドネシアは金持ちだな。相当の金がかかるはずだけど。人口というのはやはり力だな。日本で若い人たちが子供を持てない状況に追い込まれているのに比べると良い国なのかな。

M高史、人脈生かし選手の裏話を披露 MGCライブ解説:朝日新聞デジタル東京五輪の代表選手を選考するマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)は15日、五輪本番とほぼ同じコースで行われます。男子が午前8時50分、女子は午前9時10分にスタートします。 朝日新聞デジタル… いばるな! 日本野郎

千葉大病院のアレルギー疾患情報サイトで災害対応を紹介:朝日新聞デジタル■台風15号支援通信 台風15号の被災地で役立ててもらおうと、千葉県のアレルギー疾患医療拠点病院に指定されている千葉大学病院は「アレルギー疾患情報サイト」(https://www.ho.chiba-u… 情報サイトあっても、その情報自体が取り込めない環境が問題なんです🤞 電波障害が起きても全体に情報をどうやって伝えるか学習一番の問題ですよね。

命が躍動する屋久島の夏 水中写真家の高久さんが撮影:朝日新聞デジタル夏の屋久島の海で、新しい命が生み出される光景を島在住の水中写真家、高久至さん(37)が撮り続けている。 夜明けの海に潜ると、口の中で育てられたホシカゲアゴアマダイの稚魚が、吐き出されるように立ち昇っ…

「大成功」だったMGC、東京五輪後への継承が課題:朝日新聞デジタル(15日、マラソングランドチャンピオンシップ) 出場選手の所属企業や出身地から来た応援団など観衆が沿道を切れ目なく埋め尽くした。その数は主催者発表で実に52万5千人。「応援がすごくて諦めるわけにはいか… 一発勝負は、分かりやすいからね。 開催中は外堀通りが横断出来ず、地下道を渡るようになってたけど、オリンピックの時は大混乱だろうな そうでなくとも通勤時間の飯田橋駅地下道は混雑するのに外堀通り渡れないJR使用者が全員地下に回る事になると…会社休むしかないな

クマの出没、増えるかも ドングリ「凶作」で警戒を:朝日新聞デジタルわっ! こんなところにツキノワグマが――。この秋、思いがけない場所にまでクマが現れて驚かされるかもしれない。今年は標高の高い場所でドングリの実りが悪く、冬眠前に食べ物を求めて人里に下りてくる可能性が…

大迫傑「2位とれればと思ったが、完敗」 MGC3位:朝日新聞デジタル15日の東京五輪マラソン代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」で、男子日本記録保持者の大迫傑(ナイキ)は終盤のスパートで優勝の中村匠吾(富士通)、2位の服部勇馬(トヨタ自動車)に…

コメントを書く

Thank you for your comment.
Please try again later.

最新ニュース

ニュース

16 9月 2019, 月曜日 ニュース

前のニュース

池江璃花子「TVみて勇気もらった」 ツイッター更新:朝日新聞デジタル

次のニュース

正恩氏が米朝平壌会談を提案 8月、トランプ氏に親書
前のニュース 次のニュース