東京, 入管・難民問題

東京, 入管・難民問題

「DVなのに保護されない?」 スリランカ女性遺族の無念 | 毎日新聞

名古屋出入国在留管理局で3月に死亡したスリランカ人女性ウィシュマさん。遺族2人が「死をめぐる真実を知りたい」と姉の死に対する無念の思いを語りました。

2021/05/13 23:50:00

名古屋出入国在留管理局で3月に死亡したスリランカ人女性ウィシュマさん。遺族2人が「死をめぐる真実を知りたい」と姉の死に対する無念の思いを語りました。

「姉はDV(ドメスティックバイオレンス)被害者だったのに、拘束され適切な治療も受けられなかった。日本人ならこうはならなかったのでは……」。名古屋出入国在留管理局(名古屋市)で3月に死亡したスリランカ人女性ウィシュマ・サンダマリさん(当時33歳)の遺族2人が毎日新聞のインタビューに、姉の死に対する無

「事実を見つけるために来た」2人はウィシュマさんの妹で次女のワユミさん(28)と三女のポールニマさん(26)。1日に支援者らの協力で来日し、15日まで自主隔離。インタビューは10日にオンラインで行った。16日にウィシュマさんの葬儀に出席し、19日前後に東京都内で記者会見を予定している。日本に来たのは「姉(の遺体)に対面し、事実を見つけるためだ」と説明。これまでに、ウィシュマさんの支援者向けの手紙や装飾具、ペンなど遺品の一部を見たという。ワユミさんは「母のように優しかった姉のことが次々思い出されて悲しみを新たにしている」と話した。

Amazonが偽レビューまみれの中国ブランド600超を追放したと発表 - ライブドアニュース 完全新作『劇場版マクロスΔ』10・8公開 キービジュアル&本予告映像が解禁 - ライブドアニュース 300社へ応募も採用なし 巨大な看板で自分を売り込む北アイルランドの男性 - ライブドアニュース

ワユミさんらは、ウィシュマさんを撮影した名古屋入管の監視カメラの映像を開示するよう求めている。だが、出入国在留管理庁が「保安上の必要性や本人のプライバシー」を理由に拒否していることを知らせると、「失望している」と発言。上川陽子法相ら関係省庁の幹部に面会して説明を求めたいと強調した。上川氏は衆院法務委員会での答弁で、遺族と面会しない意向を表明している。ポールニマさんは「日本は発展した国であり、安定した(社会)システムがあるのに、なぜこんなことが起きるのか不思議だ。ぜひ映像や検視記録などを確認したい」と語った。2人によると、これまで日本側から直接的な接触や事情の説明はないという。

「日本は安全」と語っていたのに……ワユミさんらによると、ウィシュマさんは生前、日本について「安全な国で人々も優しい」と語り、否定的なことは口にしなかった。スリランカで教えていた語学学校にいた日本人の同僚から日本の歌を習ったり写真を見せてもらったりしたことがあると言っていたという。 続きを読む: 毎日新聞 »

秋元司衆院議員に懲役4年の実刑判決 IR汚職事件 東京地裁 | NHKニュース

【NHK】IR・統合型リゾート施設の事業をめぐる汚職事件で、収賄と証人買収の罪に問われた秋元司衆議院議員に東京地方裁判所は懲役4年…

保護されてますけど。 祖国に早く帰ることができていればと悔やまれます mizuhofukushima だーかーらー 入管は夫婦喧嘩の の仲裁機関じゃねーんだ 自分たちの国に帰ってから じっくりDV問題に取り組めよ 姉妹揃ってアホやな 人が亡くなったのは事実だし、事件の追及と対策が必要なのは事実(=゚ω゚)ノ でもねそれはそれ、これはこれ、法整備と個別案件は並行して進めていく別の事やで(=゚ω゚)ノ

常夏通信:その93 戦没者遺骨の戦後史(39)政府が「水葬」方針を転換 | 毎日新聞昨年の12月31日、大みそかの毎日新聞朝刊1面トップに、戦没者遺骨に関する記事が掲載された。熊谷豪記者による特ダネだ。見出しは「海の戦没遺骨、収容 『水葬扱い』転換 海外に30万体 政府方針」、記事は「政府は太平洋戦争戦没者の遺骨収容事業で、撃沈された艦船の乗員など今も海没したままの遺骨を収容する

社説:高齢者のワクチン接種 かけ声だけでは混乱招く | 毎日新聞高齢者への新型コロナウイルスワクチンの接種がようやく進み始めた。菅義偉首相は1日100万回の接種をめざし、65歳以上の高齢者への2回接種を7月末までに終わらせると宣言している。 日本の五輪開催層はコロナで日本と世界がどうなろうとも日本はアジアで2度目の五輪パラを中韓に先行されてはならいと思っている コロナ死 「この程度のさざ波」 「これで五輪中止とかいうと笑笑」 コロナで、 晋三批判に果敢に噛みついていた元外務官僚、 コロナで死んだ。 意見を聞きたかった。 スムーズなワクチン配布と ふんだんな接種会場 アクセスしやすい予約システムがあれば混乱しなかったと思う。ワクチンが不足する中で 小出しになり医師不足、会場不足で圧倒的多数の需要に追いつかない。4波の感染爆発と重なったことも混乱に拍車をかけている。

宣言延長の関西3府県 商業施設、イベントなどの対応は? | 毎日新聞大阪など4都府県に発令中の新型コロナウイルスの緊急事態宣言は12日から、31日まで延長される。対象地域も愛知、福岡両県が加わり6都府県に広がる。政府は、変異株による新規感染が急拡大中の北海道を追加することも検討している。

余録:近代憲法の起源とされる… | 毎日新聞近代憲法の起源とされる英国のマグナカルタ(大憲章)では、貴族たちはその評議会の同意なしに王から金を徴収されることはなかった。ただ例外もある。その一つ、王の身代金の支払いは臣下の義務とされた▲「身代金」とは不思議に思われようが、マグナカルタの制定直前には英国王が十字軍遠征の帰途にオーストリアで捕らわ 王の身代金の話

ヘイトクライムの適用求める 米マッサージ店銃撃で検察側 | 毎日新聞米南部ジョージア州で3月16日、マッサージ店が銃撃され、アジア系女性6人を含む8人が死亡した事件で、地元検事は11日、白人のロバート・アーロン・ロング容疑者(22)に対し、アジア系や女性に対するヘイトクライム(憎悪犯罪)の適用を求める方針を明らかにした。死刑を求めるともしている。米メディアが伝えた

バイデン米政権、洋上風力発電計画を初承認 洋上風力能力3倍に | 毎日新聞バイデン米政権は11日、米東部マサチューセッツ州の沖合で計画中の大規模洋上風力発電プロジェクトを承認したと発表した。温室効果ガス削減に向けて再生可能エネルギー発電の普及を目指す政策の一環。バイデン政権が洋上風力発電の主要プロジェクトを承認するのは初めてとなる。