北米, 中東, アフガン政権崩壊, アフガニスタン, アメリカ

北米, 中東

「家族はもう戻らない」 カブール誤爆、誤情報が引き起こした悲劇 | 毎日新聞

「家族はもう戻らない」 カブール誤爆、誤情報が引き起こした悲劇 米軍は17日、アフガニスタンの首都カブールで8月29日に行った無人機攻撃は誤爆だったと発表。攻撃で子供7人を含むアフガン人10人が死亡しました。

2021/09/18 13:00:00

「家族はもう戻らない」 カブール誤爆、誤情報が引き起こした悲劇 米軍は17日、 アフガニスタン の首都カブールで8月29日に行った無人機攻撃は誤爆だったと発表。攻撃で子供7人を含むアフガン人10人が死亡しました。

米軍は17日、 アフガニスタン の首都カブールで8月29日に行った無人機攻撃は誤爆だったと発表した。攻撃で子供7人を含むアフガン人10人が死亡していた。米軍は当初、過激派組織「イスラム国」(IS)系の「ISホラサン州」(IS-K)の戦闘員を狙った攻撃だと説明していた。

米軍による誤爆があったのは8月29日。その3日前にはカブール空港付近で過激派組織「イスラム国」(IS)系の「ISホラサン州」(IS-K)による自爆テロが起きており、米軍は当時、さらなるテロを警戒していた。米軍や米メディアによると、米軍は「次のテロでは、トヨタの白のカローラが使われる」との情報を入手していた。こうした中、米軍が「ISのアジト」と警戒していたカブール市内の施設近くに立ち寄ったのが、白のカローラに乗ったアフマディさんだった。米軍はこの車を無人機で約8時間にわたって追跡。そして「爆発物を積んだ」と判断して攻撃した。しかし調査の結果、米軍が「爆発物」と認識したのはアフマディさんが家庭用に運んでいた水の容器だったと判明した。

ホーム転落、男性を助けてくれた6人へ 駅に「連絡して」張り出し - ライブドアニュース 旭川と稚内 網走で初雪 北海道内の平野部で今季初の観測 | NHKニュース 五木ひろし紅白不出場を明言「区切りつけた」歴代最長50回連続で「終了」 - ライブドアニュース

米軍は当初、「標的が相当量の爆発物を積んでいたため、二次的な爆発が起きた」と説明していたが、この「二次的な爆発」も一般的なプロパンガスかガソリンタンクによる火災の可能性が高いことが分かった。遺族によると、車で外出中だったアフマディさんらの帰宅時に攻撃があり、駆け寄った子供たちも巻き添えになったという。アフマディさんは難民として米国への移住を申請していた。自らも娘を誤爆で失ったエマルさんは18日、改めて「家族はもう戻らない」と語る一方、「米国が私の家族を『無実の市民だった』と認めて謝罪したことは評価したい」と話した。

さらに「アフガンは経済状況も悪いうえ、治安も安定せず、残された家族が生きていくことは非常に難しい。米国に対して複雑な感情はあるが、米国が本当に私たちに謝罪する気持ちがあるなら、生活の保障や、残された家族を米国に移住させるなどの支援をしてほしい」と訴えた。 続きを読む: 毎日新聞 »

ファストファッションの末路……不必要になった衣服の埋め立て地 - BBCニュース

ファストファッションのブランド企業は、現代のトレンドやニーズを満たすため、衣服を過剰に生産している。その結果、西アフリカの国々には毎週、対処しきれない量の古着が輸入され、その一部は埋め立て地へ直行するという。

入管女性死亡「最終報告は納得できない」 真相究明を求め学生ら会見 | 毎日新聞名古屋出入国在留管理局(名古屋市)で3月、スリランカ人女性ウィシュマ・サンダマリさん(当時33歳)が死亡した問題で、収容中の監視カメラ映像の全面開示や再発防止策の徹底を求める署名活動をする学生たちが16日、東京・永田町の参院議員会館で記者会見した。約7万7000筆集まった署名の声を紹介した他、第三 こいつらを入官のインターンで受け入れて不法滞在者の相手をさせたら良いんじゃないの 仮放免したら同世代の同姓の子たちにどういうリスクがあるかってことも理解できるようになるだろうし 与党自民党に忖度する入管「自民党の総裁選、いや衆院選が終わるまで、決して監視カメラ映像は開示しません!」 与党自民党「おー、入管の役人ども、良く判ってるじゃんw」

トヨタ渕上、広島・栗林の思い継ぎ、強気の投球 都市対抗東海2次 | 毎日新聞都市対抗野球大会の東海2次予選は16日、愛知・岡崎市民球場で1回戦2試合があり、トヨタ自動車はJR東海に3―2でサヨナラ勝ちを収めた。新人ながらプロ野球界を代表するクローザーになった栗林良吏(広島)からエースの座を受け継ぎ、先発マウンドに立った2年目右腕の渕上佳輝がピンチの場面で強気の投球を披露し

全国で新たに5705人感染 木曜に1万人以下は7月22日以来 | 毎日新聞新型コロナウイルスの感染者は16日、全国で新たに5705人確認された。木曜日の新規感染者が1万人を下回るのは7月22日以来。重症者は前日から91人減って1743人。死者は63人だった。

福岡市に市立夜間中学が誕生へ 空白地帯に「学びの場」歓迎の声 | 毎日新聞福岡市に2022年春、市立夜間中学が設置される。夜間中学の「公立空白地帯」だった九州・山口・沖縄では最も早い開設だ。さまざまな事情で義務教育を十分に受けられなかった人たちの「学びの場」誕生を関係者は歓迎するが、他の地域ではなかなか設置が進んでいない。

陸上選手を性的目的で盗撮容疑 京都府の迷惑防止条例違反で書類送検 | 毎日新聞陸上競技大会に参加していたユニホーム姿の女子高校生を性的な目的で執拗(しつよう)に撮影したとして、京都府警は16日、京都市右京区の会社員の男性(47)を府迷惑防止条例違反(卑わいな言動)の疑いで書類送検した。府警によると、アスリートに対する盗撮被害を巡り、迷惑防止条例違反で摘発するのは異例という。

パキスタンのイスラム武装勢力指導者「タリバンとの強い関係願う」 | 毎日新聞パキスタンのイスラム武装勢力「パキスタン・タリバン運動」(TTP)の最高指導者、ヌール・ワリ・メスード師が毎日新聞の取材に応じた。メスード師は、隣国 アフガニスタン でイスラム主義組織タリバンが20年ぶりに復権したことを歓迎し「両者の強い関係を願っている」と今後の連携強化に期待を示した。パキスタン政府 武装勢力という表現はテロリストのようだけれど、「勝てば官軍」の言葉通り、政権を握った方の軍隊が正規軍で、それに対峙する軍隊が「武装勢力」だと思う。 或いは、欧米に好意的でない軍隊が「武装勢力」と呼ばれている。アルカイダも米軍に協力してソ連と戦った間は武装勢力とは呼ばれなかった。