経済, くらし, 経済プレミア, 岩城みずほ, 人生に必要な「おカネの設計」

経済, くらし

「孫に毎年100万円」72歳男性に必須の“贈与契約書” | 人生に必要な「おカネの設計」 | 岩城みずほ | 毎日新聞「経済プレミア」

「孫に毎年100万円」72歳男性に必須の“贈与契約書” 72歳男性は15歳の孫に生前贈与をしたいと考えています。数年間かけて800万円程度を渡していく計画を検討しています。その際の注意点とは。ファイナンシャルプランナーが答えます。

2021/07/29 7:40:00

「孫に毎年100万円」72歳男性に必須の“贈与契約書” 72歳男性は15歳の孫に生前贈与をしたいと考えています。数年間かけて800万円程度を渡していく計画を検討しています。その際の注意点とは。ファイナンシャルプランナーが答えます。

A夫さん(72)は、15歳の孫に生前贈与をしたいと考えています。贈与税の年間の非課税枠が110万円あることを活用する「暦年贈与」で、数年間かけて800万円程度を渡していくことを検討しており、私のところに注意点などがないかと相談に来ました。

贈与を活用して相続財産を減らすことができると、相続税の節税につながります。また、贈与は子供や孫への支援にもなるので、生前贈与を希望する人は多く、私は老後の生活設計と合わせて贈与の相談を受けることがよくあります。贈与税は、年間に一定額以上の贈与を受けた人に課されます。贈与税が非課税になる制度には、教育資金の一括贈与の特例があります(前回参照)。また、A夫さんが利用したいと考えている暦年贈与も、年110万円以下の贈与税の基礎控除を活用した方法です。贈与では、1月1日から12月31日までの1年間に贈与を受けた人は、基礎控除の年110万円まで税金がかかりません。確定申告も不要です。基礎控除は、贈与を受ける人ごとに認められるので、例えば贈与する人が、4人の孫に10年間、毎年110万円ずつ暦年贈与した場合、4400万円を非課税で渡すことができます。

てつや 峯岸みなみとの交際宣言 - Yahoo!ニュース 使用済みのおむつを盗むためベビールーム侵入か 幼稚園職員の男を逮捕 - ライブドアニュース 台風14号 静岡沖で温帯低気圧に 引き続き土砂災害などに警戒 | NHKニュース

しかし、注意点もあります。毎年、同じ時期に同じ金額を継続的に贈与していると、最初からまとまった金額を贈与する意図があったと税務署からみなされ、贈与を受けた人がそれまでに渡された… 続きを読む: 毎日新聞 »

池袋暴走事故 実刑確定で遺族が会見「罪と向き合う5年間に」 | NHKニュース

【NHK】おととし、東京 池袋で車を暴走させ、母親と3歳の子どもを死亡させたなどとして90歳の被告が過失運転致死傷の罪に問われた裁…

「神戸・和田岬線」たった一駅2.7キロの“異空間” | 鉄道カメラマン見聞録 | 金盛正樹 | 毎日新聞「経済プレミア」今回はちょっと風変わりな通勤路線を紹介します。神戸市にあるJR西日本の通称「和田岬線」です。和田岬線は正式には山陽線の一部に含まれる枝線です。神戸市内の兵庫駅で山陽線から分岐し、次は終点の和田岬駅。全長わずか2.7キロ、たった一駅区間のミニ路線です。 こんなダイヤなので、地下鉄海岸線が開業する時に神戸市から廃線にするように要請されたが、JR西日本は断固拒否。そして、中途半端な状態で今に至る。

「妊活」どこから始める? 検査・相談…サポート続々 | 「わたし」の働く・生きる新常識 | 本橋敦子 | 毎日新聞「経済プレミア」「妊活」を始めるには、どこから手を付けたらいいのだろう。思うように妊娠に至らず、妊活に取り組む夫婦は6組に1組。政府が不妊治療の医療保険適用を拡大する方針を打ち出したことで関心は高まっているものの、周囲に相談しづらく、受診となるとハードルが高いと感じる人は少なくない。その最初の一歩を、自宅で、自分

「金の卵」が「金」への道 名伯楽に見いだされ 柔道・新井千鶴 | 毎日新聞東京オリンピック柔道女子70キロ級の新井千鶴選手(27)=三井住友海上=は28日、初めて五輪の舞台に立つ。高校3年の夏まで全国大会に出たことがない無名の存在だったが、女子柔道界の名伯楽に見いだされた「金の卵」だった。【土江洋範】 倒閣運動を優先して、そんな選手たちの晴れ舞台を潰そうとしたのが毎日新聞😗。

ソフトボール・上野由岐子、完投なし 北京と違って省エネ投球 | 毎日新聞東京オリンピックのソフトボールは27日、横浜市の横浜スタジアムで決勝があり、日本が米国を2―0で破って2008年北京五輪に続いて金メダルを獲得した。 26歳で北京五輪を制し、39歳で迎えた東京五輪でも頂点に立った。13年間で上野由岐子(ビックカメラ高崎)の何が変わったのか。「今の方が単純に、省エ

愛され続けるご当地ソング 小林亜星さんの「蓮の故郷」誕生20年 | 毎日新聞咲き競う大輪の花。埼玉県行田市小針の「古代蓮(はす)の里」で、「行田蓮」の花が見ごろだ。開園時間中の正時になると、時報代わりに園内に響き渡る美しい歌声。男性コーラスグループの「ダークダックス」が歌う「蓮の故郷」だ。作詞作曲は、5月に88歳で亡くなった作曲家の小林亜星さんである。今年は、歌の誕生から

新田が初の夏切符 聖カタリナ学園降す 全国高校野球愛媛大会 | 毎日新聞第103回全国高校野球選手権愛媛大会(県高校野球連盟など主催)は28日、松山市の坊っちゃんスタジアムで決勝があり、新田が聖カタリナ学園を12-2で降し、初めてとなる夏の甲子園出場を決めた。