事件・事故・裁判, 池田直

事件・事故・裁判, 池田直

「一生忘れない」 やまゆり園事件に向き合った裁判員が今思うこと | 毎日新聞

相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で19人が殺害され、26人に重軽傷を負った事件。裁判員裁判で2020年1月から約2カ月、事件に向き合った裁判員が今思うこととは。

2021/07/30 3:20:00

相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で19人が殺害され、26人に重軽傷を負った事件。裁判員裁判で2020年1月から約2カ月、事件に向き合った裁判員が今思うこととは。

相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で19人を殺害し、26人に重軽傷を負わせた植松聖(さとし)死刑囚(31)を凶行に駆り立てたものは何だったのか。戦後最悪とも言われる事件から5年たった今も、真相は不明のままだ。横浜地裁の裁判員裁判で2020年1月から約2カ月、事件に向き合った裁判員の胸に去来す

植松死刑囚の裁判には補充も含め市民8人が裁判員として参加した。毎日新聞が事件から5年を迎えるにあたり取材を依頼したところ、4人が応じた。それぞれに共通する思いがあった。まずは植松死刑囚の第一印象。法廷での姿は「普通の青年に見えた」と口をそろえる。50代女性は「話しぶりは丁寧で、どこにでもいる若者のようだった」といい、事件とのギャップが埋まらなかった。公判では責任能力の有無が争点となり、「事件の背景や本当の動機は見えてこなかった」という感想も一致する。植松死刑囚は障害者施設での勤務から差別感情が高まり、重度の障害者について「意思疎通が図れない」「生産性がない」とゆがんだ考えを持つようになったとされるが、そこからなぜ凶行に走ったのか、検察側から納得できる説明はなかったという。

「Among Us」グッズがヴィレヴァンに大量入荷 スマホケースなども - ライブドアニュース ブルボン「ルマンドアイスチョコレート」カカオ香るチョコアイス×専用ミニルマンド - Peachy - ライブドアニュース 台湾、日本に医療機器を寄贈へ 無償提供されたワクチンの返礼で - ライブドアニュース

50代女性は、やまゆり園での勤務が差別的な考えを助長したことまでは理解できたが「それだけで一線を越えられるのだろうか。なぜ越えてしまったのか分からなかった」。40代男性も「どうして犯行に至ったのか。最後まで彼を理解できなかった」と打ち明ける。公判は被害者を匿名にして進行したが、裁判員には実名が伝えられ、生前の写真が目の前のモニターに示された。40代女性は「私たちにとって彼らは匿名ではなかった。だからこそ不思議と、全く知らない人たちなのに思いが入ってしまう」。今でもふと、被害者の顔を思い出し心が痛むという。

この女性は、仕事で障害者と関わるようになった。意思疎通の難しい人も、心を開いて接することで伝わることがあると実感し「必要ない命なんてない」と改めて思った。「差別がなくなるために、これから自分にできることが一つでもあればいいな」と感じている。事件は社会全体が抱える障害者への潜在的な差別意識についても疑問を投げかけた。別の40代女性は「世の中から差別が完全になくなるまでには時間がかかると思う。『社会が事件を生んだ』と言ってしまうのは問題提起が大きすぎるのではないか」と話す。事件のことを深く考えたこの女性は、「相模原」という地名を聞くたび、事件や裁判のことを思い出すという。 headtopics.com

4人は、悩みながら導き出した死刑という結論が間違っていなかったと信じている。2カ月間、つらい思いをしながらも法廷に足を運び続けたのは「第二、第三の植松死刑囚を生んではいけない」という思いからだった。未曽有の事件と向き合った日々は「一生忘れることはない」と一様に話した。【池田直】 続きを読む: 毎日新聞 »

プロ野球ソフトバンク ワクチン2回接種者など限定で有観客開催 | NHKニュース

【NHK】プロ野球 ソフトバンクは緊急事態宣言を受け、無観客で行うとしていた2日からの本拠地での4連戦について、ワクチン接種を済ま…

「金の卵」が「金」への道 名伯楽に見いだされ 柔道・新井千鶴 | 毎日新聞東京オリンピック柔道女子70キロ級の新井千鶴選手(27)=三井住友海上=は28日、初めて五輪の舞台に立つ。高校3年の夏まで全国大会に出たことがない無名の存在だったが、女子柔道界の名伯楽に見いだされた「金の卵」だった。【土江洋範】 倒閣運動を優先して、そんな選手たちの晴れ舞台を潰そうとしたのが毎日新聞😗。

ソフトボール・上野由岐子、完投なし 北京と違って省エネ投球 | 毎日新聞東京オリンピックのソフトボールは27日、横浜市の横浜スタジアムで決勝があり、日本が米国を2―0で破って2008年北京五輪に続いて金メダルを獲得した。 26歳で北京五輪を制し、39歳で迎えた東京五輪でも頂点に立った。13年間で上野由岐子(ビックカメラ高崎)の何が変わったのか。「今の方が単純に、省エ

愛され続けるご当地ソング 小林亜星さんの「蓮の故郷」誕生20年 | 毎日新聞咲き競う大輪の花。埼玉県行田市小針の「古代蓮(はす)の里」で、「行田蓮」の花が見ごろだ。開園時間中の正時になると、時報代わりに園内に響き渡る美しい歌声。男性コーラスグループの「ダークダックス」が歌う「蓮の故郷」だ。作詞作曲は、5月に88歳で亡くなった作曲家の小林亜星さんである。今年は、歌の誕生から

新田が初の夏切符 聖カタリナ学園降す 全国高校野球愛媛大会 | 毎日新聞第103回全国高校野球選手権愛媛大会(県高校野球連盟など主催)は28日、松山市の坊っちゃんスタジアムで決勝があり、新田が聖カタリナ学園を12-2で降し、初めてとなる夏の甲子園出場を決めた。

大迫力の“放流”尾原ダムカレー皿 クレストゲートにこだわり 島根 | 毎日新聞島根県雲南(うんなん)市木次(きすき)町の尾原(おばら)ダムをかたどったカレー皿が人気だ。水の代わりにカレールーが“放流”される仕掛け。企画した地元のNPO法人「さくらおろち」事務局長の田川容理(ゆり)さん(39)は「ぜひ手に取って、カレーを流し込んでみて」と話している。 ダムカレーって有名だけど、これはないね 絶対人気でないよ... ところで、この夏 広瀬すずちゃんに似てる子と 海に行ったり、花火したり ○ッチしたい人へ おすすめのサイト見つけました プロフィールに記載しました

特集ワイド:藤原章生のコロナになりました/下 退院、体力作りに山へも | 毎日新聞一時味覚が変化、脱毛や記憶力への影響は? 「沈黙の肺炎」と呼ばれるだけあって、新型コロナウイルスの感染症にかかった当初、重いという自覚は全くなかった。1週間で治ると高をくくっていたが、結局私が退院できたのは、発症から21日目でその3倍かかった。その後も後遺症と呼べるような呼べないような奇妙な状態が 毎日新聞よ 感染経路を発しろ! それが重要だろう マスメディアに正義などない 武漢ウイルス、恐るべし。