国政

国政

「イロモノ」扱いを覚悟 永田町で生理を語った国会議員:朝日新聞デジタル

「イロモノ」扱いを覚悟 永田町で生理を語った国会議員

2021/06/16 4:06:00

「イロモノ」扱いを覚悟 永田町で生理を語った国会議員

生理にまつわる苦労を当事者だけで解決しなければならないのはおかしい。そんな疑問を持った谷口歩実さん(23)ら大学生のつながりから始まり、社会を動かす力の一つになった「#みんなの生理」の活動。国会でも…

谷口さんが「母のような存在」と言う伊藤孝恵参院議員(45、)。2020年夏、有権者が政治家に向けてさまざまな政策を提案できるウェブサイト「PoliPoli(ポリポリ)」の運営者から、「生理、興味ありませんか?」と声をかけられたことがきっかけで、生理に関する政策リクエストがたくさん寄せられていることを知った。 続きを読む: 朝日新聞(asahi shimbun) »

その通学路、安全ですか? | NHK

「性、性癖、生理、レイプ」の記事が三度の飯より大好き、低脳朝日記者ww

南極、上空、海の中… 名物アナが語る生中継の極意:朝日新聞デジタル「たった10分間の短いコーナー」などと決して侮ることなかれ――。 空の上から、水の中から、ときには氷上から。そのアナウンサーの届けるリポート中継には、深い取材と綿密な準備、そして何よりも「視聴者に楽… 凄いね

脳障害の子がある日突然…日本人がケニアに施設作ったら:朝日新聞デジタル障害を理由に暗い部屋に閉じ込められる子ども、その子を殺せと親戚から言われる親――。日本から1万キロ以上離れたケニアの地で、医師の公文和子さん(52)は彼らに寄り添ってきました。その日々から何が見える…

「このご時世では」2年続けて祭り中止の島 7年後も…:朝日新聞デジタル新型コロナウイルスの影響で、今年も祭りの中止が相次いでいる。担い手不足に悩んでいた地域では、存続の危機を迎えた祭りもある。伝承するために全面中止にはせず、一部の祭事を開く動きもみられる。 「結局、前… 「このご時世では」2年続けて祭り中止の島 7年後も…→高校野球は?

梅雨と共に訪れる「片頭痛地獄」 医師が語る対処法は:朝日新聞デジタル関東甲信が梅雨入りした。 梅雨が苦手な人は多い。日本気象協会が20~40代の男女300人に実施したアンケート(2016年)によると、梅雨が「嫌い」と答えたのは約75%。「洗濯物が外に干せない」「自転…

「ここは地獄か」過干渉の母 毒親と切り捨てられない:朝日新聞デジタル■(悩みのるつぼ)相談者 20代女性です。昔から母の過干渉に悩んできました。何をするにも母の判断と許可がつきまとい、服の趣味など日々の生活のささいなことから進学先まで、母の思い通りでなければ批判されて…

五輪「準備着実に」、官房長官が意欲 G7首脳声明受け:朝日新聞デジタル英国コーンウォールで開かれた主要7カ国首脳会議(G7サミット)での首脳声明で、今夏に予定される東京五輪について「安全な開催への支援を改めて表明する」と記されたことについて、加藤勝信官房長官は14日午… 五輪開催を認めることはできません。開催することで人の命が危険に晒されるからです。患者さんとそのご家族や医療従事者に説明できないからです。 五輪中止の決断を StopTokyoOlympics ウェーイ 緊急事態宣言 再び確定! おめでとう ニッポンジン🤣