「にらみ」「なごみ」明かりで一変 ありがた~い聖観音像 三重・鳥羽の潮音寺 - 毎日新聞

「にらみ」「なごみ」明かりで一変 ありがた~い聖観音像 三重・鳥羽の潮音寺

16.9.2019

「にらみ」「なごみ」明かりで一変 ありがた~い聖観音像 三重・鳥羽の潮音寺

明るさによって表情が一変する仏像が、三重県鳥羽市の離島・答志島の潮音寺(ちょうおんじ)にまつられ、参拝に訪れた島民らを驚かせている。 境内の観音堂に安置された3体の聖(しょう)観音像のうち中央の仏像。明かりをつけると、きりっとした顔つきで下をにらんでいるが、室内の自然光に戻すと正面を向いた穏やか

境内の観音堂に安置された3体の聖(しょう)観音像のうち中央の仏像。明かりをつけると、きりっとした顔つきで下をにらんでいるが、室内の自然光に戻すと正面を向いた穏やかな表情に変わる。

島内で旅館を経営する中村久弘さん(66)によると、この変化に気付いたのは7年前。テレビドラマの撮影で投宿していた女優の白石美帆さんに同行し潮音寺を訪れた。仏像の拝観が趣味という白石さんは「制作された昔のように自然の光で見たいので、電気を消して」と要望。明かりを消すと中央の聖観音像の表情が一変したという。

中村さんは「白石さんをはじめ誰もが驚いた。長くこの島で暮らしているが、気付かなかった。穏やかな観音様に出会え、心が洗われます」と、白石さんに感謝している。島内でも知る人は少ないという。

続きを読む: 毎日新聞

米写真家のC・コール氏死去 天安門事件で「戦車の前に立ちふさがる男性」撮影 - 毎日新聞英BBC放送電子版などによると、米国の写真家のチャーリー・コール氏が9月上旬、インドネシア・バリ島で死去した。64歳。 89年6月に起きた北京の天安門事件で、戦車の列の前に男性が立ちふさがった有名な場面を写真に収めた4人の写真家の1人。ホテルから撮影した後、フィルムを浴室に隠し、部屋の捜索に来た 「タンクマン」の画像は世界を駆け巡り、北京共産党の宣伝に利用されて、真実を隠した。

改憲の旗ふった安倍首相側近を落選させた | 参院新人議員に聞く | 安達澄 | 毎日新聞「政治プレミア」無所属の野党統一候補として出馬し、多くの野党も応援してくれた。今の与党は数の力が圧倒的で、おごりがある。緊張感のある政治を取り戻すための第一歩になると考えている。 毎日ワイワイ変態でググってね 自慢か!無能泡沫議員さん。 残念だな、毎日新聞。

「嫌韓」の裏に格差と陰謀論 | | 須藤孝 | 毎日新聞「政治プレミア」「嫌韓」という排外主義が吹き荒れている。少しでも冷静な議論をすれば「売国奴」などの罵声が飛んでくる。 背景にはアベノミクスにも責任がある格差がある。人間が感じる不満は相対的なものだ。客観的には中間層、あるいはやや上であっても、富裕層に恩恵が偏っていると感じれば不満は爆発する。 嫌韓は別に安倍政権が生み出したものでは全然無いけどな。 嫌韓感情が本格的に高かったのはむしろ民主党政権下で、近年は嫌韓感情があるにしてもテンプレ化してきていて、安倍政権がガス抜きすることによって一定の安定はしている。 民主党のような超親韓政権であればこそ、嫌韓感情が煽られる。 韓国に戦略物資の管理ができている証拠を示せと3年前からいっているのを無視している事実を報道しないマスコミが、冷静な何だって? 自分勝手な理屈で事実関係を整理せず報道しているのに冷静も何も。 嫌韓あおってるのは、ムン政権や韓国国民の振る舞い、そして無理のある論理で日本が悪いと主張する日本のメディアですよ。 メディアは国民を騙せると思い上がっていますが、今の日本人はそんなに情弱ではありません。 調べればすぐ真実に辿り着きます。 バカにするのもいい加減にしろ。

高2の秋「垣根越え手を携えて」音コン1位の誓い ミュンヘン1位のチェロ佐藤さん - 毎日新聞第68回ドイツ・ミュンヘン国際音楽コンクールのチェロ部門で13日、1位に輝いた佐藤晴真(はるま)さん(21)=名古屋市出身。同部門では日本人初の快挙。 ◇

四万十川で不明の男子大学生の遺体発見 2人目 - 毎日新聞高知県四万十市の四万十川で13日夕、大学4年の男女2人が流された事故で、県警中村署は15日、行方不明になっていた東田達直(たつなお)さん(21)=兵庫県西宮市=が心肺停止の状態で川底で見つかり、死亡が確認されたと発表した。小川寛加(ひろか)さん(21)=大阪府豊中市=は14日に遺体で見つかっている

抗NMDA受容体脳炎:見えない後遺症(下)高次脳機能障害の診断が「職場復帰」の決め手に 手帳を「お守り」に奮闘 - 毎日新聞2009年1月に難病「抗NMDA受容体脳炎」を発症した石崎美香さん(37)=茨城県つくば市=は、病気のメカニズム解明から間もなかったために、適切な治療を受けるまで8カ月を要したが、治療・研究の第一人者である北里大学病院の飯塚高浩医師の診察を経て意識を回復した。翌10年6月、リハビリ専門病院を退院し

コメントを書く

Thank you for your comment.
Please try again later.

最新ニュース

ニュース

16 9月 2019, 月曜日 ニュース

前のニュース

天皇、皇后両陛下が国民文化祭と全国障害者芸術・文化祭の開会式に出席 - 毎日新聞

次のニュース

中村匠吾が誕生日に誓った五輪銅 根拠と課題は明確 - 陸上 : 日刊スポーツ
前のニュース 次のニュース