藤井聡太竜王が完勝で2連勝 史上4人目&最年少の五冠に前進 王将戦第2局/デイリースポーツ online

藤井聡太竜王が完勝で2連勝 史上4人目&最年少の五冠に前進 王将戦第2局/芸能/デイリースポーツ online #DailySports

Dailysports

2022/01/23 10:28:00

藤井聡太竜王が完勝で2連勝 史上4人目&最年少の五冠に前進 王将戦第2局/芸能/デイリースポーツ online DailySports

将棋の藤井聡太竜王(19=王位・叡王・棋聖との四冠)が渡辺明王将(37=名人・棋王との三冠)に挑んだ第71期王将戦七番勝負第2局2日目が23日、大阪府高槻市の山水館で指し継がれ、後手の藤井竜王が勝利。連勝で、史上4人目&最年少の五冠へ一歩前進した。 完勝だった。ともに持ち時間を1時間以上残す中、午後4時すぎの終局。評価値は午前から藤井竜王の圧倒的優位を示し、以降も変わらなかった。初日は52手目で藤井竜王にとって、過去最長となる2時間28分の長考もあった。

完勝だった。ともに持ち時間を1時間以上残す中、午後4時すぎの終局。評価値は午前から藤井竜王の圧倒的優位を示し、以降も変わらなかった。初日は52手目で藤井竜王にとって、過去最長となる2時間28分の長考もあった。

続きを読む: デイリースポーツ »

「ミスターモデルプレス」初代グランプリ・森田悠斗さん、人気配信者の一面 7年の活動背負い最後の挑戦<「モデルプレス連載」Vol.1> - モデルプレス

モデルプレスが次世代のスターを発掘する「ミスターモデルプレス」(※「ミスモデルプレス」も同時開催)で初代グランプリに輝いた、鹿児島県出身の森田悠斗(もりた・ゆうと/23)さんの連載がモデルプレスでスタート。全6回、半年にわたって展開される同連載の「Vol.1」では、受賞直後の様子とともに、彼の人となり、グランプリの心境、夢を叶える秘訣などを聞いた。 続きを読む >>

藤井竜王、午前のおやつ「はにたん最中」 高槻市マスコットキャラ形取る 王将戦第2局/デイリースポーツ online将棋の藤井聡太竜王(19=王位・叡王・棋聖との四冠)が渡辺明王将(37=名人・棋王との三冠)に挑んだ第71期王将戦七番勝負第2局2日目が23日、大阪府高槻市の山水館で指し継がれた。 午前10時30分におやつが出され、藤井竜王は高槻市マスコットキャラクター「はにたん」を形取った「はにたん最中」とオレンジジュース、渡辺王将は「ゴロゴロあまおういちごのタルト」とホットコーヒーだった。

和田アキ子「おまかせ!」喉の不調を明かす「張ることできずおしとやかに」PCR検査は陰性/デイリースポーツ online和田アキ子が23日、TBS「アッコにおまかせ!」に出演。冒頭で喉が不調であることを伝えた。 オープニングの挨拶で「ちょっと申し訳ございません、私事ですが、喉の調子があんまりよくなくて」と明かした。

サンド 調子乗る12年前の狩野英孝と爆笑コント「お前何回か休むぞ」要注意女子名に「誰?」/デイリースポーツ onlineお笑いコンビ・サンドウィッチマンが22日放送のフジテレビ「ただ今、コント中。」に出演。2010年にタイムスリップしてしまった設定で、当時絶好調の狩野英孝をイジるコントを展開した。 番組収録日に階段で転倒し、2010年のフジテレビに行ってしまうコント「バック・トゥ・ザ・2010」。当時の「爆笑レッドシアター」の楽屋に入ると「はんにゃ」「しずる」が寝る暇もないと忙しくしており、レギュラー本数を聞かれたサンドが「12~13本」と答えると、「ボケすぎ」と大笑いされ、好感度1位になったと言うと「いやいやいや反社みたいな見た目で」とツッコまれるネタを展開。

和田アキ子「おまかせ!」番組途中で急遽マスク「咳出だした」 最後にお詫び「こんな格好で」/デイリースポーツ online和田アキ子が23日、TBS「アッコにおまかせ!」に出演。番組途中で、咳が出始めたとして、マスクを着用して進行を続けた。 前日から喉の不調を明かしていた和田は、この日の番組冒頭の挨拶で「ちょっと申し訳ございません、私事ですが、喉の調子があんまりよくなくて」と明かしたうえで、「もちろんPCR検査も抗原検査も陰性でした」とすでに新型コロナの検査は受けていることを伝えた。 無理して番組に出てこなくてもええわ。変わりは何とでもなる 老害だな

巨人・菅野がブルペン入り変化球交え22球 キャンプも「初日からブルペンに」/デイリースポーツ online巨人の菅野智之投手が23日、川崎市のジャイアンツ球場を訪れ、室内練習場のブルペンで投球練習を行った。 沖縄県宮古島市で昨年末から自主トレを行っていた菅野はこの日、久しぶりにジャイアンツ球場に姿を見せた。室内練習場でキャッチボールを行った後、ブルペンにも入り、捕手を立たせたまま、変化球も交えて22球を投じた。

林家たい平、コロナ感染をブログで発表 「笑点」は司会の昇太に続き PCRが二転三転/デイリースポーツ online落語家の林家たい平が23日、新型コロナウイルスに感染したことを自身のブログで発表した。 「ご報告」と題してブログを更新したたい平は「21日に番組収録があり、その前にと、20日にだ液でのPCR検査を受けました。結果、陽性との判定が出て、直後21日に2度目、鼻腔でのPCR検査をしたところ今度は陰性。20日の夜から自宅自室待機いたしておりましたが、本日、落語会の仕事があり、朝一番病院で3回目の検査をしましたところ陽性判定でした」と経緯を説明。 たい平さんもコロナかぁ‥ 2月2日の大須演芸場に出演予定だったけど中止だよねぇきっと‥😅 林家たい平 大須演芸場 マスコミも無症状か軽症か位は 記事にするべき‼️ 周り出演師匠さん後期高齢者だから神経質になるか。 こういう時は山田隆夫、強いのなんで?

将棋の藤井聡太竜王(19=王位・叡王・棋聖との四冠)が渡辺明王将(37=名人・棋王との三冠)に挑んだ第71期王将戦七番勝負第2局2日目が23日、大阪府高槻市の山水館で指し継がれ、後手の藤井竜王が勝利。連勝で、史上4人目&最年少の五冠へ一歩前進した。 完勝だった。ともに持ち時間を1時間以上残す中、午後4時すぎの終局。評価値は午前から藤井竜王の圧倒的優位を示し、以降も変わらなかった。初日は52手目で藤井竜王にとって、過去最長となる2時間28分の長考もあった。 渡辺王将との公式戦の対戦成績は藤井竜王の10勝2敗となった。第3局は29、30日に栃木県大田原市のホテル花月で指される。