残留争うカディスが決死の猛攻! 主力温存続くR・マドリー、マリアーノが今季初ゴールもドロー | ゲキサカ

2022/05/15 22:38:00

残留争うカディスが決死の猛攻! 主力温存続くR・マドリー、マリアーノが今季初ゴールもドロー #ゲキサカ #海外サッカー

ゲキサカ, 海外サッカー

残留争う カディス が決死の猛攻! 主力温存続くR・マドリー、マリアーノが今季初ゴールもドロー ゲキサカ 海外サッカー

[5.15 ラ・リーガ第37節 カディス 1-1 R・マドリー] ラ・リーガは15日、第37節を各地で行い、 レアル・マドリー カディス に1-1で引き分けた。 カディス は今季の王者相手に引き分けたものの、他会場で18位のマジ...

が身体を寄せてミリトンのクリアミスを誘発。そのまま最終ライン裏に抜け出してスルーパスを送ると、ネグレドがエリア内でルニンに倒されてPKを獲得した。R・マドリー相手に勝ち越す絶好のチャンス。だが、ネグレドが右を狙ったキックはルニンにセーブされた。 その後もカディスは立て続けにカウンターチャンスをつくり、ネグレドが決定機を連発。だが、R・マドリーはルニンを中心とした守備陣がなんとか耐え抜く。試合はそのままタイムアップ。カディスにとっては大きな勝ち点1かと思われたが、他会場で18位のマジョルカが劇的な勝利を収めたため降格圏に転落した。カディスは最終節で、今節で降格が決まったアラベスと戦う。 ...昨夏にクラブ史上最高額でインテルからチェルシーに復帰したルカク。しかし、期待されていたほどの活躍をここまで見せているとは言い難く、昨年末にはピッチ外での発言によって騒動に。2022年に入ってからは5か月間にわたりプレミアリーグで無得点が続くなどしていたが、終盤戦で復調の兆しを見せている。 そんなルカクだが、一部では1年での退団報道も伝えられており、さらに代理人を務めるフェデリコ・パストレッロ氏はイタリア『La Repubblica』で「移籍のパラメーターに関して、誰もこの状況を予想することはできなかった」とコメント。同選手の退団を示唆する発言を残している。 「私がテクニカルな選択を議論することはないが、問題があることは明らかだ。しかし、彼はプレー時間が少ないにもかかわらず、チームのベストスコアラーだ。今、彼らはチャンピオンズリーグのポジションを守り、FAカップ決勝を戦わなければいけない。これが今ロメルが考えていることで、それ以外のことについては何も話していない」 「(インテル復帰の可能性は?)たくさんのノイズは意味がないものだ。クラブ(インテル)とファンは彼の心にある。彼がそれを隠してきたことはないし、古巣アンデルレヒトへの愛情を隠したこともない。しかし、交渉に関してあれこれ推測することはできない。チェルシーはオーナーが変わり、交渉担当が誰になるかもわからない。インテルやミランと交渉することになるかもしれない。我々には見守ることしかできない」 この発言を受け、ルカクはソーシャルメディアを通じて「他人に僕のことを喋らせたりはしない。僕は口を閉ざし続け、チームを助けることだけに集中してきたし、できる限り最高の形でシーズンを終えたい。だから、僕やクラブについて話そうとするために他人がメディアに出てきても、それは僕の名前の下で話されるものではない」と代理人に苦言を呈している。.

続きを読む:
ゲキサカ »

ふるさと解散~豪雨時代 被災集落からの警告~

福岡県朝倉市の山間の集落。豪雨災害で住む場所がなくなり住民たちが“解散”に追い込まれた。災害対策としての砂防ダムを建設で、元の場所に家を再建できなくなったためだ。豪雨災害でふるさとをの失い、豪雨災害に備え見直しを迫られる暮らしの安全。 続きを読む >>

雨中激戦、埼玉スタジアムに来場した浦和&広島の両サポーター(16枚) | ゲキサカJ1第13節が13日に行われ、浦和レッズ対サンフレッチェ広島は0-0の引き分けに終わった。★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!●2022シーズンJリーグ特集ページ●DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

[総体]岐阜県予選主な成績 | ゲキサカ令和4年度全国高校総体(インターハイ)「躍動の青い力 四国総体 2022」 サッカー 競技(徳島)【岐阜】[決勝](6月4日)[準決勝](5月28日)[準々決勝](5月22日)[2回戦](5月21日)帝京大可児高 - 吉城高岐阜高専 - 岐阜高長...

チェルシー退団示唆の代理人に対し…ルカクが非難「他人に僕のことを喋らせたりしない」 | ゲキサカチェルシーFWロメル・ルカクは、退団を示唆する発言を残した代理人を非難した。 昨夏にクラブ史上最高額でインテルからチェルシーに復帰したルカク。しかし、期待されていたほどの活躍をここまで見せていると...

水戸のトップチーム関係者1名が新型コロナ陽性診断 | ゲキサカ水戸ホーリーホックは14日、トップチーム関係者1名が新型コロナウイルス感染症の陽性診断を受けたことを発表した。 当該関係者は現在、自宅に待機しており、療養方法について保健所の指示を待っているところだ...

[総体]30度目の出場狙う四中工や前回全国16強の三重ら8強が出そろう:三重 | ゲキサカ令和4年度全国高校総体(インターハイ)「躍動の青い力 四国総体 2022」男子 サッカー 競技三重県予選は14日に3回戦を行った。昨年度全国16強の三重高は相可高に2-0の完封勝利。30回目のインターハイ出場を狙う...

[MOM794]東洋大FW室井彗佑(4年)_前橋育英出身FWが“桐一キラー”ぶりを発揮 | ゲキサカ[大学 サッカー ・マン・オブ・ザ・マッチ][5.14 関東大学L1部第6節 桐蔭横浜大0-4東洋大 保土ヶ谷] 高校時代の対戦を思い出した。「プロが決まっていたので、意識しました。試合中も少し話をしたけど、勝てて良か...

が身体を寄せてミリトンのクリアミスを誘発。そのまま最終ライン裏に抜け出してスルーパスを送ると、ネグレドがエリア内でルニンに倒されてPKを獲得した。R・マドリー相手に勝ち越す絶好のチャンス。だが、ネグレドが右を狙ったキックはルニンにセーブされた。 その後もカディスは立て続けにカウンターチャンスをつくり、ネグレドが決定機を連発。だが、R・マドリーはルニンを中心とした守備陣がなんとか耐え抜く。試合はそのままタイムアップ。カディスにとっては大きな勝ち点1かと思われたが、他会場で18位のマジョルカが劇的な勝利を収めたため降格圏に転落した。カディスは最終節で、今節で降格が決まったアラベスと戦う。 ...昨夏にクラブ史上最高額でインテルからチェルシーに復帰したルカク。しかし、期待されていたほどの活躍をここまで見せているとは言い難く、昨年末にはピッチ外での発言によって騒動に。2022年に入ってからは5か月間にわたりプレミアリーグで無得点が続くなどしていたが、終盤戦で復調の兆しを見せている。 そんなルカクだが、一部では1年での退団報道も伝えられており、さらに代理人を務めるフェデリコ・パストレッロ氏はイタリア『La Repubblica』で「移籍のパラメーターに関して、誰もこの状況を予想することはできなかった」とコメント。同選手の退団を示唆する発言を残している。 「私がテクニカルな選択を議論することはないが、問題があることは明らかだ。しかし、彼はプレー時間が少ないにもかかわらず、チームのベストスコアラーだ。今、彼らはチャンピオンズリーグのポジションを守り、FAカップ決勝を戦わなければいけない。これが今ロメルが考えていることで、それ以外のことについては何も話していない」 「(インテル復帰の可能性は?)たくさんのノイズは意味がないものだ。クラブ(インテル)とファンは彼の心にある。彼がそれを隠してきたことはないし、古巣アンデルレヒトへの愛情を隠したこともない。しかし、交渉に関してあれこれ推測することはできない。チェルシーはオーナーが変わり、交渉担当が誰になるかもわからない。インテルやミランと交渉することになるかもしれない。我々には見守ることしかできない」 この発言を受け、ルカクはソーシャルメディアを通じて「他人に僕のことを喋らせたりはしない。僕は口を閉ざし続け、チームを助けることだけに集中してきたし、できる限り最高の形でシーズンを終えたい。だから、僕やクラブについて話そうとするために他人がメディアに出てきても、それは僕の名前の下で話されるものではない」と代理人に苦言を呈している。.