久保建英途中出場のマジョルカ、92分の劇的勝ち越しゴールで降格圏をギリギリ脱出!残留圏17位でラ・リーガ最終節へ | Goal.com

2022/05/15 22:50:00

久保建英, ラ・リーガ

🇪🇸自力での残留が可能に!🇯🇵 久保建英 途中出場の マジョルカ 、92分の劇的勝ち越しゴールで降格圏をギリギリ脱出! 残留圏17位で ラ・リーガ 最終節へ。 マジョルカ 2-1 ラージョ・バジェカーノ

降格圏に位置したままラ・リーガ残り2節を迎えたマジョルカ。すでに残留を決めているラージョを相手に先制点を奪ったのは12分のことだった。ジャウメ・コスタのクロスからファーサイドのムリキがヘディングシュートでネットを揺らしている。前半はマジョルカがこのリードを維持したまま終了。残留争いのライバル、カディスはホームでのレアル・マドリー戦を1-1で引き分けており、マジョルカはこの時点でカディスと勝ち点36で並び、当該対決の成績により残留圏18位に浮上している。後半、マジョルカはファルカオを擁するラージョの攻撃を5バックのシステムで防ぎつつ、速攻から追加点のチャンスを探っていった。が、60分にCKからシスにヘディングシュートを決められて、スコアはタイに戻ってしまう。これで勝ち点36のカディスが残留圏に戻り、34のマジョルカは降格圏に戻ることに。

続きを読む:
GOAL Japan »

「本当はどこから来たの」 英王室関係者に再三聞かれた黒人活動家「暴力だと感じた」 - BBCニュース

故エリザベス女王の側近だった王室関係者が、バッキンガム宮殿の集まりに招かれたイギリス出身の黒人慈善活動家に対して「本当は」どこから来たのか繰り返し尋ねるなどしたことが明らかになり、謝罪するとともに王室での職を辞任した。当事者となったフラニ氏はBBCに対して、自分への再三の質問は「尋問」のようで、暴力だと感じたと話した。 続きを読む >>

CL決勝チケット問題に続き…クロップがUEFAへ不満爆発「ネーションズリーグは最悪だ」 | Goal.com🏴󠁧󠁢󠁥󠁮󠁧󠁿UCL 決勝チケット問題に続き…💥 クロップ がUEFAへ不満爆発! 「ネーションズリーグはサッカー界で最も愚かなアイディアの1つ」 「一部の選手は代表戦を加えて年間75試合になる。かなり狂っているね」 ネーションズリーグなんて代表版のスーパーリーグみたいなもんだろ。都合の良い会長さんだ ネーションズリーグがあると欧州の国とワールドカップかコンフェデくらいでしか戦えないから廃止してくれ 選手が疲労でケガをしないような負担が少ない方向で

冨安健洋、次戦はCBで起用か?英メディアが「アーセナル守備陣のクライシス」を指摘 | Goal.com🏴󠁧󠁢󠁥󠁮󠁧󠁿冨安健洋、次戦はCB起用か🔴⚪ 英メディアが「アーセナル 守備陣のクライシス」を指摘。 ニューカッスル戦でCBが最大3人欠場し、フィットしているのは 日本代表 DFのみの可能性も?

レヴァンドフスキの契約更新拒否により…バイエルン、マネ獲得への動きを強める? | Goal.com🇩🇪新アタッカー確保へ本腰か🔴 レヴァンドフスキ の契約更新拒否により…バイエルン、マネ 獲得への動きを強める? ✅サリハミジッチSDが熱望か ✅5月頭には代理人と会談? ✅リヴァプール との現行契約は2023年まで マネかあ レバンドフスキのようなタイプとは違うフィニッシャーだね

負傷心配されたコヴァチッチ&カンテもFA杯決勝出場の可能性…トゥヘル「驚きのニュース」 | Goal.com🏴󠁧󠁢󠁥󠁮󠁧󠁿FAカップ 決勝出場のチャンス?🔵 負傷心配された2選手について チェルシー 指揮官トゥヘルが明かす。 コヴァチッチ「驚きのニュース。メディカル部門もゴーサインを出したが、練習で状態を見る」 カンテ「プランに加えたい」

ヴェルナー、リヴァプールではなくチェルシー移籍に後悔なし「“最悪の決断”ではないと思うよ!」 | Goal.com🏴󠁧󠁢󠁥󠁮󠁧󠁿我が生涯に…🙋‍♂️🔵 リヴァプール 加入の可能性もあった ヴェルナー、チェルシー 移籍に後悔なし。 「去年は UCL も優勝したんだ。“最悪の決断”ではないと思うよ!」 クロップを絶賛も「ドイツ人が大好きなタイプ」 ちょっと後悔してるみたいな言い方で草。誤訳かな? ドイツでならハーランドより決めとるしな

「人生最悪の年。このまま終わりたくない」35歳セスク、新天地での現役続行を熱望 | Goal.com🇪🇸35歳 セスク、現役続行を熱望🔥 今季は公式戦5試合のみ…モナコ 退団を明言「人生で最悪な年だったよ」 「このまま終わるわけにはいかない。何でも受け入れるよ。自分自身を楽しみたいんだ。プレーする場所は本当に重要なことじゃない」 いよいよ、神戸に入団か。 ヴィッセル神戸確定演出きちゃーーーwww なんでも神戸と言われるのはちょっと嫌だけど、普通に見たいなぁ目の前で

15日のラ・リーガ第37節、マジョルカは本拠地ソン・モッシュでのラージョ・バジェカーノ戦に2-1で勝利した。MF久保建英は2試合連続でベンチスタートとなり、64分から出場している。 降格圏に位置したままラ・リーガ残り2節を迎えたマジョルカ。すでに残留を決めているラージョを相手に先制点を奪ったのは12分のことだった。ジャウメ・コスタのクロスからファーサイドのムリキがヘディングシュートでネットを揺らしている。前半はマジョルカがこのリードを維持したまま終了。残留争いのライバル、カディスはホームでのレアル・マドリー戦を1-1で引き分けており、マジョルカはこの時点でカディスと勝ち点36で並び、当該対決の成績により残留圏18位に浮上している。 後半、マジョルカはファルカオを擁するラージョの攻撃を5バックのシステムで防ぎつつ、速攻から追加点のチャンスを探っていった。が、60分にCKからシスにヘディングシュートを決められて、スコアはタイに戻ってしまう。これで勝ち点36のカディスが残留圏に戻り、34のマジョルカは降格圏に戻ることに。 広告 .リヴァプールのユルゲン・クロップ監督は、欧州サッカー連盟(UEFA)への不満をあらわにした。 先日からチャンピオンズリーグ(CL)決勝チケットの分配をめぐり、メディアを通じて非難の応酬が続くクロップ監督とUEFAのアレクサンデル・チェフェリン会長。7万5000枚のチケットのうち、2万枚ずつしかファイナリストのファンに行き渡らないことについてリヴァプール指揮官は不満を呈し、UEFA会長も組織としての立場を説明していた。 そんな中、14日のFAカップ決勝を前にした会見でクロップ監督は再びUEFAを“口撃”。「彼(チェフェリン会長)は私にメールを送ってきた。私はチケットがもっとサポーターに行き渡るべきだと言って、彼が私に送ってきた説明はメディアで行ったものと同じだったと思う」と話し、不満を続けた。 編集部のおすすめ.アーセナルDF冨安健洋は、次戦センターバックで起用される可能性があるようだ。イギリス『football.バイエルン・ミュンヘンは、リヴァプールFWサディオ・マネ獲得に向けての動きを強めるようだ。 今季もブンデスリーガ優勝を達成し、前人未到の10連覇を達成したバイエルン。しかしDFBポカールでは早々に敗退を喫し、チャンピオンズリーグでもビジャレアルを前に準々決勝で姿を消したことで、ユリアン・ナーゲルスマン体制は厳しい批判にもさらされている。 そして先日、絶対的エースのFWロベルト・レヴァンドフスキが新契約オファーを拒否する意向であることが『GOAL』の取材で発覚。現行契約は2023年までだが、移籍金の発生する今夏に噂されるバルセロナへと移籍する可能性が高まっている。 広告.