日本政府「原発45基分を洋上発電」 意欲的な政策を外資が虎視眈々と狙うワケ

火力発電に変わる主力電源として、洋上風力への関心が高まっている。「Energy...

電気, 再生可能エネルギー

2021/12/06 8:46:00

政府は「エネルギー基本計画」で、洋上風力を「 再生可能エネルギー 主力電源化の切り札」と位置づけている。 だが、懸念すべき点がある。それは、この新しい市場が海外勢の狩り場になる恐れが…… 電気 再生可能エネルギー ニューズウィーク日本版

火力発電に変わる主力電源として、洋上風力への関心が高まっている。「Energy...

「主力電源の切り札」日本の洋上風力に迫る危機昨年10月、菅義偉首相(当時)が「2050年カーボンニュートラル宣言」を行い、「2050年までに、温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする」という政府目標を掲げた。だが日本の電源構成は火力発電が全体の7割超を占める。カーボンニュートラルの実現には、火力への依存度を下げ、再生可能エネルギーの普及が不可欠だ。ただし太陽光でその電力全てを賄うには日本の国土は狭く、山林だらけであるため限界がある。また、サプライチェーンも中国に支配され、日本勢が割って入れないという致命的な弱点がある。そこで政府が注目したのが「洋上風力」というわけだ。

洋上風力発電の規模を2030年までに1000万、2040年までに3000万~4500万キロワットまで引き上げるという目標を政府と民間企業でつくる協議会で決めた。原発1基を100万キロワットと換算すると最大で45基分になる、実に野心的な目標だ。政府は「」で、洋上風力を「再生可能エネルギー主力電源化の切り札」と持ち上げている。実質、これから火力から洋上風力への大転換が行われる。つまり、大規模な投資が行われることを意味する。無論、世界の潮流も考えれば日本の経済のためにも脱炭素転換は重要だ。脱炭素の観点から日本でも洋上風力が拡大することは歓迎すべきことだが、懸念すべき点がある。それは、この新しい市場が海外勢の狩り場になる恐れがあるという点だ。

特に洋上風力が産業として盛んな欧州、中でも自国の経済復興の鍵と位置付けるイギリスにはヨダレを抑えられない展開だろう。本稿では、日本の洋上風力発電が早々に直面する危機を三つの点から警鐘を鳴らしたい。脱炭素をめぐる主導権争いの結果、日本は欧州の経済的侵略の対象に成り得る----洋上風力は脱炭素をめぐる残酷な現実を示す「好例」となりかねないのだ。なぜイギリスは「洋上風力大国」になれたのか日本の洋上風力を虎視眈々と狙うイギリスは、「グリーン産業革命」の旗の下、脱炭素や自動車の電動化(EV化)の議論を主導してきた。 headtopics.com

滝川クリステルさんが公式アンバサダーを務める「中小企業からニッポンを元気にプロジェクト」に出張撮影サービス『ふぉとる』が参画

続きを読む: ニューズウィーク日本版 »

密輸業者と警察に分かれて対戦する協力型アクションゲーム『The Smugglers』正式発表、2022年内にリリースへ。それぞれのマップは歴史的な背景から着想 | 電ファミニコゲーマー – ゲームの面白い記事読んでみない?

パブリッシャーのG-DEVS.comは、密輸業者と警察に分かれて対戦する協力型アクションゲーム『The Smugglers』を正式発表し、2022年内にリリースすると発表した。 続きを読む >>

こんな非効率、非科学的なものを電源として重視するなど、産業経済省の官僚は科学オンチばかりなのか 福島県沖の風力は600億円かけて作ったのに、さらに多額の税金で使わずに廃棄予定ですが、それが政府の言う切り札でしょうか データが得られたと言っているが、洋上風力発電は経済的に合わないので税金で運用すると言っているに等しい 再エネ賦課金は一体いくらになるのか 中国に狙われる。 価格が高くとも国産の風力発電機器を購入し、日本の技術開発と大量発注によるコスト削減に繋げれば良いと思う ※野党から該当企業の献金批判があったとしても経済安保、日本の国力向上施策として一蹴すれば良い どっかで試しに作ったら思った以上に発電しなくで、投資額以上に稼ぐ事が困難と判断された洋上風力発電なかったっけ?