彼女がモデルになった理由~ある“オストメイト”の挑戦~ | NHKニュース

国内に約21万にいると言われる人工肛門や人工ぼうこうの人たち“オストメイト”。イメージを変えようと新たな挑戦を続ける女性に密着。

2021/03/03 11:23:00

国内に約21万にいると言われる人工肛門や人工ぼうこうの人たち“オストメイト”。イメージを変えようと新たな挑戦を続ける女性に密着。

【NHK】国内に約21万人いると言われる人工肛門や人工ぼうこうの人たち“オストメイト”。イメージを変えようと挑戦をする女性に密着。

オストメイトの中には、匂う、漏れるといった差別や誤解、偏見をおそれ、その存在を隠して生きる人も少なくありません。 続きを読む: NHKニュース »

防災に携わる思い「より多くのひとの命を助けたい」三戸消防署 川村亮太朗さん

東日本大震災から10年、これからの防災を担っていく世代の思いを紹介します。3回目は、三戸消防署(取材当時)の若手消防士、川村亮太朗さんです。

当事者でないので理解度低くて申し訳ないが、パウチが使い捨てでなく、保険対象外になっているということが一番の負担なような気がする。 控除対象になる、身障としての補助はあるものの物心両面の負担は少なくはない。 もっと当たり前な日常生活になるようになるような施策がとられることを望む。 素敵な記事をありがとうございます 人工肛門ってこういう形になることをこの記事で初めて知りました。日本ももっと海外のように専用の可愛い下着を作ったりして欲しい。ニコラさんの「病気があっても人生の邪魔はさせません!」って言葉が心に響きました。同じような心を持って日本の下着メーカーも挑戦していって欲しいな。