幼少期過ごした実家を破壊されたBBC記者、ウクライナ・キーウに戻る - BBCニュース

2022/06/27 12:30:00
幼少期過ごした実家を破壊されたBBC記者、ウクライナ・キーウに戻る - BBCニュース

BBCニュース- 幼少期過ごした実家を破壊されたBBC記者、ウクライナ・キーウに戻る

BBCニュース- 幼少期過ごした実家を破壊されたBBC記者、ウクライナ・キーウに戻る

ロシアによるウクライナ侵攻2日目の2月25日、ウクライナ・キーウ近郊の集合住宅がロシア軍の砲撃を受けた。その中には、BBCのオルガ・マルチェウスカ記者が幼少期を過ごした実家も含まれていた。

続きを読む: BBC News Japan »

Level 4 Full-Stack Self-Driving System

Level 4 Full-Stack Self-Driving System 続きを読む >>

ウクライナの真実 泣けてくる ごく少数の政治家の為に人が死んでいく

【解説】 最高裁判断でさらに深まるアメリカの分断 中絶の権利めぐり次の争点は - BBCニュース

【解説】 最高裁判断でさらに深まるアメリカの分断 中絶の権利めぐり次の争点は - BBCニュースアメリカで長年、女性の中絶権を合憲としてきた1973年の「ロー対ウェイド」判決を連邦最高裁が覆したことで、アメリカの分断はさらに深まると、サラ・スミスBBC北米編集長が情勢を解説する。 もともと50州の連合国家なので分断と見るのは誤りです。 中絶を望む数が減るような、健やかな妊娠が増えると良いですね。 もう、壊れてるよ。アメリカの心配してるより日本の破壊が真近に迫ってる

ロシア、同盟国ベラルーシに核搭載可能なミサイル提供を約束 - BBCニュース

ロシア、同盟国ベラルーシに核搭載可能なミサイル提供を約束 - BBCニュースロシアのプーチン大統領は25日、同盟国ベラルーシに対し、核兵器が搭載可能な短距離弾道ミサイル発射装置「イスカンデル」を数カ月以内に提供する方針を示した。同日にはこのほか、ウクライナ東部の主要都市セヴェロドネツクについて、ロシア軍が「完全に占領した」とウクライナ政府が明らかにした。 西側 ウクライナと 戦えよ ベラルーシ犯罪に加担するな⁉️ ロシアに足首捕まれてるベラルーシは哀れやな

バイデン米大統領、超党派の銃規制法案に署名 約30年ぶりの規制強化 - BBCニュース

バイデン米大統領、超党派の銃規制法案に署名 約30年ぶりの規制強化 - BBCニュースBBCニュース - バイデン米大統領、超党派の銃規制法案に署名 約30年ぶりの規制強化 バイデンの功績だ❗👍

米最高裁の中絶権違憲判断、世界はどう受け止めている? - BBCニュース

米最高裁の中絶権違憲判断、世界はどう受け止めている? - BBCニュースアメリカの連邦最高裁が憲法上の中絶権を覆したことについて、世界はどう反応しているのか。各地のBBC記者が取材した。 人間の生きる権利は、どの段階から保護されるべきか、という話であるなら揉めるのはまあ、理解できます。 ただこれ、本質的にはキリスト教的な価値観が根底にあって、はなはだしくは自殺が犯罪とされていた歴史に連なる論争ですよね。 中絶は個人の問題。人間は進化の中で、科学を発見し人生を選択できる。宗教の前に個人があるはず。全ての個人の人生は己の確信で生きる事が正しい。 ①育てない母性が中絶出来ずに産まされた子供を誰が育てるのか? ②生まれた子供が成長して「仕方なく」産まれた事を知った時どうなるのか? 大人の理屈ではなく子供が成長して未来を担う事を考えろ!

北欧オスロで性的少数者に人気のバー乱射、2人死亡 イスラム主義テロ事件と警察 - BBCニュース

北欧オスロで性的少数者に人気のバー乱射、2人死亡 イスラム主義テロ事件と警察 - BBCニュース北欧ノルウェーの首都オスロの中心部で25日未明、性的少数者に人気のバーとその周辺で乱射事件があり、2人が死亡し21人が負傷した。42歳男性が殺人や殺人未遂、テロ行為などの容疑で逮捕された。捜査当局は、「イスラム主義テロ」による事件だとしている。 互いに憎しみ合うのはやめましょう!?一方的かもしれないですね!人種も宗教も国籍も党派も超えてお互いに理解し合えたら❗️いいのにね⁉️勿論同性愛者も⁉️

女王に送ったコーギーの絵に返信 在位70年の記念に - BBCニュース

女王に送ったコーギーの絵に返信 在位70年の記念に - BBCニュースイーストヨークシャー在住のエレノア・トムリンソンさんが女王にコーギーが王冠をかぶった絵を贈ったところ、女王が贈り物に「感動していた」という返信が王室から届いた。 ♥️☺️ 経済の安定の為に情報をください 記事と無関係で失礼致します。これ読んで頂けますか?🙏🐱

オルガは、集合住宅が破壊された様子を、ロンドンのBBCワールドサービスのスタジオで生放送中に飛び込んできた映像で初めて目にした。 .今回の最高裁判決がアメリカにもたらす政治的な影響は強大で、まるで地殻変動のように全50州に激震が走るだろう。しかし、法律上の規制強化という具体的な影響がただちに出る州は、おそらくその半数だ。 そのひとつがオクラホマ州で、アメリカで最も厳しい中絶禁止法を5月下旬に施行したばかり。同州では、受胎の瞬間から中絶は禁止されている。妊婦の安全が危険にさらされる医療上の緊急事態を除き、ほとんどの例外は認められない。 同州タルサでウェンディ・ステアマン州議会議員を取材したとき、議員は州法案を自分がとりまとめたことは名誉で光栄なことだと話した。生まれることのない毎年4000人の子供に「生きるチャンスを与える」手助けをすることになるとも述べた。 この州法によってオクラホマ州内の中絶はなくなると思うかと尋ねると、議員は「そうは思わない」と答えながら、前よりは中絶手術を受けにくくなると話した。 ステアマン議員はさらに、ごくわずかな例外を除けば、女性は受胎より前に、妊娠しないことを自ら選択できるとして、「ほとんどの女性は中絶を、避妊の手段として使っているだけだ」とも述べた。 タルサで中絶クリニックを運営してきたアンドレア・ガレーゴさんは、議員のこの言い分に強く反論する。中絶手術を受けるという決断は、女性にとって人生で最もつらい困難な決断になることがほとんどだと、ガレーゴさんは言う。 数週間前まで、ガレーゴさんのクリニックでは毎日約40人の妊婦を手当てしていた。私が取材で訪れた時には、待合室も治療室も完全にからっぽだった。わずかに残った数人のスタッフが電話の応対をして、他の州のクリニックについて情報を提供していた。 「何とかして助けれてくれと、患者さんたちに懇願されている」と、ガレーゴさんは言う。「とんでもないことになっている。一連の法律は中絶を防いだりしない。ただでさえ大変な思いをしている患者の負担が増えるだけだ」。 オクラホマですでに起きていることは、これから他の州でも繰り返されるようになる。 「ロー対ウェイド」判例が覆された今、いわゆる「トリガー法」(連邦最高裁が「ロー対ウェイド」判決を覆せば自動的に施行される、中絶禁止の州法)を用意し、すでに施行した13州を含め、26州が中絶規制を強化する可能性がある。各州がすでに可決もしくは可決しようとしている州法案から判断すると、強姦や近親相姦による妊娠の中絶は例外的に認める規定がある州は、3割にも満たない。 民主党が統治するカリフォルニア州やニューヨーク州は今後、中絶が禁止された場所からやってくる女性たちの聖域、避難先として自分たちを位置付けていくことになる。引き続き中絶権が守られている州は、20州だ。出産年齢の女性約2650万人がその20州に住んでいる。 中絶が禁止される州で中絶クリニックが次々と閉じる中、中絶を認める州との州境近くでは中絶クリニックが増えるだろうとされている。合法的に中絶手術を受けられる場所へ移動する時間や資金がない人は、たとえばオンラインで経口中絶薬を注文するなど、他の手段を選ぶかもしれない。たとえそれが違法でも。 2019年のアメリカでは、60万~80万件の中絶手術が行われた。 、6件に1件の妊娠は中絶され、その90%以上は妊娠15週までの初期に行われる。中絶手術を受ける半数以上の女性はすでにほかに子供がいる母親で、ほとんどの人にとって初めての中絶となる。 画像提供,.ロシア政府はリトアニアの動きに強く反発しており、ルカシェンコ大統領もこれに呼応。リトアニアの動きは「ある種の宣戦布告」で「容認できない」と述べた。 リトアニア当局は今月半ば、EUの制裁対象になっている製品について、リトアニアからカリーニングラードへの輸送を禁止すると発表した。これには石炭や金属類、建材、さらには先端技術も含まれている。 ロシアはこれについてカリーニングラードの「封鎖」だと反発しているものの、リトアニア政府は、禁止対象になるのは通常のロシア製品の輸送量の1%に過ぎないと反論している。 ロシアがセヴェロドネツク掌握 25日にはこのほか、ウクライナ東部の主要都市セヴェロドネツクについて、ロシア軍が「完全に占領した」とウクライナ政府が明らかにした。 数週間にわたる激戦を経てロシアがセヴェロドネツクを完全掌握したことで、ロシアは東部ルハンスク州のほとんどと、ドネツク州の相当部分を制圧したことになる。ウクライナの広大な工業地帯ドンバスは、両州で構成されている。 ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領は25日深夜のビデオ演説で、ロシアが占領した「我々の都市すべて」を奪い返すと約束した。ただし、ロシアとの戦争は気持ちの上で難しい段階に入ったとして、これからどれだけ打撃や損失が続くのかわからないとも述べた。 ルハンスク州のセルヒィ・ハイダイ州知事は24日、セヴェロドネツクのウクライナ軍に撤退命令が出たと明らかにしていた。 州知事はウクライナのテレビに対して、「何カ月も徹底的に砲撃された位置にとどまるのは、まったく理屈に合わない」、「(ウクライナ軍は)別の位置へ撤退し(中略)作戦行動をそこから続けるよう命令を受けた」と話していた。 画像提供,.民主党や銃規制を求める活動家は、さらに強力な規制を求めている。写真は首都ワシントンで6月半ばに「自分たちの命のための行進」に参加し、「もうたくさん」、「思いや祈りではなく、政策と変化を」と書かれたプラカードを手にした人たち アメリカ国には現在、3兆9300万丁の銃があると推定されている。 アメリカは世界の裕福な国で最も銃による死亡率が高い。非営利調査団体「銃暴力アーカイブ」によると、今年だけで2万900人以上がアメリカ国内で銃を使った暴力事件で死亡している。 他方、憲法修正第2条が保障する武器の保有権を、多くの国民が大事にしている。 連邦議会が銃規制の重要法案を前回可決したのは1994年。半自動小銃の販売を禁止する「アサルト・ウェポン規制法(AWB)」が成立したものの、10年間の時限立法だったため、10年後に失効した。 2012年にコネチカット州のサンディー・フック小学校で起きた銃撃事件では、20歳の実行犯によって生徒・職員が計26人殺害された。そのうち20人は5歳や6歳の児童だった。この事件後に、規制強化の動きが連邦議会でもみられたが、十分な支持を得られなかった。 上院が23日、法案を可決した数時間前には、.