子どもに「向精神薬」を飲ませた親の深い後悔 | 「発達障害」は学校から生まれる

2022/03/06 23:02:00
子どもに「向精神薬」を飲ませた親の深い後悔 | 「発達障害」は学校から生まれる

日本で「発達障害」とされる子どもへの向精神薬の処方が増加しています。薬が手放せなくなった娘を心配する、ある女性を取材しました。 #東洋経済オンライン

東洋経済オンライン, 「発達障害」は学校から生まれる

日本で「発達障害」とされる子どもへの向精神薬の処方が増加しています。薬が手放せなくなった娘を心配する、ある女性を取材しました。 東洋経済オンライン

「娘が薬を飲み始めたのは、小学5年生のとき。きっかけは、地区の学校が参加する音楽祭に参加したことです」現在26歳の娘について、吉田京子さん(仮名)はこう振り返る。吉田さんの娘は発達障害の1つである自閉症…

薬を飲むきっかけとなった音楽祭は、地域を挙げての行事のため、教員たちの指導にも熱が入る。音が合っていなかったり、やる気のない子どもがいたりすると、全員が連帯責任で怒られた。練習は半年の間、毎日続いた。それまで家でも学校でも大きなトラブルがなかった娘だが、ストレスから練習中に泣いたり、パニックを起こしたりするようになった。こうした状況をかかりつけの精神科医に相談すると、「不安を取り除くリスパダールを出そう」と言われた。リスパダールは、主に大人の統合失調症の治療に用いられる向精神薬だ。2016年からは小児の自閉症患者にも用いられるようになったが、当時はまだ認められていなかった。

薬を飲むようになっても、娘に大きな変化はなかった。結局、教師の提案で音楽祭の練習時間を短くしてもらい、本番も出場することができた。音楽祭で歌う娘の姿に涙が出たという吉田さんだが、「いま思えば、音楽祭なんて出なくてもよかった」と当時を振り返る。「みんなと一緒に出場する娘の姿を見たいという気持ちもありました。音楽祭が終わったとき、薬をやめるべきだったのに、ずるずると飲ませてしまった。ずっと後悔しています」娘が中学に進学したとき、薬の量と種類が増えた。娘の症状に何か変化があったというわけでない。医師が言うには、「体が大きくなった」「中学で環境が変わるから」というのが理由だ。これまで飲んでいたリスパダールが増量され、新たにADHD(注意欠陥・多動性障害)の患者に用いられるコンサータが処方された。

続きを読む: 東洋経済オンライン »

大谷翔平にアクシデント 接触相手ゴンザレス「上に乗ってしまい、足を壊したかと一瞬考えたよ」 - MLB : 日刊スポーツ

エンゼルス大谷翔平投手(28)が、マリナーズ戦に「2番DH」で出場し、3回の第2打席前にアクシデントに見舞われた。1死二塁から1番ウォードが左前打を放ち、二走… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com) 続きを読む >>

「発達障害は学校から生まれる」とはどういう意味でしょうか。 発達障害は精神疾患ではありません。 先天的な脳の特性です。 そして投薬は治療のためではなく、 特性からくる苦痛を和らげるためのものです。 環境調整では苦痛は緩和できません。 どうか投薬=悪と決めつけず、 お子さんの発達障害に向き合い、 お子さんに最善の選択肢をとってください。 色々なことを経験し 発達していく過程で 発達障害。。。。 個性というわりに 人と比べ判断 個性ってなんだろ。。。 人との差が個性なら 発達過程。。 過剰診療など心配。。 どんな学校に通わせてたんだろ?普通の学校に通わせてたならそれが悪い 発達障害なのかは学問が勝手に決めているだけで、「発達障害だから薬」の選択肢は間違い。あくまで最終手段。 根本的な原因の解決、欲求、要求を満たす方が手っ取り早い解決になることもある。

学校から薬を勧められる「発達障害」の子どもたち | 「発達障害」は学校から生まれる

学校から薬を勧められる「発達障害」の子どもたち | 「発達障害」は学校から生まれる「小さいうちのほうが少量で済むから、薬を飲んだほうがいいですよ」「薬を飲んで落ち着いた子もいます」都内の公立小学校に通う息子が小学3年生のときのこと。母親の後藤恵美さん(仮名)は、学校の面談で特別支… 加工食品ではないか? 厳密には人間は全員すべからくなんらかの発達障害である…という結論に、究極にはなるのでは?程度の大小だけの差だけでは…と思うのですが…😅 教員定数を維持するための手段でもあるからね。校内で数人程度の発達障害認定の生徒がいれば、支援学級を増設できる。それはつまり、教員定数の+1を意味する。なわけで、実際に、近年、全体の生徒数の減少に反比例して支援学級の数が急増しているでしょ。 つまり、そういう事。

学校から薬を勧められる「発達障害」の子どもたち | 「発達障害」は学校から生まれる

学校から薬を勧められる「発達障害」の子どもたち | 「発達障害」は学校から生まれる「小さいうちのほうが少量で済むから、薬を飲んだほうがいいですよ」「薬を飲んで落ち着いた子もいます」都内の公立小学校に通う息子が小学3年生のときのこと。母親の後藤恵美さん(仮名)は、学校の面談で特別支… 加工食品ではないか? 厳密には人間は全員すべからくなんらかの発達障害である…という結論に、究極にはなるのでは?程度の大小だけの差だけでは…と思うのですが…😅 教員定数を維持するための手段でもあるからね。校内で数人程度の発達障害認定の生徒がいれば、支援学級を増設できる。それはつまり、教員定数の+1を意味する。なわけで、実際に、近年、全体の生徒数の減少に反比例して支援学級の数が急増しているでしょ。 つまり、そういう事。

わが子を「算数好き」にする!身近な算数クイズ6選 | 子育て

わが子を「算数好き」にする!身近な算数クイズ6選 | 子育て【これがヒミツ!】(1)一部の数から全体の数を計算する「がい算」お祭りのようにいろいろな通りから人が集まる場合、会場の一部の人の動きや人数に注目し、全体のだいたいの来場者数を計算します。このようなだ… 「西向く士」ってのがどうも腑に落ちないと言うか納得出来ないから、拳で覚える方式を採用してる 曲面

現在26歳の娘について、吉田京子さん(仮名)はこう振り返る。吉田さんの娘は発達障害の1つである自閉症と軽度の知的障害がある。小学生のときから現在まで、向精神薬を飲み続けている。 薬を飲むきっかけとなった音楽祭は、地域を挙げての行事のため、教員たちの指導にも熱が入る。音が合っていなかったり、やる気のない子どもがいたりすると、全員が連帯責任で怒られた。練習は半年の間、毎日続いた。 それまで家でも学校でも大きなトラブルがなかった娘だが、ストレスから練習中に泣いたり、パニックを起こしたりするようになった。こうした状況をかかりつけの精神科医に相談すると、「不安を取り除くリスパダールを出そう」と言われた。 リスパダールは、主に大人の統合失調症の治療に用いられる向精神薬だ。2016年からは小児の自閉症患者にも用いられるようになったが、当時はまだ認められていなかった。 薬を飲むようになっても、娘に大きな変化はなかった。結局、教師の提案で音楽祭の練習時間を短くしてもらい、本番も出場することができた。音楽祭で歌う娘の姿に涙が出たという吉田さんだが、「いま思えば、音楽祭なんて出なくてもよかった」と当時を振り返る。 「みんなと一緒に出場する娘の姿を見たいという気持ちもありました。音楽祭が終わったとき、薬をやめるべきだったのに、ずるずると飲ませてしまった。ずっと後悔しています」 娘が中学に進学したとき、薬の量と種類が増えた。娘の症状に何か変化があったというわけでない。医師が言うには、「体が大きくなった」「中学で環境が変わるから」というのが理由だ。これまで飲んでいたリスパダールが増量され、新たにADHD(注意欠陥・多動性障害)の患者に用いられるコンサータが処方された。 当時、吉田さんから見れば、薬を飲んでいても飲んでいなくても、娘の様子に変化はなかった。しかし、学校からは服薬について指摘されるようになった。 → .都内の公立小学校に通う息子が小学3年生のときのこと。母親の後藤恵美さん(仮名)は、学校の面談で特別支援教室の教師から言われた言葉に戸惑った。 後藤さんの息子は、低学年の頃から授業中に教室の外に出てしまったり、同級生にちょっかいを出したりと落ち着きがなかった。これまで学校の面談では、何度も服薬を勧められた。 「学校の面談で言われている以上は何かしなきゃ」 そう思った後藤さんは、子どもの発達障害を診る近所のクリニックに息子を連れて行くと、ADHD(注意欠陥・多動性障害)と診断された。ADHDは、不注意と多動、衝動性が特徴とされる発達障害の1つだ。 学校が「薬の服用」を推奨 たしかに息子は、学校から見ると「問題行動」と言われる言動がある。同級生とトラブルがあると、学校から連絡があり、後藤さんが菓子折りを持って相手の親に謝りに行ったことは一度や二度ではない。それでも、後藤さんは今の段階で薬を飲ませたくないという。 「自分もイライラして、『薬さえあれば』と思うことがあります。でも、一度飲み始めると、いつまで続けるのかわからない。多動は成長して落ち着くこともあるので、今は薬に頼りたくありません。本人が薬を理解したら考えようと思っています」 そう話す後藤さんだが、教師や副校長に囲まれる面談が毎回憂鬱でたまらない。「医者よりも学校の先生から薬を勧められるのが、一番つらい」という。 後藤さんのように学校から促されたことをきっかけに、医療機関につながるケースは珍しくない。複数の医師によると、学校から薬の服用を推奨されて医療機関を訪れる患者がいるという。発達障害児を診療する獨協医科大学埼玉医療センター・こころの診療科の井原裕診療部長は、次のように話す。 「薬ですべてが解決すると思い、『薬を出してもらえ』と家族に命じて、患者を受診させる教師もいる。私は『魔法の薬』ではないと伝えている」 →.都内の公立小学校に通う息子が小学3年生のときのこと。母親の後藤恵美さん(仮名)は、学校の面談で特別支援教室の教師から言われた言葉に戸惑った。 後藤さんの息子は、低学年の頃から授業中に教室の外に出てしまったり、同級生にちょっかいを出したりと落ち着きがなかった。これまで学校の面談では、何度も服薬を勧められた。 「学校の面談で言われている以上は何かしなきゃ」 そう思った後藤さんは、子どもの発達障害を診る近所のクリニックに息子を連れて行くと、ADHD(注意欠陥・多動性障害)と診断された。ADHDは、不注意と多動、衝動性が特徴とされる発達障害の1つだ。 学校が「薬の服用」を推奨 たしかに息子は、学校から見ると「問題行動」と言われる言動がある。同級生とトラブルがあると、学校から連絡があり、後藤さんが菓子折りを持って相手の親に謝りに行ったことは一度や二度ではない。それでも、後藤さんは今の段階で薬を飲ませたくないという。 「自分もイライラして、『薬さえあれば』と思うことがあります。でも、一度飲み始めると、いつまで続けるのかわからない。多動は成長して落ち着くこともあるので、今は薬に頼りたくありません。本人が薬を理解したら考えようと思っています」 そう話す後藤さんだが、教師や副校長に囲まれる面談が毎回憂鬱でたまらない。「医者よりも学校の先生から薬を勧められるのが、一番つらい」という。 後藤さんのように学校から促されたことをきっかけに、医療機関につながるケースは珍しくない。複数の医師によると、学校から薬の服用を推奨されて医療機関を訪れる患者がいるという。発達障害児を診療する獨協医科大学埼玉医療センター・こころの診療科の井原裕診療部長は、次のように話す。 「薬ですべてが解決すると思い、『薬を出してもらえ』と家族に命じて、患者を受診させる教師もいる。私は『魔法の薬』ではないと伝えている」 →.「うちの子、将来、理工系の大学に進学してくれないかな?」「もし、医学部に進学してくれたら万々歳なんだけど……」などと、口には出さなくても心の中で思っている親御さんは、意外と多いのではないでしょうか? コロナ禍で経済が落ち込む中、医療系を中心に理工系の人気が高まっているようです。子どもに自分から「理工系に進みたい!」と思ってもらうには、小さいころから理数系の分野に興味をもってもらうのがいちばんです。 とくに算数が「身近なところで使われている」ことに気がつくと、子どもの学びの意欲がぐっと上がります。ここでは『 』(監修:桜井 進)から、「身近で使われている算数」の例を3つ紹介します。 お祭りの人出はどうやって数えている?.