学校から薬を勧められる「発達障害」の子どもたち | 「発達障害」は学校から生まれる

2022/03/05 23:32:00

この10年で発達障害の児童生徒数が急増しています。その背景に迫ります。 #東洋経済オンライン

東洋経済オンライン, 「発達障害」は学校から生まれる

この10年で発達障害の児童生徒数が急増しています。その背景に迫ります。 東洋経済オンライン

「小さいうちのほうが少量で済むから、薬を飲んだほうがいいですよ」「薬を飲んで落ち着いた子もいます」都内の公立小学校に通う息子が小学3年生のときのこと。母親の後藤恵美さん(仮名)は、学校の面談で特別支…

後藤さんの息子は、低学年の頃から授業中に教室の外に出てしまったり、同級生にちょっかいを出したりと落ち着きがなかった。これまで学校の面談では、何度も服薬を勧められた。「学校の面談で言われている以上は何かしなきゃ」そう思った後藤さんは、子どもの発達障害を診る近所のクリニックに息子を連れて行くと、ADHD(注意欠陥・多動性障害)と診断された。ADHDは、不注意と多動、衝動性が特徴とされる発達障害の1つだ。学校が「薬の服用」を推奨たしかに息子は、学校から見ると「問題行動」と言われる言動がある。同級生とトラブルがあると、学校から連絡があり、後藤さんが菓子折りを持って相手の親に謝りに行ったことは一度や二度ではない。それでも、後藤さんは今の段階で薬を飲ませたくないという。

「自分もイライラして、『薬さえあれば』と思うことがあります。でも、一度飲み始めると、いつまで続けるのかわからない。多動は成長して落ち着くこともあるので、今は薬に頼りたくありません。本人が薬を理解したら考えようと思っています」そう話す後藤さんだが、教師や副校長に囲まれる面談が毎回憂鬱でたまらない。「医者よりも学校の先生から薬を勧められるのが、一番つらい」という。後藤さんのように学校から促されたことをきっかけに、医療機関につながるケースは珍しくない。複数の医師によると、学校から薬の服用を推奨されて医療機関を訪れる患者がいるという。発達障害児を診療する獨協医科大学埼玉医療センター・こころの診療科の井原裕診療部長は、次のように話す。

続きを読む: 東洋経済オンライン »

淡いピクセルアートで東京を描くゲーム『Tokyo Stories -working title-』が開発中。消失する運命にある東京で「親友」を捜索する「ジャンル未定」の作品

株式会社ドリコムがプロデュースを務める『Tokyo Stories -working title-』が開発中だ。 続きを読む >>

i.e. ‘発達障害’ は, 学校側(従事する者)の知識不足を起因とする環境因子の影響 や 誤評価、また、医療側(専門職)の知見や洞察力の不足による過剰な誤診断 や 誤処置により、児童の単に個性&特性が二次被害の障害と化すor生まれる場合もある。Reply to -san 🙏 教員もギリギリでやっているので責められない。具体的に教員数をもっと増やすなどの対策で発達障害児に対応出来る余裕をもたせるべきです。普通の子供でもグレーな子も増加しているし親のクレームなどでボロボロになり休職や精神科医に通ったりしている。 昔は発達障害という概念なかったら数が急増してるのは当たり前で、発達障害の人が増えたわけではないと思う。昔は変わった子とかできない子とか空気読めない子とかですまされてたから。

急増ではなく「いままでは勘定されてなかっただけ」。 「文章をたどたどしく読むけど普通に会話する子」「何やらいつもじたばたしてる子」「何度言っても忘れ物する子」「いつもボーッとしたり居眠りする子」躾や本人の努力不足と思われてきたけど実は脳の機能障害であったってこと。 この記事に憤りを感じている現職の先生も多くいるようです 「学校からうまれる」という見出しはどうかと… 記事を読む側の誤解を招きます 発達障害は脳機能の障害であって、学校生活が原因ではありません まず障害について正しく知ってください それからその正しい知識を記事にしてほしいです 一クラスの人数が多すぎる、中学校の規模が大きすぎるから、和を乱さぬ団体行動を要求され学校で障害が生れる。 大蔵省や政治家は文科省へもっともっと予算を回してください。学校をデスルるのは本質ではない。 本質は「教育予算が少ない」ことにある。教育投資額の大きい国はGDPも伸びてます。

以前 「 ワクチン接種する事で発達障害を引き起こす等の関連性」内容の記事を何処かのブログで見た様に思うのですが。 薬は一概に悪なのではなく「選択肢の一つ」だと思います。 環境調整だけで解決できない場合、薬を利用することで活動の場が広がり、やりたいことができるようになるかもしれません。 その際、大人の都合でなく「子どもの人生を第一に考えているか?」が問題。医師も信頼できないなら病院を変えては? 私の息子は身体が成長するにつれ薬の効果が弱くなり本人が「集中が途切れて困る」と。医師に相談→量を増やす→学校で眠くなる💦がありました。当時の薬はインチュニブ。医師の助言で、別の薬に変更。身体や環境の変化に伴い、医師も本人も試行錯誤するものでは。

発達障害は精神疾患ではありません。 先天的な脳の特性です。 そして投薬は治療のためではなく、 特性からくる苦痛を和らげるためのものです。 環境調整では苦痛は緩和できません。 どうか投薬=悪と決めつけず、 お子さんの発達障害に向き合い、 お子さんに最善の選択肢をとってください。 ネオニコチノイド系の農薬が 発達障害に影響するとのこと ネオニコチノイドは確かに楽なので使用されやすいですが 農業だけで稼げず兼業農家が多いので 農業にかけれる時間が少なすぎるのも問題だと思います

「学校から生まれる」とは随分とセンセーショナルに言い切ってるけど、そもそも発達障害は日常生活(学校では集団生活)において支援が必要な状態=障害と診断されている訳で、学校での出来事や仕組みが直接的な原因で障害になる訳では無い。そして診察を受けなければいつまでも普通学級に居られる。 高齢出産が増えたから、とか? 発達障害が生まれつきの脳の機能障害と厚労省にはありますが、医学書には脳の機能障害かどうかも生まれつきのものかどうかも分かっていないと明記されているため、発達障害など『仮説』ということです。 右へ倣え文化が薄れてきてある意味で統制(対応)が取れてないのと心理的観点のレッテル張りが増えたからだと思います。 特性や症状として明るみになるのはいいことですが。増えたというより元々いたけど、一応分類することができるので目立つだけ。十人十色。

こういう学説もあり、こっちの方がしっくり来ます🤔 記事はかなり偏ってる。 向精神薬は後から投与されるもので、投与したから発達障害となる訳ではない。 根拠のない記事は掲載すべきでない。 間違いなく精神薬を飲んでると化学物質ですから免疫は下がります。食品添加物や農薬と同じく毒ですから。また、覚醒剤と同じような成分なので脳細胞は破壊されます。未発達の子供ほど精神薬の影響は大きく出ます。 これは子供の命に関わることなので訴訟レベルの問題です。 「背景に迫る」と言うのならもう少し別の視点があっても良いのでは... ただの『子供らしさ』を問題視する阿保な大人がいるということです。 教師が己の実力不足やクソっぷりを子どもへ責任転嫁したかったが、発達障害が世間に認知されるようになって大義名分をえた感じだな。

小学生に教師が凡ミスが減るからと精神薬をすすめているのがこわすぎます。 発達障害の精神薬の副作用は薬剤添付文書に明記されています。小学校の教師も市役所の福祉も看護師も驚きですが知らないようです。精神薬の副作用は自殺念慮や他害行為と明記されていますが、発達障害の2次障害だと言ってます 授業中に外に出たり、まわりにちょっかいかけたり…実情は教員で対応しきれないのでは。教員の数を増やしたいですね。 簡単に『定型発達』と書いてしまう怖さ。実はこちらの方がマイノリティーなんじゃないのかなぁ。 何をもって『定型』としてるのかな。 眩しいのが苦手、とか大音声苦手、なんてのも発達障害由来の場合があるし。 人間観察してると、自分を含めて発達障害に当てはまる形質は頻繁に見受けられますが...

抗精神病薬が精神疾患の慢性化を作り出す。 「製薬会社のマーケティングに神経生物学的エビデンスはない」。米国国立精神衛生研究所のワインバーガー博士も言っている。 実際は発達遅れですね。親の躾が出来てなく義務教育に行かせるから、時点で発達障害とカウントしてしまう。 特性ね。 障害じゃない。 教員定数を維持するための手段でもあるからね。校内で数人程度の発達障害認定の生徒がいれば、支援学級を増設できる。それはつまり、教員定数の+1を意味する。なわけで、実際に、近年、全体の生徒数の減少に反比例して支援学級の数が急増しているでしょ。 つまり、そういう事。 厳密には人間は全員すべからくなんらかの発達障害である…という結論に、究極にはなるのでは?程度の大小だけの差だけでは…と思うのですが…😅

加工食品ではないか?