銀座, 大阪, 北新地, 福井市, 志村けん, 志村, 塚田哲也, 塚田

銀座, 大阪

匿名の悪意 ママ襲う…感染源扱い 非難1日数百件[虚実のはざま]第2部 作られる「真相」<2> : 社会 : ニュース

匿名の悪意 ママ襲う…感染源扱い 非難1日数百件[虚実のはざま]第2部 作られる「真相」<2> #社会

2021/04/23 11:25:00

匿名の悪意 ママ襲う…感染源扱い 非難1日数百件[虚実のはざま]第2部 作られる「真相」<2> 社会

国民的人気コメディアンが入院したとのニュースが流れた翌日、SNS空間に火が放たれた。 <感染報道直前に来店> 志村けん さんが新型コロナウイルスの感染判明前に訪れていた店として、東京・銀座のクラブを名指しした文章が昨年3

<感染報道直前に来店>志村けんさんが新型コロナウイルスの感染判明前に訪れていた店として、東京・銀座のクラブを名指しした文章が昨年3月26日、ツイッターに投稿された。そこには、志村さんが誕生日ケーキを前に複数の女性に囲まれている写真が添付されていた。さらに投稿では、大阪・北新地のクラブの名前を挙げ、「感染者で営業停止との噂(うわさ)は?」とも記されていた。志村さんが亡くなると、SNS上で瞬時にこんな情報が広がる。志村さんの誕生日パーティーが銀座のクラブで開かれ、参加した北新地のママが感染させた――。

ミャンマー国営テレビ 北角裕樹さんについて釈放すると報じる | NHKニュース 北海道への緊急事態宣言発令見送りへ - ライブドアニュース 東海大 男子柔道部 学生55人が新型コロナ感染確認 | NHKニュース

これを信じたファンらの怒りは、一気に2人のクラブママに向けられた。<人殺し><許さない>特に「感染源」と名指しされた北新地のママのもとには、1日数百件もの非難のメッセージが押し寄せた。だが、情報はでたらめだった。志村さんとは面識すらなく、写真は過去に別の店で撮影された無関係のものだった。最初に偽ニュースを流したのは誰なのか。「投稿を拡散するように依頼された」。東京の主婦は取材に対し、知人の女性が関与した可能性があると証言した。この女性は、化粧品をネット販売する実業家。SNSで数万人のフォロワー(登録者)がおり、2人のママとは、過去にSNSでの発言を巡っていさかいがあった。女性は主婦に対し、「(志村さんの投稿は)私のスタッフが書いた」と明かしたという。

北新地のママは憤りが収まらない。「今もデマを信じている人がおり、流した人間が本当に許せない」。記者が女性側に取材を申し込んだが回答はなかった。投稿はすでに削除され、被害者側が発信元を特定するのは難しいという。社会不安が強まると、ネットの「炎上」が起きやすいとされる。「あの店で感染者が出た」福井市ですし店を営む塚田哲也さん(38)も、コロナ禍で相次いだデマに巻き込まれた一人だ。「LINE(ライン)で画像が出回っているよ」。昨年4月、客からの電話に耳を疑った。拡散していたのは、県内の感染者の年代や、会食した居酒屋などが記された相関図だった。そこに塚田さんの店の名が書かれ、家族が感染したことになっていたのだ。 headtopics.com

事実無根だったが、店には連日、「なぜ営業するのか」などと非難の電話が殺到した。予約の大半がキャンセルとなり、営業を休止するしかなかった。相関図に記された居酒屋などは、自主的に店名を公表しており、内容は事実だった。誰が塚田さんの店を、どんな意図で書き加えたのか。「私たちを陥れようとしたのだろう」。塚田さんは今も不気味さを感じている。 続きを読む: 読売新聞オンライン »

エリザベス女王の演説、新型ウイルス対策でどう変わった? 英議会 - BBCニュース

女王が議会を開く際の「女王の演説」にはさまざまな典礼がつきものだが、今回は新型コロナウイルス対策の一環で、その多くが簡素化された。

恨みを晴らす実業家女性 被害者の北新地ママ 頼まれデマ拡散した主婦 実業家女性と北新地ママは 過去にSNSでトラブルあり あなたが嫌いなタイプは?

陰謀論で再生急増…「金稼げる」くら替え相次ぐ[虚実のはざま]第2部 作られる「真相」<3> : 社会 : ニュース<ディープステート(闇の政府)の巣窟> <最高裁、腐敗が確定> そんな過激なタイトルの動画を、連日配信するユーチューブのチャンネルがある。クリックすると、男性が熱っぽく語り始める。 昨秋の米大統領選で「大規模な不正があ masatheman まさに、稼ぐための陰謀論拡散ですね。 社会が混乱するとこういうのが儲かる masatheman シオンの議定書シンドローム

加藤官房長官、フェイクの笑み…AIで悪意の改変[虚実のはざま]第2部 作られる「真相」<4> : 社会 : ニュース震度6強の揺れが福島、宮城両県を襲った直後の2月14日未明、ある写真がツイッターで拡散し、批判の声が相次いだ。 <不謹慎にもほどがある> 対象になったのは加藤官房長官だった。記者会見の場で、笑みを浮かべる写真だったから 読売系のテレビ局が真逆のテロップ書き込んだ テロは良く知ってる。

デマうのみ 重い代償…軽率な投稿、混乱招く[虚実のはざま]第2部 作られる「真相」<5> : 社会 : ニュース「興味本位でやっただけだった。こんな事件になるとは思いもしなかった」 埼玉県川越市の男性(54)は読売新聞の取材に対し、そう振り返った。ネット上の真偽不明の情報に踊らされ、刑事責任を問われている身だ。 2017年10月 気を付けます、 Les délations et la désinformation ne datent pas d'aujourd'hui...Nuisibles sont les personnes qui ne pensent qu'à leur 'égo'... そもそも無名一般人の言説など思考の玩具でしかない。ただ、ネットの総意には、粘菌が迷路を抜け出すような能力がある。 粘菌の総意

寄席、無観客応じない決断 「社会生活に必要なもの」:朝日新聞デジタル25日に4都府県に出される緊急事態宣言を受けて、東京都内に四つある寄席は、客数を定員の半数以下に減らして通常通り興行をすることを明らかにした。都から無観客での開催を要請されたが、例外規定である「社会… いいぞ!とことん刃向かってやれ! 演壇にアクリル板、観客にマスクでいいのではないか?笑いで免疫力は上がるし🤗 コロナ蔓延の責任は国民にあることが明らかに。政治家の責任ではない。自業自得。