中国のソフトパワーへの警戒心 ライオネル・バーバー氏(写真=ロイター)

中国のソフトパワーへの警戒心 バーバーFT前編集長

2021/02/26 20:09:00

中国のソフトパワーへの警戒心 バーバーFT前編集長

ロンドンの金融街シティーの端にはかつて、英王立造幣局が置かれていた。造幣局の起源は、ロンドンをデーン人の手から取り戻したことで知られるアルフレッド大王が、銀貨の鋳造を始めた882年にさかのぼるという。中国は2018年5月、在英大使館の移転のため、歴史的な場所を譲り受ける式典を開いた。中国の大使館移転の動きは、同国が欧米諸国の大半とは違う時間軸で物事をとらえていることを示す。中英関係がきしもうと

続きを読む: 日本経済新聞 電子版 »

スエズ運河の座礁船が離礁 汽笛で祝福 - BBCニュース

全長400メートルのエヴァーギヴン号は1週間もの間、運河をふさいだ。このため、多くの船舶が喜望峰をまわる迂回(うかい)路を通っていた。

내 백성이 내 소리를 듣지 아니하며GoldenFridayVigil 2021.02.27