アゼルバイジャン, アルメニア, アゼルバイジャン, アルメニア, ロシア

アゼルバイジャン, アルメニア

ロシア、アゼルバイジャン、アルメニアが入り乱れるネット世論操作激戦地帯

<アゼルバイジャンとアルメニアが紛争状態に陥っているが、戦闘の状況はさまざまなメ...

2020/10/28 16:51:00

ロシア アゼルバイジャン アルメニア が入り乱れるネット世論操作激戦地帯 ──戦闘の裏で世論操作激戦地帯となっている...... アゼルバイジャン アルメニア

アゼルバイジャン アルメニア が紛争状態に陥っているが、戦闘の状況はさまざまなメ...

アゼルバイジャンとアルメニアの応酬の一部は、「Armenian-Azerbaijani Hybrid Warfare」(2020年7月15日)で聴くことができる。両国はastroturf(草の根に見せかけたネット上の活動)も行い、互いを攻撃し合っており、サイバー軍、ハクティビスト、トロールなどサイバー空間では総力戦とも言える状況になっている(、2020年7月21日)。DFRLab(デジタル・フォレンジック・リサーチ・ラボ)の調査によると、アゼルバイジャンのアカウント数および活動はアルメニアを圧倒している。たとえば2020年7月12日から7月18日の間に観測された親アゼルバイジャンのツイートへのメンションは100万を超えていたが、親アルメニアのメンションはおよそ3万だった。

入院できない...「私 死ぬかも」 | NHKニュース MTG最強カード「ブラック・ロータス」が出品 入札価格はすでに1億円超え - ライブドアニュース にんにくガツン!「カップヌードル スタミナ醤油」 - ライブドアニュース

アゼルバイジャンのネット世論操作には「IRELI Youth」(別称:Youth Union)の関与が疑われており、アゼルバイジャン政府がその背後にいると考えられる。また特定のハッシュタグを使ったもっともアクティブな500のアカウントのうち438は活動直前に作成されていた。残り17はアカウントが停止されていて確認できなかったため、確認できる全てのアカウントが活動直前に作られていたことになる。 続きを読む: ニューズウィーク日本版 »

ロシア野党指導者ナワリヌイ氏、空港で逮捕される瞬間 - BBCニュース

昨年8月に神経剤を使われ死亡しかけたロシアの野党指導者アレクセイ・ナワリヌイ氏(44)が17日夜、治療を受けていたドイツからロシア・モスクワに帰国し、ロシア当局に即刻拘束された。

北の将軍様と同じく世襲の大統領だから世論操作は必死でしょう。

米国務省、ナゴルノカラバフ停戦合意を発表 実効性に不透明感も米国務省、ナゴルノカラバフ停戦合意を発表 実効性に不透明感も ヨーロッパ ナガルノカラバフ アルメニア アゼルバイジャン アメリカ 領土問題 戦争

ロシアのクレムレフ氏が立候補表明 AIBA会長選国際ボクシング協会(AIBA)のウマル・クレムレフ理事( ロシア )は27日、オンライン記者会見で12月の会長選に立候補すると表明し、国際オリンピック委員会(IOC… 国連人権理事会の理事国にロシアがなるようなもんか?