ミニチュアの世界、SNSで急拡大 「見立て」が原点

ミニチュアの世界、SNSで急拡大 「見立て」が原点

2021/04/12 20:47:00

ミニチュアの世界、SNSで急拡大 「見立て」が原点

生い茂る木はブロッコリー、長細いパンは新幹線ーー。あるものを別の違うものになぞらえる「見立て」という技法を駆使して、ミニチュアの新たな表現に挑む写真家がいる。SNS(交流サイト)を通じて国内外にファンが広がり、新たなコンテンツとして企業も注目している。電車から一斉に降りる通勤客やデスクにつくオフィスワーカー、ヨガで汗を流す女性など、にぎわいある街の一日を撮影した映像をみ

続きを読む: 日本経済新聞 電子版 »

「私たちだって悲しくなる」 インドの緊急治療室で働く看護師 - BBCニュース

BBCはデリー市内の病院での取材中、看護師のマンジュシャ・マシューさんが新型ウイルスに感染した患者を蘇生させようとしている場面に立ち会った。

空を飛ぶ飛行機。信号を守る車。 フィギュアの世界が技術で大きく変わっています。 エヴァの舞台への移住も、もう夢ではありません。 日経STORY 大人のミニチュア(3)

EUの源流といま:/5 グローバルエリート敵視 コロナ陰謀論者、「黒幕」見立て | 毎日新聞「メルケル(独首相)に比べ、ヒトラーは祝福すべき存在だった。メルケルは(米マイクロソフト創始者のビル・)ゲイツと共に(新型コロナウイルスのワクチンを使って)世界中の人々を虐殺しようとしている」。2020年7月中旬、ベルリン中心部。200人ほどの人だかりの中心で1人の男性が叫んでいた。アッティラ・ヒ ワクチンの代わりにウイルスを接種してあげればいいのに。 武漢ウイルスを隠蔽、拡散した中共を非難しなよ。 海外のこととは言え、多くの人々がデモや集会をしていることに対して「陰謀論」と決めつけるのはメディアとしてどうなのかなと思います。