米、半導体供給網めぐり産業界と協議(写真=AP)

米、半導体供給網めぐり産業界と協議

2021/04/12 21:20:00

米、半導体供給網めぐり産業界と協議

【ワシントン=鳳山太成】米ホワイトハウスは12日、半導体のサプライチェーン(供給網)を巡り、産業界と意見交換する会議を開いた。半導体不足が深刻になるなか、バイデン大統領は「米国が再び世界を主導する」と述べ、国内生産の拡大に意欲を表した。会議には、インテルや台湾積体電路製造(TSMC)、韓国サムスン電子など半導体メーカーの幹部のほか、ゼネラル・モーターズ(GM)やフォード・モーターなど米自動車大

続きを読む: 日本経済新聞 電子版 »

米共和党チェイニー議員、「うそを無視すればうそつきが勢いづく」 トランプ氏擁護を批判 - BBCニュース

米野党・共和党の幹部、リズ・チェイニー下院議員は、今年1月6日の議会襲撃を受けて、当時のドナルド・トランプ大統領を厳しく批判。、党内のトランプ派から強い反発に遭い、党内要職を追われる見通しとなった。

■日本の半導体はなぜ沈んでしまったのか? ・日本の半導体産業を徹底して潰したアメリカ 「1986年7月に結ばれたのが日米半導体協定」 「アメリカに有利になる内容が盛り込まれ、日本を徹底して監視」 ヤフーニュース(2018/12/24)

自ら沖縄に耳を傾けた理想主義者 モンデール氏死去(写真=AP)「沖縄の人々の声に耳を傾けたところ、普天間基地の問題を避けて通れないと思った」1996年4月、橋本龍太郎首相との共同記者会見で、ウォルター・モンデール駐日大使は普天間返還に同意した理由をこう説明した。日本政府が望むから仕方なしに応じるのではない。自分の判断だ。そうした心情が、会見場にいて伝わってきた。19日に死去したモンデール氏は93年に大使に着任すると、日本政府とのやりとりを通じてではなく

データ資源化、10年の難路 突破口どこに (写真=AP)「従業員のため、もっといい仕事をする必要がある」。米アマゾン・ドット・コムのジェフ・ベゾス最高経営責任者(CEO)は15日に公表した株主への手紙にそう書いた。9月末までに会長に退くが、新たに挑戦する目標として「地球上で最高の雇用主」を掲げた。データを駆使した商品のレコメンドや需要予測でネット通販を成功させ、世界一の富豪にのぼりつめた。一方で、物流倉庫で働く人たちが待遇改善を求めて労働組合の結成 人が作った商品を売るだけ、本当の実力じゃない ベゾスの人非人ヅラ見ると吐き気がする。 『地球上で最高の雇用主』か。 次は 『太陽系で最高の雇用主』かな? 火星は居住に不向きでも。 クラウド・スペース&データセンター、 太陽光 & 原子力 & 風力、等々 のエネルギー発電所 を置くスペースは充分に有る。 地球🌏周辺には、一次記憶データ・スペースステーション。火星等に二次記憶とか

危機克服へ米国再構築 バイデン氏議会演説要旨(写真=AP)国民の皆さん、私は今夜、危機、そして機会について話すためにやってきた。国を再建し、民主主義を再び活性化し、米国の未来を勝ち取ることについて話したい。今夜は政権誕生から100日目の前夜になる。100年に1度のパンデミック。大恐慌以来の経済危機。南北戦争以来の民主主義への攻撃。わずか100日しかたっていないが、米国は再び動き出したと皆さんに報告したい。危険を可能性に、危機を好機に、後退を強さに変える

ワクチン接種、世界で10億回突破 低所得国は進まず(写真=AP)新型コロナウイルスのワクチンの接種回数が25日までに世界全体で10億回を超えたことが英オックスフォード大の研究者らがまとめたデータベースで分かった。先行する米国と中国が全体の4割超を占める一方で、アフリカなど低所得国での接種は進んでいない。ワクチン接種をめぐる格差が浮き彫りになった。英オックスフォード大の研究者らが運営する「アワー・ワールド・イン・データ」によると、世界全体で25日までに10億 日本も オージー。。。 こんな簡単な答えやったのか

駐日米大使の重み モンデール氏を悼む(写真=AP)ウォルター・モンデール元駐日米大使の死去にあたり、日本のメディアでは橋本龍太郎首相と並んで沖縄の普天間基地返還合意を発表した、首相官邸での2ショット写真が改めて紹介された。1996年4月の姿だ。この会見には舞台裏があった。橋本氏は1週間後に訪日するクリントン大統領と並んで華々しく発表し、日米両政府のトップ合意をアピールしたい。一方の米国は、合意の実質的な責任者だったペリー国防長官を表舞台に出し