バッファロー、10GbE対応の「VR-U500X」とWi-Fi 6対応の「VR-U300W」、拠点間VPNに適した法人向けルーター2製品を発売

2022/04/06 10:11:00
バッファロー、10GbE対応の「VR-U500X」とWi-Fi 6対応の「VR-U300W」、拠点間VPNに適した法人向けルーター2製品を発売

バッファロー、10GbE対応の「VR-U500X」とWi-Fi 6対応の「VR-U300W」、拠点間VPNに適した法人向けルーター2製品を発売

トピック, Wi-Fi 6

バッファロー、10GbE対応の「VR-U500X」と Wi-Fi 6 対応の「VR-U300W」、拠点間VPNに適した法人向け ルーター 2製品を発売

株式会社バッファローは、拠点間VPN環境構築に適した法人向けVPN ルーター 2モデルを5月下旬より発売する。価格は、10GBASE-T対応の有線モデル「VR-U500X」が6万280円。 Wi-Fi 6 と1000BASE-Tに対応したWi-Fiモデル「VR-U300W」が4万9280円。

VR-U500Xは、10GBASE-T対応のWAN×1とLAN×1、1000BASE-T対応のLAN×4の有線ポートを搭載する。VPN対地数は最大30。同社独自の基準による長寿命設計が行われており、動作時環境温度50℃に対応。電波漏えい防止に関する「VCCI Class B」規格にも適合する。本体サイズは220×170×40mm(幅×奥行×高さ)。重量は846.8g。VR-U500X 前面VR-U500X 背面VR-U300Wは、Wi-Fi 6ことIEEE 802.11axに対応し、最大通信速度は1200Mbps(5GHz帯接続時)または574Mbps(2.4GHz帯接続時)。周波数帯ごとに最大128台接続可能で、マルチSSIDを周波数帯ごとに5個まで(最大10個)設定できる。

有線ポートは1000BASE-T対応のWAN×1、LAN×4を搭載。VPN対地数は最大16。同社独自の基準による長寿命設計で、「VCCI Class B」規格にも適合する。本体サイズは175×47×200mm(幅×奥行×高さ)。重量は989g。

続きを読む: INTERNET Watch »

水難事故 “溺れた時” “助けに行く時”何が起きる?どうすれば? | NHK

【NHK】川で遊んでいて急に足がつかなくなってしまったら?海で遊んでいて離岸流に流されてしまったら?その時どうすれば助かるのか、全国の水難事故の調査や、事故防止の啓発を行っている水難学会会長の斎藤秀俊さんと一緒に命を守る方法についてプールで実験を試みました。 大切なことは「落ち着いて 呼吸を確保する」です。 続きを読む >>

【特集】 Wi-Fi 6Eって何?Wi-Fi 6と何が違うの?国内の対応ルーター登場時期などを整理比較的新しいノートPCを中心に Wi-Fi 6 Eに対応した 無線LAN の搭載が始まっている。「 Wi-Fi 6 」に「E」が付いた新しい規格だが、これはどういったもので、どんなメリットがあるのだろうか? そして、今、買っておくべきなのか? ここでは、 Wi-Fi 6 Eとは何で、対応PCを選ぶメリットがあるのかを解説する。

バターになってキッチンを跳ね回りまくるゲーム『I AM BUTTER VR』が無料で配信開始。コンロの火やアツアツの鍋といったホットな仕掛け避け、溶けずに進め

バターになってキッチンを跳ね回りまくるゲーム『I AM BUTTER VR』が無料で配信開始。コンロの火やアツアツの鍋といったホットな仕掛け避け、溶けずに進めバターになってキッチンを跳ね回りまくるゲーム『I AM BUTTER VR』が無料で配信開始 溶けて消えてしまわないよう、コンロの火やアツアツの鍋といったホットな仕掛けが満載のステージを進め。かわいらしい見た目ながら自傷・自殺行為を含むとして、対象年齢は“17歳以上”に指定 アメリカ人は牛殺してステーキ食うのにチーズ溶けたら自傷とか意味わからんぜ 突然ですが私、バターになりました。 石鹸の奴思い出した

VRのゲームをプレイすると軽度の離人症が引き起こされるという研究結果

VRのゲームをプレイすると軽度の離人症が引き起こされるという研究結果自分を取り巻く外界が現実のものだと感じられないという非現実感、自分自身の存在の確かさが感じられないという空虚感、自分の体が自分のものだと感じられないという非自己所属感を伴う精神症状を「離人症」と呼びます。仮想現実(VR)によってこの離人症が誘発される可能性が、ドイツにあるボン大学の精神医学・心理療法科の研究チームによって示唆されています。 Modosiena 被験者:80人! 報酬系と関係してるのだろうか…興味深い。。

【特集】 Wi-Fi 6Eって何?Wi-Fi 6と何が違うの?国内の対応ルーター登場時期などを整理比較的新しいノートPCを中心に Wi-Fi 6 Eに対応した 無線LAN の搭載が始まっている。「 Wi-Fi 6 」に「E」が付いた新しい規格だが、これはどういったもので、どんなメリットがあるのだろうか? そして、今、買っておくべきなのか? ここでは、 Wi-Fi 6 Eとは何で、対応PCを選ぶメリットがあるのかを解説する。

両モデルとも、IPsecとAES 256による暗号化により、拠点間のセキュアなネットワーク接続を実現。また、後日実施するファームウェアアップデートでL2TP over IPsecに対応予定で、テレワークなどにおけるリモートVPN接続にも対応するとしている。 VR-U500Xは、10GBASE-T対応のWAN×1とLAN×1、1000BASE-T対応のLAN×4の有線ポートを搭載する。VPN対地数は最大30。 同社独自の基準による長寿命設計が行われており、動作時環境温度50℃に対応。電波漏えい防止に関する「VCCI Class B」規格にも適合する。本体サイズは220×170×40mm(幅×奥行×高さ)。重量は846.Wi-Fi 6は、2018年末から国内でも対応Wi-Fiルーターが登場しており、すでに主流となるまでに普及しているが、Wi-Fi 6Eに対応したWi-Fiルーターは、海外ではたまに目にすることはあっても、国内ではまだ見かけない。 米国ではWi-Fi 6E対応ルーターが発売済みとなっているが、日本では発売されていない こうした状況で、Wi-Fi 6Eに対応したPCと言われても、そこにメリットを感じないのも当然だ。しかし、PCを1年以上利用するのであれば、今、Wi-Fi 6E対応機種を選んでおくメリットはある。 2022年年末には、徐々にWi-Fi 6E対応ルーターが登場することが予想されており、拡張された帯域を使った干渉の少ない快適な無線LAN環境を手に入れられる可能性がある。 Wi-Fi 6Eは、一口に説明すれば、利用可能なチャネルが多いWi-Fi 6だ。 基本的な仕組みは現状のWi-Fi 6(規格で言えばIEEE 802.『I AM BUTTER VR』では、ぴょこぴょこ飛び跳ねるキューブ状のバターを操り、家庭のキッチンをイメージした仕掛け満載のステージを攻略していく。 バターだけに、 。溶けてしまわないようコンロの火やホットプレート、スープの入った鍋などの熱源を避けながら、小・中・大の3種類のジャンプを使い分け、バターとしての生を全うしよう。 (画像は.その結果、VRデバイスでプレイした参加者とPCでプレイした参加者の両方で、非現実感と空虚感が増幅するとわかりました。しかし、VRデバイスでプレイした参加者の方が、より大きく増幅する傾向が観察されたとのこと。また、ゲームから得られる知覚的な現実感は、PCでプレイするよりもVRデバイスでプレイする方が優位に高く評価されることがわかりました。これはつまり、VRの方が通常のゲームよりも現実感に対する影響が大きいことを意味します。 ブラウン氏は「我々の研究は、30分のVR使用で軽度の脱人格化と脱現実化といった離人症が誘発されることを示しました。しかし臨床的に重要なレベルには達しておらず、VR使用後に直接明らかになる程度です。VRによって長期的な離人症が引き起こされるのか、長期的なVRの使用によって離人症がどの程度強まるのかはまだ不明で、さらなる調査が必要です」と述べています。 また、ブラウン氏は「我々はこれまで1つのVRゲームでしか調査を行っていません。そのため、我々の研究結果が他のVRゲームにも当てはまるかどうかは不明です。また、今回の研究では健康な個人のみを対象としたため、精神病のリスクが高い人や不安障害などを抱える人は調査対象外となっている点も注意が必要です」と述べました。 この記事のタイトルとURLをコピーする.

8g。 VR-U500X 前面 VR-U500X 背面 VR-U300Wは、Wi-Fi 6ことIEEE 802.11axに対応し、最大通信速度は1200Mbps(5GHz帯接続時)または574Mbps(2.4GHz帯と5GHz帯が利用できるが、話を単純化するため、2.4GHz帯接続時)。周波数帯ごとに最大128台接続可能で、マルチSSIDを周波数帯ごとに5個まで(最大10個)設定できる。 有線ポートは1000BASE-T対応のWAN×1、LAN×4を搭載。VPN対地数は最大16。同社独自の基準による長寿命設計で、「VCCI Class B」規格にも適合する。本体サイズは175×47×200mm(幅×奥行×高さ)。重量は989g。 VR-U300W .