トヨタ、米に電池新工場 30年までに総額3800億円投資

トヨタ、米に電池新工場 30年までに総額3800億円投資

2021/10/18 15:30:00

トヨタ、米に電池新工場 30年までに総額3800億円投資

トヨタ自動車は18日、米国に自動車用の電池を生産する工場を新設すると発表した。豊田通商と共同出資で米国に新会社を設立し、2025年までに稼働させる。場所や生産能力は明らかにしていない。31年までに約1430億円を投じ、1750人を新規採用する。環境保護を重視するバイデン米政権が求める電動車シフトに対応すると同時に、競争力の核になる電池の生産を自社グループで制御しながら進める。新会社の出資比率は

新会社の出資比率はトヨタの北米子会社が90%、豊通が10%となる。当初はハイブリッド車(HV)用のリチウムイオン電池を生産し、電気自動車(EV)向けの製造も視野に入れる。同時に、米で30年までにHVやEV向け電池の生産に約3800億円を投じることも発表した。電池の製造設備などに資金を投じる。土地や建物の費用を除き、電池の新工場に投じる1430億円の一部もここに含まれる。トヨタは9月、30年までに世界で車載電池に1兆5千億円を投資すると発表していた。30年にHVを含めた電動車を800万台販売する計画で、そのうちEVと燃料電池車(FCV)は合計200万台だ。

ヤクルトが20年ぶり日本一 - Yahoo!ニュース 【速報】日本シリーズ ヤクルトが日本一 20年ぶり6回目 | NHKニュース ウイルス排除に成功 “エイズ完治につながる発見” 国の研究所 | NHKニュース

トヨタはと1996年にHV向け電池の生産会社、プライムアースEVエナジー(静岡県湖西市)を設立した。電動車普及に備えて、20年にもパナソニックと車載電池の生産や開発を担うプライムプラネットエナジー&ソリューションズを設立している。今回の豊通との共同出資会社は電池関連では3社目となる。 続きを読む: 日本経済新聞 電子版 »

“理容師発”の校則改革 髪型の校則で悩んだら“プロ”に相談を! - みんなでプラス - NHK

【NHK】取材班のもとに届いた1通のメッセージ。髪型の校則を巡る理容師からの戸惑いがつづられていました。

トヨタの電気自動車が30年頃から本格的になるということでしょう。充電時間と走行距離の問題が解決されることを期待します。 さすがです。 2030年までに3800億円、投資家向けにEVやってますアピールの為なら額が大き過ぎ、本気で次世代車載電池で勝つつもりなら小さ過ぎる、という中途半端な規模に思える。 日本に作れ、という声があるが、米で作る事に対して間違えはないと考える。トヨタは9月に蓄電池(電動化には欠かせないパーツ)投資の発表をした。基本的に消費者の近くで生産することと、米ではすでにEV化が進んでいることから、このような結果になった。 トップダウンで国が半強制的に環境保護を(続 日本には作らないのね550万人が… 充電インフラ網が貧弱だから😅 これで更にチャデモ離れが進むか👀

EUが再エネで今痛い目見てるのと同じように、EV化で痛い目みると思ってる。というか痛い目見みろ 日本につくるべきだ。 日本にもおなしゃす! 悪癖を捨てるだけでよい。 静かに大人しく暮らせばよい。 何の問題も無い。 バードマン(最小王)