アフガニスタン, イスラム過激派, スポーツ, タリバン, 女性問題

アフガニスタン, イスラム過激派

スポーツ界に迫るタリバンの影──アフガン女子アスリートの相次ぐ国外退避

スポーツ界に迫るタリバンの影──アフガン女子アスリートの相次ぐ国外退避

2021/10/18 15:10:00

スポーツ 界に迫る タリバン の影──アフガン女子アスリートの相次ぐ国外退避

タリバン 復権後の アフガニスタン からは、女子アスリートが相次いで国外に退避して...

例えば、サッカー女子の強化指定選手チームは10月11日、イギリスに受け入れられることが決まった。13歳から19歳までの強化指定選手35人は8月、コーチや家族とともに、タリバンが進撃を続けていたアフガニスタンを逃れ、隣国パキスタンに入国を認められた。しかし、ビザの期限切れが迫り、行き場を失いかけていた総勢約100人の集団に、イギリスに渡る道が開けたのである。この逃避行を支援したイギリスのROKiT財団のギル代表は英BBCのインタビューに「素晴らしい決定だ...彼女たちのうち7割は殺害予告を受けた経験がある」と話している。

茨城・栃木で震度4 津波なし - Yahoo!ニュース 地震情報 - Yahoo!ニュース 2日(木)の天気 北海道や東北は大荒れ 暴風雪に警戒 関東から九州も冬の寒さ(気象予報士 吉田 友海)

念のために付け加えると、タリバン復権の以前から、アフガンの女子アスリートには保守的な勢力からの脅迫や嫌がらせが絶えなかった。しかし、タリバンが8月末に首都カブールを奪還したことで、こうした圧力はかつてなく強まった。その象徴は、タリバンの文化委員会のワシク副議長が9月初旬、豪SBSに今後アフガン女性がスポーツを「禁じられるだろう。なぜなら、女性がそれをする必要がないからだ」と述べたことだった。その理由として、ワシク副議長は「スポーツをすれば、顔や身体を覆わない状況も増える。イスラムは女性がそのようにすることを認めていない。...現代はさまざまな記録機材があり、多くの人がそれをみる...我々は女性がそれらをさらすことを認めない」と力説した。

事実、1996年から2001年までタリバンが支配していた頃のアフガニスタンでは、こうした女子スポーツが全面的に禁じられていた。もともとイスラムで女性が頭部などを覆うことが求められるのは、「美しいものは隠さなければならない」という考え方による。イスラムの生まれた頃の7世紀のアラビア半島は戦乱が絶えず、女性の拉致・略奪は日常茶飯事だった。女性を人目に触れさせなくするのは、これを守るためだったのであり、当時の世界では類例をみないほど女性の安全に配慮した考え方だったといえる。 続きを読む: ニューズウィーク日本版 »

“理容師発”の校則改革 髪型の校則で悩んだら“プロ”に相談を! - みんなでプラス - NHK

【NHK】取材班のもとに届いた1通のメッセージ。髪型の校則を巡る理容師からの戸惑いがつづられていました。